Chromeのタブを開きすぎてタイトルが分からない場合の対処方法

Google Chromeのタブを開きすぎてページタイトルが分からない…

ページタイトルのチェックには機能拡張「Show Title Tag」が便利

Google Chromeのタブを開きすぎると、タブにはサイトアイコン(favicon)と3文字ぐらいしか表示されなくなり、ページタイトルをチェックすることができません。

また、タブを開きすぎてなくても、Chromeの場合は14文字ぐらいしかタブにタイトルが表示されません。タイトル名が長い場合は、ソースコードをチェックしなければなりません。それはちょっと面倒。

そんな時はGoogle Chromeの機能拡張「Show Title Tag」が便利です。

スポンサーリンク

Google Chromeの機能拡張「Show Title Tag」の使い方

まずはGoogle Chromeで「Show Title Tag」の機能拡張ページへアクセスします。

「Show Title Tag」の機能拡張ページ

ダウンロードはこちらから。
Google Chrome 機能拡張「Show Title Tag」


Chromeに追加すると、ページ右下に小さくタイトルが表示されるようになります。

Show Title Tagを機能拡張に追加すると、右下にタイトルが表示される


ちょっと小さいのでこれを拡大してみると…

Show Title Tagでページタイトルが表示される

ページタイトルが表示されます。長いタイトルも全部表示されてますね。

右側にある「指矢印」のアイコンをクリックすると…


タイトル表示がページ左下に移動

タイトル表示がページ左下に移動。指矢印が「上」に変わってますね。

これをまたクリックすると…


タイトル表示がページ左上に移動

今度はタイトル表示がページ左上に移動。指矢印も「右」に変わってます。

これをクリックすると…


タイトル表示がページ右上に移動

タイトル表がページ右上に移動。

このように、ページ内の好きな角にタイトル表示を常駐させておくことが可能です。


最後に、指矢印の右にある目アイコンをクリックすると…

タイトル表示が最小化される

タイトル表示が最小化されます。

要らないときは最小化しておけば気になることもありません。

まとめ

ホームページを作って、最終チェックする際に重宝しそうですね。

ページタイトルを簡単にチェックするには必須の機能拡張です。


その他、画像のAlt属性タグもチェックできる機能拡張「Popup Image Alt Attribute」も一緒に入れてみましたが、こちらはうまく動作せず。これもちゃんと動けば、最終チェックに役立つんだけどなぁ。

その他にも、普段の作業をスピードアップさせる機能拡張がまだいろいろありそうなので、積極的に使ってみようと思います。

知らなかった方は是非お試しを〜。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。