イヤホンジャックが廃止されたiPhone 7で、充電しながら既存のイヤホンを使いたいならこれしかない

iPhone Lightning dock 正面

Bluetooth専用イヤホンが浸透するまで、しばらくLightning Dockが売れまくるかも。

イヤホンジャックが廃止されたiPhone 7/7 Plus。

それにより、iPhone本体付属のイヤホンは新しいLightning端子専用のものに変更されました。ただ、これだと従来のイヤホンを使いたいユーザーが困るので、新イヤホンと一緒に、Lightning端子 ⇔ 3.5mmヘッドフォンジャックの変換アダプタも同梱されるようになりました。

スポンサーリンク

iPhone Xまでアダプタが付属

Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ
Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ。iPhone 7/7 Plusに付属されます(iPhone Xまで付属されましたが、それ以降のモデルでは付属されなくなりました)。追加で欲しい場合は、Apple Storeで900円(税別)でも購入可能です。

ただ、いずれにしろ、iPhone本体のLightningポートがふさがってしまうので充電ができない。これは、Bluetooth専用イヤホンを使う時以外には避けられない状況です。

iPhone Lightning Dockが必要に

これに対して、アップルのワールドワイドマーケティング担当上級副社長のフィル・シラー氏が推奨しているのが、Apple 純正iPhone Lightning Dockを使う方法。

いちばん上の写真がiPhone Lightning Dock(ライトニング ドック)の正面からの写真。

そしてこれが背面。

iPhone Lightning dock 背面
ライトニングドックの背面には、3.5mmヘッドフォンジャックとLightningポートがある。上部のLightningコネクタにiPhoneを接続し、ライトニングドックのヘッドフォンジャックにイヤホンをさせば音楽が聴ける。さらにLightningポートに充電ケーブルをさせば、iPhoneの充電も可能、というわけです。


ただこれにも一点落とし穴が。

3.5mmのヘッドフォン端子のイヤホンならこの方法が使えますが、Lightning端子専用の新しいイヤホンには使えません。新しいLightning端子のイヤホンを使いながら充電するなら、ライトニングドックにもう一つLightningポートが必要です。

どうせならiPhoneに付属するイヤホンは、新発表された無線のAirPods(エアポッズ)にしてくれればよかったのに。そうすればすべての問題が解決するんですが、さすがにそれは無理か。

ヘッドフォンジャックの廃止により、イヤホンも無線化されたってことは、今度はいよいよ充電も無線化されそうな予感。

iPhone 7sまたは8ぐらいから採用されるかもね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!