iPhoneでホームページ(webページ)を簡単にPDFに保存(変換)する方法

iPhoneでWebページを簡単にPDFに保存する方法
iPhoneでWebページをPDFに保存する方法

保存したいWebサイトを簡単PDF保存!

iPhoneのSafariでホームページを見てると、「あぁ、このページ保存しておきたいなぁ」とか「デザインの参考にそのまま保存したい」ということがたまにあります。

PocketとかInstapaperなどの後で読むサービスを使うのもいいですが、今回紹介するだとiPhoneにそのまま保存できるので、インターネットにつながっていないオフライン状態でも確認することが可能です。

今回はSafariを使った方法をご紹介。Google Chromeでは同じことができなかったので、PDF保存するときはSafariを使ってください。

PR【最大10%ポイント還元】春のお買い得ビッグセール開催! Amazonにて新生活セールが開催。価格が安くなってるのはもちろん、合計10,000 円以上のお買い上げを対象にポイント還元率がアップ。プライム会員&Amazon Mastercardで4.5%ポイントアップ!生活/理美容/健康/大型家電はさらに5.5%ポイントアップ。この機会にまとめ買い!数量限定品は在庫がなくなり次第終了です。3/5 23:59まで
スポンサーリンク

iPhoneでWebページをPDFに保存する方法

今回の作業環境はiOS 17.2.1です。今後、バージョンアップで仕様が変更になる可能性があります。現に、以前ブログで紹介した時のiOS9(最下部に記載)では「PDFをiBooksに保存」という項目がありましたが、いつの間にか消えてました。

以下、iOS 17、Safariを使った方法です。

Safari共有ボタンからオプションをタップ
左:保存したいWebサイトを表示させて画面下にある共有ボタンをタップ。
右:オプションをタップ。


送信フォーマットをPDFにして保存するアプリを選ぶ
左:送信フォーマットを「PDF」に変更する。
右:保存したい(PDFを送る)アプリを選択する。今回はメモアプリに保存します。


メモアプリにPDFが保存されました
左:メモの場合は保存先とテキストを追加することが可能です。
右:メモアプリにPDFが保存されました。これはA4のフォーマットです。

PDFの書式やサイズを変更したい場合は…

保存するPDFのサイズをプリントから変更する
左:「プリント」をタップ。
右:「用意サイズ」を好きな大きさに変更します。範囲やサイズ調整も可能です。

この方法なら簡単にWebサイトをPDFに保存できます。自分でオフラインで確認できますし、誰かに送るのも簡単です。

ぜひお試しください!

iOS 9 の時の保存方法

PDFに保存(変換)したいホームページをSafariで表示します。

Safariのシェアアイコン→PDFをiBooksに保存をタップ
Safariのメニューバーの下にある「シェアアイコン」をタップ。次に、上段を右にスクロールし「PDFをiBooksに保存」をタップ。


PDFを作成中 PDFの作成が完了
すると、「PDFを作成中」と表示され、iBooksで作成されたPDFが表示されます。

今回は、試しにこのブログのトップページをPDFにしてみました。全部で16ページのPDFになりました。


意外とキレイに作成されたうちのトップページ
パラパラと見てみましたが、意外とキレイに仕上がりました。iBooksの本棚にもちゃんと保存されました。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!