【Windows→Mac乗り換え】MacのBack SpaceキーとDeleteキーの動作の違いまとめ

MacとWindowsで異なるDeleteキーの挙動
MacとWindowsで異なるDeleteキーの挙動

「delete」キーの挙動の違い知ってる?

この記事を最初に書いたのが2018年。

当時のAppleの時価総額は1兆ドルでしたが、それから約5年でさらに増えて、2023年8月現在では約2.83兆円というとてつもない企業になっちゃいました。

Appleの地位はこれからまだまだ安泰なのは間違いなさそう。今までのような勢いは多少落ち着くとは思いますが、これからもAppleユーザーはじわじわ増えていくはず。

当ブログのアクセスユーザーの約70%はiOSとMacユーザー。アップル系の話題を取り上げることが多いのでそうなってます。

残りの30%がAndroidとWindowsのユーザーの方々です。

そんな方達が今後Macに移行する際に戸惑わないよう「delete」キーの挙動の違いについて取り上げてみました。

(※この記事は、2018年8月に公開した記事を修正・加筆し、2023年の最新情報に更新したものです。)

PR【最大10%ポイント還元】春のお買い得ビッグセール開催中! Amazonにて新生活セールが開催中。価格が安くなってるのはもちろん、合計10,000 円以上のお買い上げを対象にポイント還元率がアップ。プライム会員&Amazon Mastercardで4.5%ポイントアップ!生活/理美容/健康/大型家電はさらに5.5%ポイントアップ。この機会にまとめ買い!数量限定品は在庫がなくなり次第終了です。3/5 23:59まで
スポンサーリンク

MacでDeleteしたい!

Windowsのキーボードで「Back Space」と書かれたキーが、Macでは「delete」となってます。

このキーを押すことでカーソル前の文字を消すことが可能です。

一方、カーソル後ろの文字を消したい場合、Windowsだと「Delete」キーがありますが、Macだとそれにあたるキーがないんです。

Windowsユーザーの方が文字入力で最初に戸惑うのはここですね。

Macでは「fn」キーを同時押しすれば「Delete」キーと同じ挙動になります。

画像で表すとこんな感じ。

MacとWinddowsで異なるDeleteキーの挙動
ちなみに、Macでは「fn + delete」のことを「forward delete」と呼びます(正式名称ですがあまり使いません)。

だからMacユーザーに口頭で「デリート」と行ったら、カーソルの前の文字を消すことなので、MacユーザーとWindowsユーザー間で文字構成をするときには注意が必要ですね。

このほかにもWinからMacに移行する際に間違いやすいものもあるので、それも定期的に更新していきます。

興味がある方はブックマークまたはブログの購読をお忘れなく。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!