iPhone内の写真情報 [EXIFデータ] を表示してくれるアプリ PhotosEXIF or Exif Viewer が便利

写真情報ビューア Exif Viewer 一覧画面

iPhoneに保存している写真って「いつどこで撮ったっけ?」「サイズはどれぐらい?何MB?」などと思ったことありませんか?

そう思うのは当然で、iPhoneの写真アプリではそういう情報が一切分かりません。でも、iPhoneで撮影した写真には、写真に関する情報をまとめたEXIFデータとして、キチンと保存されています。

「PhotosEXIF」または「写真情報ビューア - Exif Viewer」では、その名の通り写真のEXIFデータをチェックできる無料アプリです。

スポンサーリンク

■追記:2015.8.20
「PhotosEXIF」がダウンロードできなくなってましたので、フリーで使える「写真情報ビューア - Exif Viewer」を使ってみました。ちゃんと情報が分かったので、こちらも情報掲載しておきます。

「PhotosEXIF」アプリの場合

「PhotosEXIF」アプリの画面

PhotosEXIFでカメラロールを見てみたところ(左)と、個別写真の詳細画面(右)。

撮影日時や写真のファイルサイズ、そして縦横のサイズが確認できます。「none」と書かれている部分には、カメラで位置情報サービスをオンにしている場合に、撮影した場所の緯度と経度が表示されます。

写真をタップすれば、個別のEXIFデータをさらにチェックできます。モデル(撮影したカメラ)やISO、露出モード、露出プログラム、測光方式、露出時間、絞り値、レンズ焦点距離、フラッシュ、といった細かな情報を表示してくれます。

「写真情報ビューア - Exif Viewer」アプリの場合

写真情報ビューア - Exif Viewer 一覧画面

写真情報ビューア - Exif Viewer を開くと、写真一覧が表示されます。写真アプリと項目の並びがちょっと違いますが、気にせず知りたい項目をタップ。カメラロールを開いてみると、写真の上に「サイズとファイル形式」「撮影日」がズラーッと表示されてます。これはわかりやすいかも。


写真情報ビューア - Exif Viewer 詳細画面

写真をタップすると、写真が拡大表示され「撮影日」「サイズ(データサイズ)」「ファイル形式」がシンプルに表示されます。左下の虫眼鏡アイコンをタップすれば、詳細を確認できます。

PhotosEXIFは項目が日本語名だったので分かりやすかったんですが、写真情報ビューアの方は英語ですね。これでも知りたい情報はわかるので問題なし。無料だし、これで十分です。


カメラロール内の写真が膨大になって、「これっていつどこで撮ったっけ?」なんてことがよくあるので、そんな時にとても重宝しそうなアプリたちです。

コンピュータで写真を管理していない人にとっては、特に便利かも♪

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。