聴き放題 4か月無料!
1億曲以上が聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で通常1か月無料→3か月無料に!1/11まで

AnkerのMagSafe対応スマホリングとiPhone 12 miniの相性は?

Anker 610 マグネット式スマートフォンリング
Anker 610 マグネット式スマートフォンリング

AnkerのスマホリングはiPhone 12 miniだと厚みがネックになる

長年iRingを愛用してまして、iPhone 12 miniに機種変更してからはiRingをMagSafe対応にして使ってました。

これこれ!iRingをMagSafe対応にしたら最高だった!ワイヤレス充電も簡単♪

その後、ZNX iPhoneリングを買ってから5ヶ月以上が経過。

当初気になってたリング自体の強度もへたることなく快適に使えてます。

その間、MagSafe対応スマホリングの種類も豊富になり、Amazonの「スマートフォン用ホールドリング」カテゴリでAnkerの『Anker 610 Magnetic Phone Grip』がベストセラーになってたので、試してみることにしました。

PR【ポイント最大44倍】楽天スーパーSALE開催中! ショップ買いまわりと各ショップ個別設定&SPUでポイント最大44倍!12/4 20:00〜12/11 01:59まで
スポンサーリンク

Anker 610 MagGoリング 開封と特徴

Anker 610 MagGoリング パッケージ
Anker 610 MagGoリング パッケージ
パッケージの中身
パッケージの中身

同梱物は、リング本体と説明書類のみ。


Anker 610 MagGoリング 本体
Anker 610 MagGoリング 本体

主な特徴はこちら。

  • マグネットでピタッとくっつくMagSafe対応のiPhone 13/12 専用「MagGoシリーズ」のアクセサリー
  • 約800gまでの荷重に耐える強力マグネット
  • マグネット式なので着脱が簡単
  • MagSafe対応ケースにも対応
  • 計5種類のカラーバリエーション
  • 最大30ヶ月保証


Anker 610 MagGoリング 表と裏
左が表側(磁石なし)で右が裏側(磁石あり)。裏側をiPhoneのMagSafeにくっつけて使います。

表側はマグネットが効かないので、リングを装着した状態で他のマグネットにつけようとしてもくっつきません。

リング部分の質感はとてもサラサラしてます。触り心地がとても良いです。


ピークデザインのiPhoneエブリデイケースとAnkerのスマホリング
MagSafeに対応しているピークデザインのスマホケースで使ってみました。

アンカーのロゴ部分を軸にリングが動きます。


リングの最大傾斜角度
リングの最大傾斜角度。130度ぐらいまで動かせます。

実際に使ってみた感想

Ankerスマホリングを使ってみた
長いことiRingを使ってたので、リングがiPhone背面の中央に無いことにまだ慣れてませんが、使い勝手は悪くないです。

目的であるiPhoneをホールドすることは問題なくできてます。


写真や動画撮影時もホールド感良し
写真や動画撮影時もホールド感は良いです。


Apple純正シリコンケースでも使ってみました。

リングの取り出しやすさ
最初はリングを起しにくいかなと思ってましたが、実際に使ってみるとiRingと大して変わらない感じ。

数日使ってたらまあまあスムーズに起こせるようになりました。

iPhoneを手に持ってる時のホールド感は問題なかったんですが、気になったのがスタンドとして使う時のガタツキ。

リングの厚みがスタンド時に邪魔になる

リング本体の厚みの比較。

iRInguと厚み比較
左から自作iRing、Ankerのスマホリング、ZNXのスマホリング

両サイドのリングは中央部分が一番盛り上がってるため、畳んだ状態で机の上などに置くとグラグラしてしまいます。

一方のAnkerのスマホリングは平らなので、折りたたんだ状態でも安定して置けます。これはAnkerの優位な点ですね。

ただし、これがiPhone 12 miniだとマイナスに働きます

幅の狭いiPhone 12 miniではこの高さがネックに
iPhone 12 mini(iPhone 13 mini)は幅が狭いので、スマホリングとiPhoneの幅に空きスペースがほとんどありません。

一方、右側のZNXのスマホリングはiPhoneに密着してるマグネット部分が薄いです。

これが横スタンド時の安定性に影響を及ぼします。

横スタンド時の安定性に影響
Ankerのスマホリングを横スタンドした状態。

赤矢印部分を横から見ると…

角度が十分にあると安定してます
角度が十分にあるのでリングが机に当たらず安定してます。

この角度をちょっと倒すと…

立てたiPhoneの角度を倒した状態
上のAnkerはリングが接地面に当たって点でiPhoneを支える状態になってます

一方、下のZNXのリングはマグネット部分が薄いので、ある程度iPhoneを倒しても先にリングが当たることがないので低い角度でも安定して立てておくことが可能です。

iPhoneの接地面が浮いている
Ankerのリングでは角度が低いとiPhoneの片方が浮いてしまい。これだと左右にグラグラと揺れるので安定しません。

良い点・悪い点 まとめ

● 良い点
  • マグネットが強いので、軽く振ってもポロッとiPhoneが落ちることもない
  • MagSafe対応ケースで使ってもしっかりくっつきます
  • リングも予想してた以上に取り出しやすい
  • 表面がサラサラしてて持ってて気持ち良い
● 悪い点
  • 幅の狭いiPhone 12 miniだと横スタンド時に90度に近い角度じゃないと安定しない
  • リングの位置の自由度が高いのは良いが、場所が決まるまで何度も何度もリングを回すのでケースに跡が付きやすい

今まで複数のiRingを使ってきたため、どうしても比べてしまうのでちょっと厳しめなレビューになってしまいました。

これから使いたいか?と聞かれたら、正直なところZNXの方が好みです。

リング収納時に平らになって安定するのは良いんですが、それ以上のメリットを感じることができませんでした。表面のサラサラ感は好きなんですけどね。

リング収納時に平らになることを優先しないなら、ホールド力とスタンド時の安定性を考えたらZNXの方がスマホリングとしてはおすすめです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!