消費電力たった100Wで足元ホカホカのフットヒーター。無音・無排気なのでデスクワークにも最適!

消費電力たった100Wで足元ホカホカのフットヒーター。無音・無排気なのでデスクワークにも最適!

1時間の電気代が約2.7円のフットヒーター。無音・無排気で仕事中でも安心。 

足もとの冷えがつらいときに便利なフットヒーター。暖房は入ってるけど足もとがどうしても冷たいときに重宝します。そんなフットヒーターを含む足温器・小物暖房器具カテゴリで、Amazonベストセラーになっているのが『APIX フットヒーター AFH-108』。

消費電力100W、無音・無排気、植毛加工、4時間自動OFF、シンプルスイッチという必要最低限の機能を備えたフットヒーターです。

スポンサーリンク

フットヒーターの速暖性

フットヒーターの速暖性
APIX フットヒーターは、100Wという省エネ構造にもかかわらず、45〜55℃の温度で足裏を快適に温めてくれます。指先まで熱が浸透するので、冷えた体もすぐにポカポカです。膝掛けと一緒に使えばさらに効果的。

通常の暖房だと、上半身だけ温まるのでボーッとしてきますが、これは足元から温めてくれるのでそんなことも一切ありません。暖房の設定温度を1〜2℃下げられるので省エネにもつながりますね。

APIX フットヒーター AFH-108の特徴

APIX フットヒーター AFH-108の特徴
APIX フットヒーター AFH-108は、シンプルで必要最低限の機能しか備えていない分、コストパフォーマンスが高い。ランニングコストも安いです。

  • 滑り止め効果がある植毛加工
  • 切り忘れ防止の4時間自動OFF
  • 無音・無排気
  • 足でも操作できるシンプルで大きなスイッチ

消費電力は最大使用時で100W。1kW/hを27円で計算すると、1時間あたりの電気代はたった2.7円です。10時間つけても27円しかかかりません。安すぎる。

本体も安いしランニングコストも安いので、冷え性の方が多い職場でまとめ買いしても導入コストが低いのはいいですね。


APIX フットヒーター AFH-108の特徴
本体サイズは、W400×D350×H110(mm)。

重量は約1.6kg。

コンセントはAC100VでOK。

電源コード長さは約1.6mです。


デスクやテーブルの下に置いて、足もとを温めるのに便利なフットヒーターです。無音・無排気なので、デスクワーク中の使用にも適しています。消費電力が低く、電気代が安いのにちゃんと温めてくれる。

足もとの冷えがつらい季節にぜひどうぞ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。