iOS 10でFaceTimeビデオ・オーディオのデータ通信量がどれくらいか調べてみた。

iOS 10でFaceTimeビデオ・オーディオのデータ通信量がどれくらいか調べてみた。

意外と少ないFaceTimeオーディオのデータ通信量。一方のビデオは…?

最近、情報が古くなった過去記事の更新(リライト)をしてるんですが、FaceTime(フェイスタイム)まとめでやってなかったデータ通信量の確認をやってみました。

過去のiOSのバージョンだと、FaceTimeオーディオが1分で700KB、ビデオが10秒で1MBぐらいでしたが、最新のiOS10ではどうなったんでしょうか。

スポンサーリンク

FaceTimeのデータ使用量は?

今回はiOS10.3.1のiPhone 7 Plusで調べてみました。

FaceTimeは通話料はかからない代わりにデータ通信量が必要です。毎月のデータ使用量がデータ定額の契約容量を超えると速度が128kbpsに制限されます。これを通信制限といいます。

通信制限されないためには、FaceTimeのデータ通信量を把握しておくと便利です。


それでは早速、まずは音声通話のみのFaceTimeオーディオ。

iPhoneのFaceTimeアプリで確認します。

FaceTimeオーディオのデータ通信量
赤枠部分。約1分間の通話で約1MBのデータ通信量を消費しました。


次にFaceTimeのビデオ通話。

FaceTimeビデオのデータ通信量
約1分間のビデオ通話で、約29.2MBのデータ通信量を消費。結構大きいですね。

共に、iOS10になってから、データ通信量が増えてます。特にビデオ通話だと、カメラの解像度が上がったせいか、随分と増えてますね。


例えば、3GBのデータ定額サービスを契約している場合だと、

  • FaceTimeオーディオで約51時間
  • FaceTimeビデオだと1.75時間

通話できる計算になります。

意外と長い時間話せる感じがしますが、スマホを使ってるとYouTube見たり音楽をダウンロードしたり、マップアプリを使ったりなど多くのデータ通信を行います。

僕の場合、2GBの定額サービスなので旅行にでも行くとすぐ通信制限にかかりそうになります。そのため、外出先ではあまりデータ通信が多いことはやらないように気をつけてます。

通信速度制限が気になるなら絶対Wi-Fi導入がおすすめ

Wi-Fiなら通信制限も怖くない!月間300GB以上使っても定額!

僕は自宅にインターネット回線を引いてます。自宅で仕事することが多いからパソコンも使うしiPhoneもiPadも使う。さらに、妻や子供もiPhoneやiPadを使う。だから、家族みんなで通信制限を気にせずにインターネットが使えるWi-Fi導入はうちには必須のインフラです

一体うちが1ヶ月にどれぐらいのデータ通信量を使ってるのか、実際の明細がこれ。

ご利用通信料明細
これは、うちで契約しているインターネット回線(BBIQ:九州のプロバイダー)の通信量明細です(2016年12月分)。赤枠の部分に注目。これ、うちで使ってるiPhone・iPad・Mac・Apple TV・Amazon Fire TV Stickなどで1ヶ月間利用した通信量なんですが、なんと...


約 342GB(349,896MB)


に達してます。すごいデータ量ですね。だいたい毎月これぐらい。これで月額5,400円。どれだけ通信量が多くなっても金額は一定です。最近、各キャリアがギガモンスターやスーパーデジラなどの大容量データ定額サービスをやってますが、データ定額20GBで月額6,000円もかかっちゃいます。自宅にWi-Fi導入すれば、その17倍以上もデータ通信量が使えるのに料金は安く抑えることができます。

うちはこのインターネット回線料(プロバイダー料金)5,400円と、僕のiPhone(au)で約3,500円、妻のiPhone(mineo)で約800円、合計約9,700円が毎月の通信料としてかかってます。ギガモンスター2つ契約する料金よりも安いし、使い放題というのもかなりありがたいです。

Wi-Fi導入 おすすめのプロバイダー

FaceTimeは無料だからといっても、長い時間ビデオ通話をやってるとすぐ速度制限がかかってしまいます。自宅でスマホを使うことが多く、パソコンも使う、家族もネットを使うなら、絶対Wi-Fi導入がおすすめです。


全国対応で安さを売りにしてるのが、GMOのとくとくBB。ホームページに「とにかく安いプロバイダー」とアピールしているだけあって、料金比較表では最安価格に設定されてます。フレッツ光やADSL、高速モバイルなど接続サービスも豊富で、どのプランでも業界さ安値クラスとかなりお得です。詳しくは、安いインターネットは【GMOとくとくBB】をどうぞ。


面倒なことせずに、簡単にWi-Fiを導入したいならソフトバンクのSoftBank Airも人気。工事も不要だから、自宅に工事の業者さんを入れたくない女性でも安心。さらにソフトバンクユーザーなら、おうち割で毎月のスマホ料金が毎月最大2,000円値引きされます。詳しくはSoftBank Airの公式サイトをご覧ください。


あと、自宅よりも外でスマホを使うことが多いなら、持ち運べるWi-Fiもあります。とくとくBBの高速モバイルがそれ。WiMAXがさらに高速になった新サービス「WiMAX2+」が人気があります。→ GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,699円(税抜)~!


自宅にWi-Fi(インターネット回線)があるのはとても便利です。特に複数人で同居している場合、それぞれスマホやパソコンを使う時にひとつWi-Fiがあればみんなが通信制限を気にすることなく、データ通信量の多い映画やYouTubeを観たり、マンガをダウンロードしたり、インターネットを好きなだけ楽しむことができます。

まだの方はぜひどうぞ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。