楽しみながらバランス感覚を育てる『Kick Flipper(キックフリッパー)』ゴールデンエイジに運動神経を養う

楽しみながらバランス感覚を育てる『Kick Flipper(キックフリッパー)』ゴールデンエイジに運動神経を養う
あっついですねー。ここ最近の異常な暑さで休みの日も外に出るのが億劫になってます。親がそうだから、子供も同じようにクーラーの中で過ごすわけですが、親としてはどうしても子供の運動不足が気になります。

かといって外に出て運動するのは熱中症が怖い。とりあえず、夏の間はプール以外の運動は我慢して、秋以降に子供が何か楽しみながら運動神経を養えるものがないかと調べてて見つけたのが『Kick Flipper(キックフリッパー)』です。

スケボーの車輪を外したようなこの板。これが子供のバランス感覚を育ててくれるんです。

スポンサーリンク

Kick Flipper(キックフリッパー)って何?紹介映像

この板が一体なんなのか、気になる方はまずこちらの動画をどうぞ。

約2分40秒の映像です。

▼ Kick Flipper – Like a Skateboard Without Wheels! 2015

スケボーやスノボー、サーフィンなどのエクストリームスポーツが盛んなアメリカならではの商品ですね。子供のうちからこれ使って練習してるから、あんなにスケボーがうまいんだなと納得しました。

20年以上前にスケボーやってたんですが、これあればオーリーとかマスターする時間が短くてよかっただろうなぁと、今の子供たちがうらやましくなりました。

Kick Flipperでバランス感覚を育てる

楽しくかっこよく、安全にバランス感覚を鍛える
Kick Flipperは、アメリカで生まれ世界で5,000万人以上のスケートボーダーがスケボーを始める子どもに適していると支持しているアイテムです。ボードスポーツをはじめるにはぴったりですね。

50cmほどのプラスチック製のボードには、ノーズとテールに角度がついてて、ホイールはついてません。


楽しみながらバランス感覚を育てる
ジャンプの練習だけでなく、芝ソリ・サンドスキー・スノーボードなど滑って楽しみながらバランス感覚を養えます。楽しくて、かっこよくて、安全なのが良い。

ゴールデンエイジに運動神経を養う

スキャモンの発達・発育曲線
出典: 焦らず見守ろう!親が知っておきたい子どもの成長タイミング|サカイク

この「スキャモンの発達・発育曲線」は、0歳から20歳までの子供の「(1)一般型(身体)」「(2)神経」「(3)リンパ系型(免疫力)」「(4)生殖器系」の成長をグラフにしたもの。それぞれ成長するタイミングがずいぶん違うことが分かります。

この中でも(2)の神経系である運動神経が養われるのが3歳から14歳までのゴールデンエイジと呼ばれる期間です。3歳〜8歳時は運動の多種多様な動作を経験し動作を身につけておくべき時期。9歳〜11歳は思ったように体を動かせるようになる時期で技術・センス共に大きく成長が見込める時期です。12歳〜14歳になると神経系は9割形成され運動神経の成長が止まるので以前とは違い短期間で急成長することが難しくなる、と言われてます。(※個人差はあります)

特に中学生になる前までぐらいに、色々と運動を経験した方が子どもにとっては良さそうですね。


最近、僕と子ども2人はスプラトゥーン2にハマってるので、かなりな運動不足になってます。家でゲームばっかりするんじゃなくて、外に出ていろんな遊びを一緒に楽しむのがいいんでしょうけど、さすがに子ども相手だと体がついていきません。

学校の友達と一緒にできるように、小学校で「永続的平衡感覚の養成のためのバランスボード導入」かなんかの名目で取り入れてくれないかな。みんなでやると、楽しいのは間違いありません。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。