自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

スマホ料金が869円になった!iPhoneをauから格安SIMにしたら月額料金を大幅に節約できた話

  • 公開:
  • 更新:
  • by
  • 格安SIM

iPhoneをauから格安SIMに乗り換え 1ヶ月目の料金は869円でした!

auから格安SIMのmineoに乗り換えたら月額料金が6,014円→869円に!!

節約したいなら格安SIMで間違いないですね。実際、乗り換えてみてようやく分かりました。

au、ドコモのスマホ使ってて毎月電話をあまりかけることがない人は、mineo(格安SIM)に乗り換えれば必ず節約になること間違いなしです。

だって、うちの嫁のiPhoneの月額料金が、auからmineoに乗り換えて、使い方はほとんど変えてないのに月額料金だけが6,014円→869円になったんですから。

10月末にauから乗り換えて、初めてまるまる1ヶ月分の請求(11月分)が確定したので、その内容をご紹介します。

スポンサーリンク

auからmineoに乗り換えた全記録

auからmineoに乗り換えた時の全記録や、mineoを契約して使い始める時の設定などは過去のエントリーでまとめてます。

この2本がそれです。

【初めての格安SIM】auからmineoへ乗り換えの全記録。MNPのポイントは余裕を持ったスケジュール。
【初めての格安SIM】mineoのSIMカード到着後、MNP切り替えやメール設定などやったことすべて

auを解約する時のベストタイミングや、MNPにかかる費用、契約後にSIMカードが届いてから使い始めるまで、などなど、気になったことをすべてまとめてるので、格安SIMでmineoを契約するなら参考になるはず。合わせてご覧ください。

au時代のスマホ料金

mineoの料金を発表する前に、au時代のスマホ料金も比較としてのっけておきます。

au 10月分の料金明細
iPhone購入後、2年間続いた毎月割が終了し、月額料金が6,014円になりました。

どうにか安くならないかと、auの料金プランを色々とシミュレーションしてみました。ところが、5,687円より安くなることはない仕組みになってることが分かったので、格安SIMへの乗り換えを決めました。

mineo 1ヶ月の料金はいくらになった?

さて、ここからが本題。

mineoを実際に使いはじめたのは、WEB申し込み完了から4日後の、SIMカードが到着した10月31日。

mineoはauとは違い、月額料金を日割りで計算してくれます。一方のauは日割り計算ではなく1日でもスマホを使うと1ヶ月分まるまる請求されてしまいます。だからMNPでmineoに乗り換えるなら月初ではなく月末が断然おトクです。

というわけで、1日しか使ってない10月分の請求はこんな感じでした。

mineo 1ヶ月目の請求内訳
請求金額は税込で55円。

内訳はどうなっているかというと...。

mineo 1ヶ月目の請求金額内訳
契約しているのが、通話もできるデュアルタイプの3GBコースで、基本料は1,630円。

これを31日で割って、ユニバーサルサービス料の3円を足すと、ちょうど55円になります。

通話は一切してなかったので、10月の請求は55円のみ。

安いし分かりやすい料金体系!シンプルですごくいいですね。


次はまるまる1ヶ月使った11月分の請求金額です。(10月分は1日だけなので、11月分のこっちを1ヶ月目として表記しておきます。)

mineo 1ヶ月まるまる使った時の請求金額
驚きの769円!安い!安すぎる!!

内訳は...

mineo 1ヶ月目の請求金額内訳
デュアルタイプ(3Gコース)基本料が1630円。ユニバーサルサービス料が3円。

基本料キャンペーン割引は、申し込み時にやってたキャンペーンで、6ヶ月間864円が割り引かれるというもの。

1,633円から864円を引いて、合計 769円


あと、これに通話料が加算されます。

mineo契約者はLaLaCallというIP電話サービスを月額基本料金無料で使えます。

その料金明細がこちら。

LaLaCall 11月通話分
9回通話して、127円。こちらも安い!まぁ、5分以上の通話が1回で携帯より一般の電話にかけることが多かったので、今月はこれぐらいでおさまりました。

まとめ

というわけで、これまで1ヶ月6,000円以上かかっていたスマホ料金が、mineoに乗り換えただけで、

1ヶ月、869円(税込)になりました。

実際に使っている妻に感想を聞いてみると、データ通信が遅くなったり通話しにくいことは一切なかったとのこと。電話するときにLaLaCallの通話アプリを使うようになっただけで、ほとんど変化はありません。

auやドコモのスマホがそのまま使えるmineoだから携帯はそのままなので、機種変更の必要なし。使い方もほとんど変えずに通信会社をmineoにしただけで、スマホ料金が5,145円も節約できました。単純計算すると、1年で61,740円も節約できることになります。

頭では安くなるとわかっていても、踏み切るまで時間がかかってしまった格安SIMデビュー。まだの方は是非やってみてください。

  • あまり通話はしない
  • auやドコモのスマートフォンを使っている

この2つの条件にマッチするなら、mineoに乗り換えておトクになるのは間違いありません。mineoのサイトにも料金シミュレーションがあるので是非一度試してみてください。

mineoへ移行した体験記まとめも合わせてどうぞ。

mineo体験記まとめ 格安SIMを検討〜au解約〜mineo契約〜感想まで

最新!3GBプラン格安SIMおすすめランキング

日々、顧客争奪戦が繰り広げられている格安SIMの世界。

記事内でおすすめしている格安SIM業者のサービス内容や通信速度は日々変化しています。

というわけで、ここでは2020年最新のおすすめランキングベスト3をご紹介。

といってもいろんな条件があるので、

  • データ通信量:3GB
  • 音声通話あり(かけ放題は未契約)
  • 月額2,000円以内

に絞ったランキングをご紹介。

まず第3位は【UQモバイル】

スマホプラン「S」ならデータ容量3GBで月額1,980円。UQ家族割適用なら1,480円で利用できます。

ただ、通話オプションに入らない場合は20円/30秒の電話代がかかるので通話も良くする場合は何らかのオプションに入ったほうが良さそうです。その場合は月額2,000円は超えます。

第2位は【U-mobile】。

U-mobile通話プラスの「3G」プランなら月額1,580円で利用可能。

電話代は20円/30秒ですが、「U-CALL」という無料アプリを使えば10円/30秒と半額になります。

第1位は【IIJmio】。

「音声通話機能付きSIM」プランで3Gなら月額1,600円。

こちらも電話代は20円/30秒で、「みおふぉんダイアル」を使えば10円/30秒と半額になります。さらに、ファミリー割引なら8円/30秒まで安くなります。

IIJmio(みおふぉん)

殿堂入りは【mineo 】。

2017年8月から使ってる格安SIMです。auから乗り換えて何不自由なく使えてます。

デュアルタイプ(Dプラン)の3GBで月額税込で1,700円ほど。通話は「mineoでんわ」で10円/30秒。

使用後のレビューもまとめているので合わせてどうぞ。

auからmineoに乗り換えた7ヶ月後の感想レビュー 口コミや評判が気になる方へ

mineo(マイネオ)

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。