今だけ1,960円→99円
kindleunlimited読み放題が今だけ3か月間99円!ブラックフライデー&サイバーマンデー価格です。→ 詳しくはこちら 12/1まで

毛穴吸引器で鼻の黒ずみ吸ってみた!おじさんの黒い毛穴はどうなる?閲覧注意

毛穴吸引器で鼻の黒ずみ吸ってみた!おじさんの黒い毛穴はどうなる?閲覧注意

40代おじさんの毛穴を吸引機でケアしてみた

1月半ほど前ぐらいから、40年以上手入れしてこなかった毛穴の黒ずみを取るケアをはじめました。

鼻の黒ずみ除去ビフォーアフター!2週間でおじさんの黒い毛穴はどうなった?

2週間定期的に泥パックをやってたらずいぶん黒毛穴がなくなってきたんですが、まだまだ完全になくなるには程遠い。

というわけで、それからも3日に1回は泥パックケアをやってたんですが、なかなか効果が出てこない&梅雨に入って蒸し暑い日が続いてくると、どうも面倒になってくる。

3日に1回だったのが5日に1回になり、1週間に1回になり、最近では2週間に1回ぐらいしかやれてませんでした。

その結果、現在の鼻の黒ずみはこんな状況になってます。

以下、おじさんの鼻の毛穴のドアップ写真や取れたドロドロの角栓(皮脂)の写真が出てきます

閲覧注意です!汚いものを見たくない人は、ここから先は見ないように。

PR【今だけ1,960円→99円】kindle unlimited読み放題がブラックフライデー&サイバーマンデー価格で今だけ3か月間99円!Amazonの電子書籍kindle本を読み放題で楽しめるkindle unlimitedが期間限定で99円!いつでもキャンセル可能。→ 登録はこちら 12/1まで
スポンサーリンク

目次

  1. ビフォー 現在の鼻の毛穴の写真
  2. 毛穴吸引器 写真レビュー
  3. 2,587円の毛穴吸引器 実際に使ってみた
  4. 吸引結果!どれだけ角栓が取れた?黒角栓は?
  5. まとめ
  6. 黒ずみをもっと効果的に落とす方法

ビフォー 現在の鼻の毛穴の写真

これが現在の鼻の毛穴です。

ビフォーの鼻の毛穴写真
40年以上手入れしてこなかった時と比べると、ずいぶんと黒角栓が減ってます。

ただ、大きな黒角栓はないものの、小さな黒角栓や茶色いメラニン毛穴がチラホラと。

正直、これ以上やっても黒毛穴は完全に無くならないんじゃないかなと思ってしまってるんですが、もうちょっとどうにかしたい!という気持ちがまだ残ってたので、

毛穴吸引器

を買ってみました。

毛穴吸引器 写真レビュー

毛穴吸引器 写真レビュー
これが今回購入した毛穴吸引器。価格は2,587円と格安でした。

Amazonで6月上旬に購入したんですが、現在はすでに取り扱われてません。

Amazonではたくさんの毛穴吸引器が販売されてますが、星5が90%を超えているようなものは偽レビューの可能性が高いので、注意してください。あと、安すぎるものも避けたほうがいいかも。

日本のものだとパナソニックの毛穴吸引器『スポットクリア』が有名ですね。海外製のものが心配ならこちらがおすすめです。多分、機能はそんなに大きくは変わりません。


毛穴吸引器 パッケージ一覧
毛穴吸引器、パッケージ一覧。中国製の商品でしたが、日本語の説明書もついてました。

そのほか、大きさの違うヘッド5種、交換用のスポンジとゴム、本体と充電用のUSBケーブルも付属してます。


形の違う交換可能なヘッド
交換可能なヘッドが5つ付属してます。穴が小さいと吸引力は弱く、大きくなるにつれて強くなります。

楕円形のものは顔のたるみのリフトアップ用です。

敏感肌で皮膚が弱いので、今回はいちばん左の小さな穴のヘッドを使いました。


ボタンは二つついてます
ボタンは2つ。上の電源ボタン/1-5速の切り替えボタンで、吸引力の強さを5段階で切り替えられます。


下のボタンはフォトンランプ用
下のボタンはフォトンランプ用です。押すたびに、赤→緑→青のLEDが切り替わります。

説明書には美肌に効果があると書かれてましたが、正直、効果があるとは思えなかったので、今回これは使ってません。


底面に充電プラグを差し込む
底面にはmicroUSBの充電差込口があります。


充電はモバイルバッテリーで行いました
充電はモバイルバッテリーで行いました。フル充電で120分間使えます。

2,587円と安かったのであまり期待してませんでしたが、意外に作りや付属品もしっかりしてるので安心しました。

2,587円の毛穴吸引器 実際に使ってみた

毛穴吸引器を使う前に、レンジで温めた蒸しタオルを顔にあてて毛穴を開いておきます

説明書には「黒ずみ対策美容液をつけた化粧用コットンを3分間あてます」と書かれてましたが、持ってなかったので普段使ってるクレンジングオイルを鼻周辺に塗って皮脂を浮かせておきました。


