iPhoneのカメラで撮影モードを保持する方法

iPhoneのカメラで撮影モードを保持する方法

iOS 10.2からカメラが自動的に「写真」モードに戻らないよう設定可能に

iPhoneやiPadでよくカメラを使う人にはうれしい仕様変更です。iOS 10.2では、「写真とカメラ」の設定に新しく「設定を保持」という機能が追加されました。

これにより、カメラが自動的に「写真」モードに戻らずに、最後に使ったモード(“ビデオ”や“スクエア”など)を保持するようになります

スポンサーリンク

iPhoneのカメラで撮影モードを保持する方法

デフォルト(初期状態)ではこの設置はオフになっているので、モードを保持する場合は設定が必要です。

まずiOS 10.2のiPhoneで「設定」アプリを開きます。

設定アプリで「写真とカメラ」→「設定を保持」をひらく
「設定」→「写真とカメラ」→「設定を保持」と進みます。

「設定を保持」で「カメラモード」をオンにする
上から「カメラモード」「フォトフィルタ」「Live Photos」の設定を保持できるようになりました。

カメラモードをオンにすると、自動的に“写真”モードに戻らずに、最後に使ったモード(“ビデオ”や“スクエア”など)を保持してくれます。

フォトフィルタをオンにすると、自動的に“なし”に戻らずに、最後に使ったフィルタ(“クローム”など)を保持します。

Live Photosをオンにすると、自動的にオンの状態に戻らずに、Live Photosの設定を保持します。


僕の場合は、カメラモードとLive Photosをオンにしておきました。ビデオを使うことが多いのと、Live Photosはほとんど使わないので。

それぞれ、自分が使いやすいように設定しておくと便利ですね。


ちなみに、僕のiPhone 7 Plusで試してみましたが、それぞれ「設定を保持」でオンにしなくても、カメラが「写真」に戻ったり、Live Photosの設定が戻ることはありませんでした。バグ?まぁ、今後のアップデートで正しい動きに調整されると思うので、設定しておきました。

以上、「iPhoneのカメラで撮影モードを保持する方法」でした。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。