マイフォトストリームの代替案は容量無制限の共有アルバムにしました

フォトストリームの代替案は共有アルバム
マイフォトストリームの代替案は共有アルバム

フォトストリームの代替案は共有アルバムにしました

2023年5月28日。

Appleから突然届いた「マイフォトストリームは7月26日にサービスを終了します」という内容のメール。

愛用していたサービスだったので、どうしようかと色々考えた結果、共有アルバムにて代用することにしました。

iCloud+のサブスクも検討しましたが、僕のマイフォトストリームの使い方だとiCloud+は過剰サービスでした。

これまでと同じように、無料でiCloud+を契約せずにマイフォトストリームと同じようなことをやるには共有アルバムが一番だという結論に至りました。

ひと手間はかかってしまいますが、容量無制限にも関わらず無料で使えるので、もうこれしかないかなと。

PR【最大10%ポイント還元】春のお買い得ビッグセール開催! Amazonにて新生活セールが開催。価格が安くなってるのはもちろん、合計10,000 円以上のお買い上げを対象にポイント還元率がアップ。プライム会員&Amazon Mastercardで4.5%ポイントアップ!生活/理美容/健康/大型家電はさらに5.5%ポイントアップ。この機会にまとめ買い!数量限定品は在庫がなくなり次第終了です。3/5 23:59まで
スポンサーリンク

マイフォトストリームの代替案

マイフォトストリームの代わりとしては、以下の3つの方法があります。

  1. iCloud+を契約する:月額料金がかかりますが、クラウドに保存した写真にiPhone/iPad/MacなどのAppleデバイスでアクセスできる。写真以外のファイルもバックアップとして保存できる
  2. 共有アルバムを使う:選んだ写真を共有アルバムに保存するひと手間はかかりますが、容量無制限で写真をAppleデバイスやWindowsパソコンで共有できる
  3. AirDropを使う:写真やファイルを送る相手(デバイス)が近くにいてBluetoothやWi-Fiの通信範囲以内にいれば、写真を共有することができる

全ての写真を各デバイスで常に最新の状態にしておきたい場合は1の「iCloud+」がおすすめ。

僕のように、費用をかけずに写真アプリで写真を同期したい人は2の「共有アルバム」がおすすめ。

写真アプリを使わずにAppleデバイスだけでなくWindowsでも写真を共有したい人は3の「AirDrop」がおすすめです。

共有アルバムとは?制限は?

共有アルバムとは、自分で選んだ家族や友人とだけ写真やビデオを共有できるサービス。コメントも投稿できるので、家族や仲間内で写真のコミュニティを作ることが可能です。

iCloud+のように容量によって価格が決まっているサービスではなく、無料で使用することができます。

ただし、容量の制限はないものの、いくつかの制限があります。

● 容量制限は無いが枚数制限はある
  • 1つの共有アルバムで参加者全員が投稿できる写真とビデオの合計枚数は5,000件
  • すべての共有アルバムに対して1名が投稿できる写真とビデオの1時間あたりの最大枚数は1,000件で、1日あたりの最大枚数は10,000件
  • 1人のオーナーが共有できる共有アルバムの最大数は200
  • 1人のユーザが参加できる共有アルバムの最大数は200
  • 共有アルバムあたりの最大参加者数は100人
  • 1枚の写真とビデオにつき投稿可能なコメントの最大数は200回
  • コメントあたりの最大文字数は1024文字
  • 1日に共有アルバムのオーナーが招待通知を送信できる最大数は200件
● 写真と動画の解像度と時間に制限あり
  • 写真は長辺が最大2048ピクセルに縮小される(パノラマは例外で最大幅は5400ピクセル)
  • ビデオは最長15分、画質は最大720pで配信される

枚数制限については、十分過ぎるほどの枚数に対応してるので問題ないですが、写真がリサイズされるのはちょっと気になりますね。

リサイズせずに使いたい場合はAirDropと使い分ければ問題はなさそうです。

共有アルバムの実際の使い方

iPhoneで撮影した写真をMacで共有する方法を、実際の手順に従って説明します。

まずは、「共有アルバム」をオンにしておきます。

iPhoneやiPadの場合は、「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」→「写真」→「共有アルバム」をオン。

Macの場合は、写真.appの「設定」→「iCloud」→「共有アルバム」をオン。

iPhoneで共有アルバムを作成する
iPhoneの写真アプリで「アルバム」を開き、左上の「+」をタップして「新規共有アルバム」をタップ。共有アルバム名を入力して「次へ」をタップ。

これで共有アルバムの準備は完了です。

次に、iPhoneで撮影した写真を共有アルバムに追加します。

iPhoneの写真を共有アルバムに追加する
追加したい写真の「共有ボタン(赤矢印部分)」をタップ。

項目内にある「共有アルバムに追加」をタップ。

共有アルバムに追加する
コメントがあれば記入して「投稿」をタップすれば共有アルバムに追加されます。


次に、Macの写真アプリでちゃんと表示されるかチェックします。

iPhoneで追加してから数分後…

写真.appの共有アルバムを開くと写真が追加されてました
Macの写真アプリの共有アルバム。ちゃんとラーメンの写真が追加されてます。


共有アルバムに追加されたラーメンの写真
美味しそうなラーメンの写真が表示できました。

ただ、解像度をチェックしてみると…

共有アルバムとAirDropの追加写真の解像度の違い
左が共有アルバムで右がAirDropで追加した時の解像度です。

左の共有アルバムは長辺が2049ピクセルにリサイズされてますが、右のAirDropの場合は4032ピクセルと元画像のサイズのままです。

Webで使う場合はリサイズされたものでも大丈夫ですが、紙でプリントする場合はリサイズされないAirDropを使う方が良さそうです。

マイフォトストリーム→共有アルバムへ

ここ1ヶ月ほどマイフォトストリームの代わりに共有アルバムを使ってますが、特に問題なく使えてます。

たまにiPhondeで追加した写真がMacの共有アルバムに表示されないことがありましたが、その場合は、Macの共有アルバムに適当な画像を追加すれば更新してくれます

共有アルバムに追加するひと手間が増えましたが、無料で1つのアルバムにつき5000枚まで写真をアップできることを考えたら全く問題なしです。

これからは共有アルバムで行きます!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!