毛穴吸引器を使用
小鼻の角栓を取るため、ヘッドはいちばん小さい穴のものにしました。

また、事前に手のひらなどで吸引の強さを確認しておきます。

意外と吸引力が強かったので、いちばん弱い「1」でやりました。


毛穴吸引器で角栓を取ってる写真
「1」でも肌が持ち上げられるぐらいの強さがあります。

ちょっと鼻の頭が赤いですが、1箇所に3秒以上あてると内出血の恐れがあるので、ゆっくり肌に沿って動かしながら角栓を吸引していきます。

特に黒角栓が目立つ部分を中心に、2〜3分ほど吸引しました。

吸引結果!どれだけ角栓が取れた?黒角栓は?

これが吸い出した角栓です...。

吸引結果!どれだけ角栓が取れた?黒角栓は?
1週間前に泥パックやってたので、そんなに取れないだろうと思ってましたが、意外と取れました。

透明のクレンジングオイルに混ざって、ところどころに白い角栓(皮脂)がついてるのが分かります。


綿棒で角栓をすくってみた
綿棒をヘッドの内側に入れて、角栓を全部すくってみました。

綿棒全体が黄色になってところどころに黒い毛も見えますね。かなり角栓が取れました。


スポンジにはクレンジングオイルが付着してました
ヘッドの奥にあるスポンジにはクレンジングオイルが付着してました。

これも外して洗えます。

これで黒い毛穴がどうなったかというと...

左の小鼻のビフォーアフター
左の小鼻のビフォーアフター。

ん〜、若干赤丸の部分の黒い角栓が若干減ったかな。


右小鼻のビフォーアフター
右小鼻のビフォーアフター。

ん〜、こちらも赤丸の部分の黒ずみが、若干なくなったかな?という程度でした。

まだまだ毛穴が黒い...

まとめ

黒ずみ(黒角栓)に関しては、正直思ってたほど取れなかったので、ちょっと残念な結果になりました。

ただ、角栓はドロドロになるぐらい取れます。これには正直驚きました。

毛穴吸引器をやった後の鼻のスベスベ感は今までで最強かもしれません。

これでお肌に優しいなら尚良かった。。

今回は、初めてだったので5段階のうち最弱の「1」でやりましたが、もうちょっとこなれてくると「2」や「3」でもできるようになるかなと。

そうすればもう少し黒角栓を減らせると思います。

ただし、吸引力が強いのでくれぐれも3秒以上は同じ場所で吸引しないこと。

さらに、毎日やると肌を傷めるので1週間に1回とか、ある程度の期間を空けてやるようにします。

毛穴吸引器を使った後は、毛穴が開いている&肌を若干痛めているので、化粧水や保湿液を使ってアフターケアをお忘れなく。

黒ずみをもっと効果的に落とす方法

今回、毛穴吸引器を使った方法をやってみましたが、所詮は化粧品に疎い中年男性のやり方です。あと、お肌が弱い人にはあまりすすめられません。

なので、もっと毛穴の黒ずみを効果的に優しく落としたいなら毎日のクレンジングを変えるのが効果的

そこで、毛穴の黒ずみや角栓トラブルに敏感な世の女性が何を使ってるのかと調べてみると、美容液成分配合のメイク落とし『ホットクレンジングゲル』が、国内販売1,200万本突破し、国内売上シェア第1位とのこと。さらに、モンドセレクションも11年連続金賞受賞です。

メイク落としって男性には使えないような気もしますが、毎日のハードワークで溜まりに溜まった男性の皮脂もきれいに落としてくれます。

彼女や奥様がいる場合は一緒に使ってみるのも良さそう。

今なら初めての方限定のキャンペーンが開催中です!

定期コースお申し込みで通常価格から20%OFF

さらにスキンケアサンプル7日分(朝用洗顔料7包、オールインワン美容液ノーマルとモイストを各7包ずつ)マナラオリジナルポーチがもれなくもらえます!
※サンプル内容は変更になる場合があります。

黒ずみゼロの実感力をこの機会にお試しください。

詳しい特徴・使い方・購入方法は下記公式サイトからどうぞ。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。