写真アプリで最も使うショートカットはこれ。「ピクセル等倍」で表示させるにはこれが一番!

  • 更新:
  • 公開:2017.1. 3
  • by
  • カテゴリ:Macの使い方

写真アプリで最も使うショートカット「等倍」にはこれが一番!

写真のピント確認に超便利な「等倍表示」のショートカットはこれ!

D750のレンズキットを購入してようやくフルサイズの世界に突入した2016年。

高い買い物でしたが、満足度もかなり高いD750。「EXPEED 4」の画像処理エンジンをによるノイズを減らしたクリアな解像感。ISO感度12800まで上げても十分使えるノイズの少なさは圧巻です。さらに深いグリップによる抜群のホールド感も気に入っているポイント。

そんなD750で撮影した写真は、Mac標準の「写真」アプリで管理してます。RAWで撮影したものに限ってはLightroomで管理してますが、JPEGのみで撮影したものは使い慣れた写真アプリを使ってます。

撮影した写真で一番気を使うのがピント。撮影した写真は「写真」アプリに読み込んだ後、ばばばーっと一通りピントチェックをするようにしてます。そんな時に便利なショートカットをご紹介。

これ、写真アプリでいちばん使ってるお気に入りのショートカットです。

スポンサーリンク

「写真」アプリで写真を等倍表示するショートカット

「写真」アプリで画像の細部を確認したい時に便利なショートカットは…

Z キー

です。


写真アプリで写真を開くと写真アプリのウィンドウに合わせて全体が表示されます。

写真アプリで写真を開く
ピントをチェックしたい(ピクセル等倍表示したい)部分にマウスカーソルを持っていきます。分かりにくいですが上記画像の赤丸の中心部分です。

あとは「zキー」を押せば…

等倍表示された写真
ピクセル等倍で表示してくれます。


ちゃんと100%で表示されてます
ちゃんと100%で表示されてますね。zキーをもう一度押せば全体表示に切り替わります。


マウスカーソルを移動してzキーを押す」を繰り返して、

zキーを繰り返してピントチェックを行う
気になる部分のピントを全てチェックすれば完了です。

写真アプリでピントチェックするには不可欠のショートカットですね。

使ったことがない方はお試しを。


写真の腕を磨きたい人におすすめなのがこの本。テレビでもおなじみの人気写真家「中井精也」さんがデジタル一眼レフで撮影するためのテクニックをわかりやすく解説した本です。主題と副題の決め方、だれでもカッコいい写真が撮れるレイルマン構図、絞り優先オートが撮影する意味、ホワイトバランスをフィルターとして使うなど、5項目にわけて詳しく解説されてます。親指AFなどのテクニックが満載です。本の内容もいいですが、付録のDVDもさらに良い。楽しみながら勉強できますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。

よく読まれている関連記事はこちら