夜の回線速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)は速かった。
→ 通信速度制限を気にせずに自宅でガンガンインターネットを楽しんでます。

iPhoneに空き容量を!使ってないアプリを自動で削除する方法。使いたいときにはすぐ使えます。

iPhoneに空き容量を!使ってないアプリを自動で削除する方法。使いたいときにはすぐ使えます。

iPhoneをずーっと使ってると、使ってないアプリがどんどんと溜まっていきます。定期的に整理しないと、iPhoneのストレージを圧迫して空き容量がどんどんなくなっていきます。そうなると、iCloudのストレージで有料プランを契約しないといけなくなってしまいます。

そんなときに便利なのが、iOS 11から追加された使ってないアプリを自動的に削除する機能です。これを設定しておけば、使ってないアプリで空き容量を圧迫されることもなくなります。

さらに、アプリが削除されてもアイコンは残るので、使いたいときに以前と同じ状態で使用することが可能です。

スポンサーリンク

使ってないアプリを自動削除する設定方法

まずは、「設定」→「iTunes StoreとApp Store」を開きます。

非使用のAppを取り除く
非使用のAppを取り除く」をオンにするだけで設定完了。

ここにも書かれている通り、使用していないAppは自動的に取り除かれますが、すべての書類とデータは保存されます。AppがApp Storeにまだある場合は再インストールするとデータは元に戻ります。


iPhoneストレージ
これを設定することで、iPhoneストレージの容量を確保することができます。僕のiPhone Xはまだまだ空き容量がたくさんあるので、あまり恩恵を受けませんでした。ただ、無駄なものは削除しておきたいタイプなので自動削除はオンにしておきました。


ダウンロードアイコン
取り除かれたアプリはアイコンは残ってますが、名前の左側にダウンロードアイコンがついてるので、ひと目で確認できます。

アプリは個別で取り除くことも可能

アプリは、この自動削除の他に、個別で削除することもできます。「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」でアプリを選択。

アプリを個別で取り除くことも可能
Appを取り除く」だとアプリのみ削除され、書類とデータは保持されます。

Appを削除」だと、アプリとアプリに関連するすべてのデータがiPhoneから削除されます。

お持ちのiPhoneのストレージ状況に応じて定期的に整理すると管理がラクですよ。お試しを。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。