1ヶ月に1kg確実に痩せるジョギングダイエットを支えてくれた7つのランニンググッズ

Apple Watch

続くかどうか半信半疑ではじめたジョギングダイエット。

食事制限がほとんど必要なく、走れば走るほど痩せられるジョギングダイエットは、僕にはピッタリだったようです。腰痛に悩まされながらも、1年2ヶ月で約7kgの体重を落とすことができました。1年2ヶ月のうち7ヶ月間は腰痛で苦しめられたので、実質7ヶ月で7kg痩せたことになります(引き続きダイエット進行中)。

詳しくはここにまとめてます。
腰痛に苦しんだ40代男がジョギングダイエットに挑戦した結果【途中報告】

開始当初は、最初から色々と買い揃えるのもどうかと思ったので、まずはランニングシューズとドライ系のパンツを買いました。その後、走るのが習慣になりそうだと思った段階から、色々と買い揃えるようになりました。

というわけで、ジョギングで使ってる「なくてはならない・あると便利なモノ」をまとめてみました。これからウォーキングやジョギングをはじめる方、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.ランニングシューズ

これがないとはじまらないのがランニングシューズ。

最初はじめた頃は、靴箱に眠ってた5年以上前の古いスニーカーでスタートしました。1ヶ月ぐらい使った頃、ソールのゴムがベロンと剥げたので、ちゃんとしたランニングシューズを買うこと。

今使ってるのがこの2足。

初心者ランナーに人気のランニングシューズ『GT-2000 NEW YORK 5』を購入!安心感がすごい。

DynaFlyte購入!クッション性は欲しいけれどもう少し軽いシューズを履いてみたいって人に最適!

ともに初心者向けの足への負担が少ないクッション性が高いモデルです。今はこの2足を交互に履いてます。1足だけ履き続けるよりも、2足をローテーションしながら履くことで靴へのダメージを減らし、長く履くことができます。

基本は交互に履いてますが、全力走や坂道ダッシュをやるときはGT-2000よりも軽いDynaFlyteを使うようにしてます。2足買うときは、軽いとかクッション性が高いとか、ちょっと違う機能のものを選ぶと比較ができて楽しいです。自分にあった靴も探せるし、今後のシューズ候補の参考にもなります。

2.Apple Watch

Apple Watch
いわゆるランニングウォッチというものです。僕はApple Watchを使ってます。

走った時間、距離、1kmのペース、心拍数、消費カロリー、走った経路など、ランニングに関するいろんな情報を知ることができます。iPhoneのアクティビティアプリに保存されるので、過去に遡って確認できるのが便利です。

今使ってるのは初代モデルなんですが、今だに現役バリバリ。基本、走るときにしか使ってませんが、必要最低限の情報は集めてくれます。ただ、初代モデルはGPSが内蔵されていないので、正確に距離や経路を知るにはiPhoneも持って走らないといけません

最近は、光学心拍計とGPSが優秀でデザインがかっこいいGarminのForeAthlete 235J が気になってますが、Apple Watchがまだまだ使えるので買い替えはまだ先になりそう。

Apple WatchもForeAthlete 235Jもちょっと高めですが、GPS内蔵で1万円以内で買えるランニングウォッチもあります。GarminのForeAthlete 10Jあたりがおすすめです。

3.ランニングキャップ

一年中屋外で走ってるので、ランニングキャプは必ずかぶって走ってます。

役目としては、

  1. 頭皮の日焼け防止
  2. 汗が流れて目に入るのを防止
  3. ちょっと深めにかぶって人目を避ける

です。

(1) 頭皮の日焼け防止
夏は夕方でも日差しは強いです。また、曇りの日でも紫外線は多い日もあるので、常に帽子はかぶるようにしてます。頭皮の保護にもなるし、髪の毛も気にしなくてすみます。

(2) 汗が流れて目に入るのを防止
走ってると当然ですが汗をかきます。夏だと特に汗ダラダになって、汗が目に入って目が痛くなることがよくあります。キャップをかぶることで、その汗が目に入るのを防いでくれます。ポイントは眉毛の上ぐらいまで深くかぶること。浅くかぶると汗止めにならないので、深めにかぶるのがおすすめです。

