電子書籍のエルパカBOOKSサービス終了!購入した電子書籍はもう二度と読めない…

  • 更新:
  • 公開:2014.1. 8
  • by
  • カテゴリ:Webサービス

エルパカBOOKS(電子書籍)サービス終了のお知らせ

電子書籍はこういうことがあるから完全に信用できないんだよなぁ。

ローソンのAndroid向け電子書籍サービス「エルパカBOOKS」が2014年2月24日にサービス終了となることが発表されてます。

個人的にエルパカは利用していなかったので、痛手はないんですが、その対応が何というか、まぁ、ヒドイですよ。

スポンサーリンク

エルパカBOOKS(電子書籍)サービス終了のお知らせ | エルパカBOOKS

サービス終了後は、購入済書誌含め、一切のエルパカBOOKSの「電子書籍サービス」をご利用いただけません。(書誌新規購入・再ダウンロード・購入済書誌閲覧含む)

サービス終了後は購入済みの本でも二度と読めません

サービス終了後は、これまで購入した電子書籍は、もう二度と見ることはできません。

その代わり、ユーザーには購入済みの書籍代金を返金・・・、してくれるわけではなく、Pontaポイントで返金してくれるそうです。


この対応は痛いですねぇ。何万円もかけて蔵書を築いていた方もいらっしゃるでしょうに。

Pontaポイントで返金してくれても、そのポイントを使える電子書籍サービスはないし、ローソンでお買い物することにしか使えません。


こういうことがあると、電子書籍をどんどん買おうという気がなくなってきます。

電子書籍はあなたのものではない

紙の本の場合、買ってしまえば所有者の物になり、一生読み続けることができます。しかし、電子書籍の場合はその本を見る権利・サービスを利用する権利があるだけです。

電子書籍はアマゾンのkindleでしか購入していませんが、アマゾンの規約を読んでみると…

Kindleコンテンツのダウンロードおよび当該料金(適用される税金を含む)の支払いが完了すると、当該コンテンツプロバイダーからお客様に対して、Kindleやリーダーアプリケーションまたはその他本サービスの一部として許可される形で、Kindleストアより指定された台数のKindleまたは対象機器上でのみ、お客様個人の非営利の使用のみのために、該当のコンテンツを回数の制限なく閲覧、使用、および表示する非独占的な使用権が付与されます。


Amazon.co.jp ヘルプ: AMAZON KINDLEストア利用規約

さらには、

Kindleコンテンツは、コンテンツプロバイダーからお客様にライセンスが提供されるものであり、販売されるものではありません。

支払いが完了したら、回数の制限なく閲覧・使用・表示することができます。ただ、ライセンスが提供されるだけで、その電子書籍は販売されるものではなく、あなたのものではありませんよ、ということが書かれています。


電子書籍を利用している人は知っておいた方がよい情報ですね、これは。

個人的にはそんなことを気にせずにバンバン電子書籍を購入していましたが、今後はちょっとポチッとする頻度が減るかも…。


アマゾンではKindle MatchBookというサービスがアメリカで始まっていますが、真に望むのはその逆のサービス。

気になった方は詳しくはこちらのエントリーをどうぞ。
日本でのサービス開始が気になる...アマゾンの「Kindle MatchBook」ただ、真に望むのは...

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。