久しぶりにつけたエアコン…マジ臭いっ!
暑くなってきたので久しぶりにエアコンつけたら臭い!内部にはカビ!思い切って自分で掃除してみた。→エアコン掃除体験談はこちら

MacBookをホワイトボード化するノーマナーフィルム

MacBookをホワイトボード化するノーマナーフィルム

MacBookを会議や打ち合わせに持って行った時に、

さっと描いて説明したい!

を実現してくれるアイテムが『ノーマナーフィルム』です。

MacBookにフィルムって聞くと、液晶保護フィルムを想像しちゃいますが、これはMacBook本体の外側、Appleのロゴがある面に貼るフィルムのことです。

スポンサーリンク

ノーマナーフィルムとは

ノーマナーフィルムとは、透明で薄い1枚のフィルムのこと。

これをMacBookの天板に貼り付けると、付属のホワイトボードマーカーで自由に書き込みができるようになるというありそうでなかったアイテムです。

これを閃いて商品化した人すごい!

2015年に他社製のものが発売されたこともありましたが、これは現行MacBook、MacBook Proに対応する新製品です。


付属の透明のフィルム
13インチモデル版に付属の保護フィルムの大きさは、302.5mm × 210.8mm。

そのほか、MacBook Pro 15インチに対応した347.3mm × 238.7mm、MacBookに対応した278.5mm × 194.5mm、iMac 21.5インチと27インチ用のものが用意されてます。

透明のフィルムは気泡が入りにくい加工が施されているので、キレイに貼れますが、サイズがスマホの液晶保護フィルムのように小さくないので、神経質な人は作業に苦労するかも。

フィルムが透明なので、周囲の人からはまるでMacに落書きしてるように見えるでしょうね。


付属のホワイトボードマーカー
付属のホワイトボードマーカーは、USB-Cポートに脱着出来るようにデザインされてます。

無くす心配もないし、会議時だけでなくいつでもさっとメモを取ることが可能です。

アップルロゴを中心に絵を描いてもいいし、電話のメモ、ふと浮かんだアイデア、ちょっとした計算、などなど。

あの人、MacBookに落書きしてるけどどうやってんの?」と思われること間違いなし。

かなり目立つので周囲の人を驚かすのも楽しそう

注意点としては、ホワイトボードと同じなので、描いたままMacBookを小脇に抱えてしまうと洋服が汚れてしまうこと。

ちょっとでも便利そうと思ったら是非お試しを。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。