(3) ちょっと深めにかぶって人目を避ける
屋外で、交通量の多いところを走る時って、太ってることもあり人目が気になります。颯爽と走れるなら気にしなくていいんでしょうが、ゆっくりペースで走るのであまりカッコイイとは言えません。そんな時はちょっと深めにかぶって人目を避けるようにしてました。ただ最近は、ある程度走れるようになってきたので、あまり人目を意識せず走りに集中できるようになりました。

キャップもウエアと同じように、ドライ系の素材のものを使ってます。毎回洗濯するので、濡れてもすぐ乾くタイプのものがおすすめです。

4.iPhoneを入れるウエストポーチ

Apple WatchがGPS内蔵されてないので、iPhoneも一緒に持って走るようにしてます。iPhoneのGPSを使うことで、正確な位置情報や距離・ペースを記録することができます。

また、音楽や落語を聴くことが多いので、iPhoneは僕のジョギングには不可欠です。

ウォーキングやスロージョギングしてた時はパンツのポケットに入れてましたが、ちょっと全力で走ったりするとポケットから飛び出しそうになったので、ウエストポーチに入れるようにしてます。

今使ってるのがATiCのウエストポーチです。詳しくはこちらにまとめてます。

ランニング中もiPhoneがブラブラしない『ATiC ウエストポーチ』購入!千円ちょっとでコスパ最強。

値段の割に縫製もしっかりしてて使いやすいです。

5.スポーツタイツ

秋から冬の寒い時期にかけて活躍するのがスポーツタイツ。寒さを防ぐのはもちろん、膝への負荷を軽減してくれる機能もあります。

僕は、ワコールのスポーツブランド「CW-X」のスタンダードモデルを使ってます。詳しくはこちらをどうぞ。

買ってよかったスポーツタイツ。1年間ジョギングに使っても一切ほつれなし!汗をかいてもムレにくい。

秋冬のジョギングには欠かせません。

6.指出し手袋

これも秋冬専用のアイテム、指出し手袋です。

10℃を下回ると急に指先が冷たくなります。手が冷たくなると気持ちよく走れなくなるので、ジョギング用の手袋も使うようにしてます。ただ、寒い時でも20分ぐらい走ると体が暖まってくるので、あまり厚い生地のものはおすすめしません。

iPhoneを操作するので、簡単に指が出せるタイプのものを使ってます。

冬のジョギングに不可欠な手袋『CW-X ストレッチグローブ』。速乾&指出しタイプだからスマホも操作可能|SKEG*log

これがないと冬は走れません。

7.ランニング用 耐汗・防沫・ワイヤレスイヤホン

音楽や落語を聴きながら走るのに最適なワイヤレスイヤホン。ケーブルがない無線のイヤホンですね。

iPhoneに付属してる有線の白いEar Pods(イヤーポッズ)でも使えます。使えるんですが…走ってると耳からよく外れるんです。その都度、付け直しては外れるの繰り返しで走るのに集中できませんでした。

というわけで、AppleのワイヤレスイヤホンAir Podsと同様、iPhoneとの接続が簡単にできるPowerbeats3 Wirelessを使ってます。

ランニング用イヤホン購入!耐汗・防沫・ワイヤレスのインイヤー型『Powerbeats3 Wireless』は超快適!

汗や雨に濡れても大丈夫。インイヤー型なので周囲の音も聞こえる。イヤーフックだから絶対外れないし無くさない。バッテリー最長12時間。もう、文句のつけようがないランニングにぴったりのイヤホンです。

まとめ

そのほか、ランニングウェアはユニクロやGUなどで売ってるドライ系のTシャツを数枚、着まわしてます。あと、冬用にチャックを上げると首まで隠れるウィンドブレーカーも持ってます。

あと、15km前後の長距離を走ったり筋トレもやった後はプロテインも飲んでます。

以上が、僕が1ヶ月に1kg確実に痩せるためのランニングで使ってるものです。これらのランニンググッズがなければ、多分僕のジョギングダイエットは続かなかったかも。モチベーションを上げるために、いかに快適に走れるか、いろいろ試してこれに落ち着いてます。

このグッズが支えてくれたおかげで、ちょっとずつ走れるようになり、それがうれしくて「もっと気持ちよく走りたい!」という気持ちが芽生えて今に至ります。

もうちょっと走れるようになったら、ハーフマラソンなどの大会にも参加してみるつもり。そうなると、またランニングウェアがいるなー。今度はどんなウェアにしようかなww

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。