6,500万曲が99円!
音楽6,500万曲聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で4ヶ月間たったの99円!→ 詳しくはこちら

iOS 10にアップデートしたら電話「着信を常に知らせない」がデフォルト設定に!これってどういうこと?

iOS 10にアップデートしたら「着信を常に知らせない」がデフォルト設定に!対処方法あり。

今までのiOSの歴史上、最大のアップデートであるiOS 10がリリースされました。

よりカスタマイズの幅が大きく広がった「メッセージ」、美しくリニューアルされた「マップ」、使えるアプリが増えた「Siri」、過去の記憶を呼び起こせるメモリー機能が追加された「写真」などなど、いろんなアプリが大幅アップデートされてます。

僕も早速アップデートをやってみました。

スポンサーリンク

違和感を感じたiPhoneのロック解除

ダウンロードからインストールまで、約1時間ほどかかりました。

途中で進行状況を表示する白いバーが止まってたので、アップデートに失敗したかと思いましたが、そのまましばらくすると無事に進んでくれました。

iOS 10 ソフトウェアアップデート

インストール後、まず最初に違いを感じたのが、Touch IDを使ったiPhoneのロック解除。

僕はiPhone 6 Plusを使ってまして、これまではホームボタンを押す、一旦指を離してお気に入りの壁紙を眺める、再び指を当ててロックを解除という流れでやってました。

それがiOS 10からは、一旦指を離してしまうとホームボタンを1回押し込まなければロック解除されなくなりました。

これには違和感がありましたね。

ホームボタンを押したあと、そのまま押し続ければ解除できるみたいですが、それだとたまにSiriが立ち上がってきたりしてしまう。もうちょっと慣れが必要かな。

ちなみに、iPhone 7/7 Plus、iPhone 6s/6s Plus、iPhone SEでは、iPhoneを持ち上げるだけで解除できる「手前に傾けてスリープ解除」機能が利用できます。

○ 追記 9月15日:解決策がようやくわかりました。ホームボタンを押し込んだあと、そのまま指を押し込まず触れた状態で待ってれば、ロックが解除されることが判明しました。これなら素早くロック解除できます。(ホームボタンをずっと押し込んだ状態であれば、指を離したときにロックが解除されます。)

○ 追記 9月19日:以前のロック解除方法に戻せる方法が分かりました〜。
iOS 10でロック解除に違和感... 解決!ボタンを押さずに触れただけでiPhoneを開く方法

電話「着信を常に知らせない」の意味は?

その次に見つけたのが、電話の着信設定。

着信の欄にある「着信を知らせる」という項目がデフォルトで「常に知らせない」に設定されてました。

これって、おかしいよね?電話がかかってきても着信が分からないってことだよね?と思って、別の電話から自分のiPhoneに電話をかけてみました。

すると普通に着信音が鳴って、かかってきた電話番号も表示されてる。

はて???

どういう意味か調べてみると、これは着信時にSiriが相手の名前を読み上げてくれる機能でした。分かりにくいなぁ、これは。

iOS 10 電話の通知設定
というわけで、この設定は「常に知らせる」にする必要はありません。

お使いの状況に合わせて設定してください。

iPhoneのディスプレイをすぐに確認できない、車の運転中ややヘッドフォンをしている場合には、オンにしておくと便利ですね。

○ 追記 12月13日:iOS 10.2がリリースされ、「着信を知らせる」→「音声で知らせる」に変更されました。これだと勘違いが減りますね。


iPhone 7/7 Plusの在庫不足が解消されてきたせいか、強化ガラス液晶保護フィルムが売れてますねぇ。

AmazonでiPhone 7で検索してトップに出てくるのがこのAnkerの保護フィルム。星4.3の高評価です。

僕はiPhoneの前面には何もつけない派なんだけど、究極のクリーニングクロスのキョンセームで拭いたら小さな小さな傷を見つけてしまいました。

やっぱり何もつけなかったら傷はつきます、確実に...。傷から守りたいなら液晶保護フィルムは必須ですね。

スポンサーリンク

記事についてのご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。