コピー&ペーストをフル活用できるアプリ『Clipy』に惚れた!Macには絶対インストールしておきたいっ

Mac コピーペーストアプリ Clipy

「ClipMenu」が開発終了したから「Clipy」をインストールしてみた

「mac コピー ペースト アプリ」で検索した時に出てくる「ClipMenu」のたくさんのレビュー。クリップボードを管理して100個でも200個でもたくさんのコピーを残すことができる、かなり便利そうなアプリです。早速インストールしようと、App Storeで検索してみましたが...。

いくら調べても出てこない...。

どうやら開発サポートが終了したたみたいで、何か代わりのものがないのかとさらに調べてみると...。ありましたありました!ClipMenuのリメイク版アプリ、OS X 10.9以降に対応した「Clipy」です。

スポンサーリンク

Clipy - Clipboard extension app for Mac OS X

主な機能

  • プレーンテキストや画像といった複数の形式に対応したクリップボード拡張アプリです。
  • ショートカットキーで自由にメニューを呼び出すことができ、いつでもクリップボードの履歴を参照できます。
  • また、スニペットとして定型文を登録しておくことで、いつでも定型文をペーストできます。

Clipy インストール方法

早速インストールしてみました。(※インストールするしないの判断は自己責任でお願いします。)

ダウンロードしたClipyのアプリを最初に起動しようとすると、

開発元が未確認のため開けません
「"Clipy.app"は、開発元が未確認のため開けません。」という確認ダイアログが表示されます。

この場合は、

アプリを右クリックして「開く」を選択
Clipy.appを右クリックして表示される「開く」をクリックします。

開発元は未確認です。開いてもよろしいですか?
すると「"Clipy.app"の開発元は未確認です。開いてもよろしいですか?」というダイアログが出るので「開く」をクリックします。

システム起動時にClipyを起動しますか?
いつも使いたいので「起動する」を選択。

Clipyはメニューバーにアイコンが表示されます
インストールが完了するとメニューバーにアイコンが表示されます。

使いやすいようにカスタマイズ

環境設定をちょっとカスタマイズしてみました。

環境設定 一般
記憶する履歴の数は「30」。

環境設定 メニュー
「履歴メニュー」を表示させてすぐペーストできるように「インライン表示する項目の数」を10項目に設定しました。

環境設定 対応形式
対応形式は全部にチェック。

環境設定 ショートカット
一番使う「履歴メニュー」のショートカットを変えました。初期設定では「control + command + v」になってましたが、「option + command + v」に変更しました。

アップートは自動的にチェックを入れて「毎週」にしておきました。

Clipyの使い方

使い方は簡単です。

コピーしたものをペースとしたい場所にカーソルを持って行き、初期設定の「履歴メニュー」で設定したショートカットキーを入力すると...。

Clipy の使い方

過去にコピーした履歴がズラーッと表示されます!

おぉ!便利!

あとは、お好きなものをペーストするだけです。

コピペをよく使う方はぜひお試しを♪

■追記 2015.10.26 ClipyがEl Capitanに対応しました。
Mac用のコピー&ペーストを超効率よく使えるアプリ『Clipy』がEl Capitan に正式対応!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。