MacでいろんなファイルをPDFに変換する方法 ワード・エクセル・ホームページなどなんでも簡単変換

  • 更新:
  • 公開:2016.9.13
  • by
  • カテゴリ:Macの使い方

MacでいろんなファイルをPDFに変換する方法 ワード・エクセル・ホームページなどなんでも簡単変換

Macの標準機能のみでOK!なんでも簡単にPDF形式に変換可能。

電子文書の国際規格となっているPDF。官公庁から企業のプレスリリース、マニュアルから応募用紙などなど、様々な用途で使われています。Macでは随分前から標準機能のみで、いろんなファイルをPDFに変換できるようになりました。(いつからかは不明。)僕も普段から、いろんなファイルをPDFに変換してEvernoteに放り込んで保存してます。

PDFだと、どんなパソコンでも見た目を変えずに表示できます。それに、MacでもWindowsでもiOSでもAndroidでも見られるのがとても便利。例えば、ワードで作ったファイルを相手に送った場合、相手もワードを持っていないとファイルは開けません。そんな時は、PDFに変換して送ってしまえば、ワードを持ってなくても内容を確認できるというわけ。

最近Macを購入した方向けに、普段僕がやっている、MacでいろんなファイルをPDFに変換する2つの方法をご紹介。

スポンサーリンク

アプリケーションのフォーマットを利用してPDFに保存する方法

1つ目は、アプリケーションのフォーマット変更機能を利用する方法。

アプリケーションによっては、複数のファイル形式で保存することができるようになってます。

例えば、ワードやエクセル。保存時にファイルのフォーマットを変更できます。そのフォーマットの中にある「PDF」を使ってPDFに変換します。


WordのフォーマットをPDFに変更する
ワードの保存画面。「フォーマット」をクリックすると、Word文書だけでなくリッチテキストやテキストファイルなどたくさんのフォーマットで保存が可能です。

その中にある「PDF」を選べば、PDFで保存することができます。

「プリント」の「PDFとして保存…」を利用する方法

2つ目は、アプリケーションにある「プリント」の「PDFとして保存…」を利用する方法です。

こちらの方がセキュリティをかけられるのでオススメ。


まずは、各アプリケーションにあるメニューから「プリント」を選びます。

エクセルのプリント画面
エクセルのプリント画面。左下にある「PDF」のプルダウンメニューをクリック。その中から「PDFとして保存…」をクリックします。


保存画面でセキュリティオプションをクリック
保存画面。もしPDFにパスワードをかけたいなら「セキュリティオプション」をクリック。


PDF セキュリティオプション
「書類を開く時にパスワード要求」「コンテンツをコピーする時にパスワードを要求」「プリントする時にパスワードを要求」など、場面に応じてパスワードを設定できます。


ホームページをPDFに変換したい時は…

Googel Chrome 印刷
Google Chromeだと、ファイルメニューから「印刷…」をクリック。


Chrome システムダイアログを使用して印刷
「システムダイアログを使用して印刷」をクリックすれば、通常のプリント画面に切り替わります。あとは上記方法で「PDFとして保存…」すればOKです。


2つ目の方法なら、アプリにPDFで保存する機能がなくても「プリント」メニューがあればPDFに変換することが可能です。

Mac初心者の方、ぜひお試しを。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。