いつでもどこでも同じ書類を同じ環境で編集できるiCloudのPagesが便利!重宝してます♪

  • 更新:
  • 公開:2014.2.12
  • by
  • カテゴリ:アプリ

iCloudへサインイン

ブログの下書きに使っているiCloudのPagesがすごく便利なのでご紹介。

普段はiMacやMacBook Airを使ってブログの記事を書いていましたが、最近ではこのPagesを使うようになって、ちょっとした空き時間にもiPhoneやiPadでブログを書くことができるようになりました。

スポンサーリンク

通常は1エントリーあたり、平均して30分ぐらいの時間をかけて書いていますが、たまにそれだけじゃ終わらない場合があります。

そんな時に重宝しているのがiCloudのPagesです。

何がそんなにすごいのかというと...。

MacでもiPhoneやiPadでも、更にはWindowsでも同じ書類を同じ環境で編集することができるんです。

箇条書きでポイントをまとめてみるとこんな感じ。

最上部の画像は、WindowsでiCloudにアクセスしたもの。

Apple IDとパスワードを入力してサインインします。

サインインするとPagesだけじゃなく、メール、連絡先、カレンダー、メモ、リマインダー、iPhoneを探す、Numbers、Keynoteも編集することが可能です。


WindowsでiCloudのPagesにアクセス

WindowsのChromeで開いたPagesの一覧画面がこれ。

書類をダブルクリックすると新規ウィンドウが開いて編集ができます。

書類を右クリックすると、書類をダウンロードしたり、複製や削除も簡単にできます。


iPad版Pagesの画面

こちらがiPad版のPages。(iPhone版もほぼ同じです。)

Windows版とほとんど同じなので、なんにも迷うことなく続きを編集できます。


Mac版のPagesは2,000円なんですがブラウザで動くので、MacやWindowsで編集するときも同じ画面を操作することができます。

いろいろと同期できるテキストアプリがありますが、今のところ僕にとってはこれがベストかなと。

無料だし、使わない手はないですね。便利ですよ、これ♪

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。