【今だけ最大80%オフも!】日本初!Amazon「ブラックフライデー」開催中
セール対象外の商品でも合計1万円以上のお買い物で最大7.5%ポイント還元!この機会にまとめてどうぞ。11/24 23:59まで

約5gの水分を吸い込んでサクフワのトーストができるパン型スチーマーを試してみた

約5gの水分を吸い込んでサクフワのトーストができるパン型スチーマーを試してみた

新元号「令和」最初のエントリーです。GW中ですがプチ仕事モードです。

さて今回は、外はサクッ!中はフワッ!のトーストについてレビューします。

2015年にスチーム機能が搭載されたバルミューダの高級トースター『The Toaster』が販売されてから、スチーム機能付きのトースターがたくさん販売されるようになりました。

妻や娘がパン党なので買おうかなぁと思いましたが、さすがにトースターに2万5千円はちょっと高すぎだと断念。

その代わり、タイガーの表面サクサク中はふわっともちもちに仕上げる「うまパントースター」を買いました。

パンがさくさくもっちりに焼きあがるのはもちろん、バルミューダとは違い庫内がかなり広いので、手作りピザや揚げ物もサックサクに作ることができます。料理のレパートリーも増えて、うちにはうまパントースターで正解でした。かなり重宝してます。

ただ、「スチームで焼いたパンも食べてみたい」という思いは頭の片隅にずーっと残ってました。

そこで2019年1月に発売されて最近まで品切れ続出だった『マーナ パン型 トーストスチーマー K712』が、ようやく手に入るようになったので、早速買ってみました。

PR【最大80%オフも!】日本初!Amazon Black Friday開催中! 当ブログ紹介アイテムが安くなってるかも?!セール対象外の商品でも期間中合計1万円以上のお買い物で最大7.5%ポイント還元されます!買いたいものはこの機会にまとめてどうぞ。11/24 23:59まで
スポンサーリンク

マーナ パン型トーストスチーマーとは?

マーナ パン型トーストスチーマーとは?
パン型トーストスチーマーとは、パンの形の陶磁器のこと。

素焼きの陶器を水に浸して水分を吸わせてからトースターに入れれば、庫内にスチーム(蒸気)が出てパン内部の水分を保ちつつ、外はサクッ、中はふわっの美味しいパンが焼き上がるというわけ。


トーストスチーマーの説明
パッケージ裏面にあった、焼いたパンの重量変化率のグラフ。

一瞬、「おぉ!スゴイ!」と驚きましたが、数値を確認したらぶっちゃけそんなに変化がないことがよく分かります。

まぁ、数値的にわずか1.6%の違いでも、食べてみたら大きな違いがあるのかも?


パンの形をした可愛い陶磁器です
本体はパンの形をした可愛い陶磁器です。中学校の修学旅行で素焼きの陶器に絵付けしたの思い出したww


トーストスチーマー 陶器の底面
陶器の底面はこんな感じでぽっかり空いてます。

トーストスチーマーでパンを焼いてみる

まず、トーストスチーマーを水で濡らします
まず、トーストスチーマーを水で濡らします。

水道水をかけただけでは十分な水分を含むことができません。


1分ぐらい水に浸します
パッケージにあった説明には「20秒程度水に浸す」とありましたが、十分に水分を含ませるために1分ほど浸します。

素焼きの陶器を水に浸す前と後で重さを測ったら、約5gほどの差がありました。

水をつけておく時間によって、3〜5gの水分を含むことができます。バルミューダの専用カップは5ccなので、同程度の水分をトースター内に放出することができます。


あとはトースターに入れてパンを焼くだけ
あとはトースターに入れて、いつも通りパンを焼くだけ。


トーストスチーマーを入れないものと食べ比べ
食べ比べをするために、トーストスチーマーを入れないものも焼いてみました。

トーストスチーマー 使ってみた感想

トーストスチーマー 使ってみた感想
奥がトーストスチーマー無しで、手前が有り。

ちょっとドキドキしながら食べ比べてみましたが、スチーマー有りの方が中がしっとりしてる感じがしました。無しの方は、全体的に軽くてサックリしてますね。

有りだと、中がしっとりしてて噛んだ時にパンの厚みを感じました。よりふっくらしてる感じですね。確かに無いよりはあった方が美味しいのかも。

ただ、これは個人的な好みもありそう。全体的にサックサクのパンが好きなら買わなくてもいいかも。

ただ、使ってるトースターによってはもっと劇的にパンが変わるかもしれないので、外はカリッと、中はしっとりふわっとしたパンが好きな方は試す価値は十分にあります


いつものカフェラテで美味しくいただきました
2枚焼いた食パンは、いつものカフェラテで美味しくいただきました。

ごちそうさまでした〜♪

スポンサーリンク

記事についてのご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。