Macで読みが分からない日本語を手書き入力する方法

Googleの日本語入力ツールで入力してる様子
Googleの日本語入力ツール

まさかMacの標準機能だけで手書き入力が出来ないとは...

「涵養」・・・これ、なんと読むか分かります?

テキストの文字起こしをやってて出てきたこの漢字。

分からなかったので手書き入力して調べようと思ったら...あら?Mac標準の日本語入力って、手書き文字の認識に対応してなかったんですね。Windowsなら標準機能でできるのに...。

以前はATOKをずーっと使ってたので気にしてませんでしたが(ATOKはもちろん手書き入力に対応してましたが、ATOK2016のMac版では手書き入力機能がなくなってます)、日本語のライブ入力が意外と便利なので最近はずーっとMac標準の入力ソースを使うようにしてました。

しょうがないので、無料で使える「Google入力ツール」を使って手書き入力を試してみました。

この記事を最初に公開した2016年11月には「Google日本語入力」で手書き入力できてたんですが、2019年7月に機能提供が終了しました。

そのため、以下の内容は新たに「Google入力ツール」での方法にリライトしています。

PR【最大10%ポイント還元】春のお買い得ビッグセール開催! Amazonにて新生活セールが開催。価格が安くなってるのはもちろん、合計10,000 円以上のお買い上げを対象にポイント還元率がアップ。プライム会員&Amazon Mastercardで4.5%ポイントアップ!生活/理美容/健康/大型家電はさらに5.5%ポイントアップ。この機会にまとめ買い!数量限定品は在庫がなくなり次第終了です。3/5 23:59まで
スポンサーリンク

Macでお金をかけずに日本語の手書き入力する方法

これがMac標準の日本語入力のメニュー。

Mac標準の日本語入力には手書き入力の機能は無し
どこをみても「手書き入力」の文字は見当たらない。

「ATOK」や「かわせみ3」などの他の日本語入力ソースを使ってもいいんですが、手書き入力に対応してない場合もあるし料金もかかるので却下。

今回は無料で簡単にできる「Google入力ツール」を使います。


Google入力ツール 公式サイト
まずはGoogle入力ツールのサイトにアクセスします。

Google入力ツールの主な特徴はこちら。

  • オンラインでの利用できるツール(オフラインだと利用できない)
  • さまざまな言語で文字を入力できる
  • 日本語の手書き入力にも対応している
  • Chrome・Gmail・Googleドライブ・Google検索・Google翻訳などで利用可能
  • Chrome機能拡張を使えばGoogle以外のサイトの入力フォームで利用可能
  • 料金は無料

上記サイトの「試してみる」をクリック。

Google入力ツールをオンラインで試す
赤矢印部分の▼をクリックすると、鉛筆アイコンが付いた「日本語 - 手書き入力」が表示されます。それをクリック。

ブラウザの右下に手書き入力ウィンドウが表示されるので、そこに読みが分からない漢字を書きます。

マウスで文字を手書き入力する
マウスで手書き入力すると、下に候補が表示されるのでそれをクリックすると文字を入力できます。


過去に対応してたGoogle日本語入力の場合だと...

Google 日本語入力では文字の読みが表示されていた
右の枠に候補の漢字がズラーっと表示され該当文字をクリックして選択すると、訓読み、音読みなどの文字情報が表示されてました。

Google入力ツールではただ単に文字が表示されるだけなので、使い勝手は悪いですね。これはちょっと残念。


テキストエディタで文字を再変換して読み方を確認する
あとはテキストエディタなどにペーストすれば完了です。

ふりがなが分からない場合は、ペーストした「涵」の文字の後ろに「養」をつけて、「涵養」の文字を選択してキーボードの「かな」キーを2回連続で押します。すると文字が再変換されてひらがなの読みが表示されます。

ちゃんと意味まで表示してくれるので、これは便利ですね。

ちなみに、「涵養」の「涵」には「うるおす」という意味があり、涵養とは「自然に水がしみこむように徐々に養い育てること」と広辞苑にあります。

機能拡張で他のサイトでも利用可能に

Chromeの機能拡張をインストールすると、Googleのサービス以外のサイトでも利用できるようになります。

Google入力ツール Chrome機能拡張
Chromeに追加した「Google 入力ツール」。これをクリック。


日本語入力ツールで手書き入力する
鉛筆アイコンの日本語に切り替えると、手書き入力ができるようになります。


Google以外のサイトでも手書き入力が可能になります
Google以外のサイトでも手書き入力が可能になります。

まとめ

かなり使い勝手が良くなってきたMac標準の日本語入力。

El Capitanから搭載された日本語のライブ変換機能もそのひとつ。一時期、メモリ不足で動作がかなりもたつくことがありましたが、メモリ解放の方法を覚えたりメモリを増設したおかげでかなり快適に使えてます。今はもう、ライブ変換がなければダメな体になってしまいました。

このライブ変換が使えるのがMac標準の日本語入力のみ。

ATOKやGoogle日本語入力などApple以外の入力ソースではこのライブ変換が使えません。また、ユーザー辞書に登録した単語の変換を使うにもMac標準の日本語入力が必要です。

日本語の手書き入力はそんなに使う機能ではないけど、あったら便利な機能なので是非ともMac標準の日本語入力にも機能を追加してほしいですね。

Windowsにはちゃんとあるのに、なんでだろ?

iPadでは簡単に手書き入力できるからかな?

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!