インターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

電気代4.5円と超安いのにこの暖かさ!パナソニックのパネルヒーター使ってみた

  • 公開日:
  • 最終更新日:
  • by
  • 空調・季節家電
パナソニック デスクヒーター 2段階温度調整 グレー DC-PKD4-H
パナソニック デスクヒーター DC-PKD4-H

電気代高騰によりセラミックヒーターからパネルヒーターに鞍替え!

寒さはやる気を奪う。

だから、デスクワーク中の足元を暖めるために山善のセラミックヒーターを購入。

Amazonで絶賛されている山善(YAMAZEN)のセラミックヒーターを購入

2010年に購入した商品なので、ものは古いですが12年経過した今でも現役で使えてます。現在は後継機のモデルに代替わりしてます。

今年の冬もお世話になろうかなと思ったんですが、気になるのが高騰している電気代。我が家も昨年と比べると10〜20%ほど電気代が上がってます。

セラミックヒーターの最大1200Wというドライヤー並みの消費電力のことを考えると、さすがにちょっと使うのを躊躇してしまいます。

スポンサーリンク

最近よく売れてる暖房器具

山善のセラミックヒーター
10年以上お世話になった山善のセラミックヒーター

そこで、代わりになるようなものがないかと調べてみると、電気代高騰により最近は消費電力が少ないパネルヒーターがよく売れてるとのこと(ワールドビジネスサテライトより)。

Amazonで「パネルヒーター」で検索すると知らない中国メーカーのものがどどどーっと出てきます。どれ買っていいのか分からなかったので、ちょっと高いですが安心を優先してパナソニックのデスクヒーターを買ってみることにしました

そのほか、蓄熱式の湯たんぽとかネックウォーマーやまるでこたつソックスなど、部屋全体を温めるより消費電力が少なくて済む自分自身を温めるアイテムが売れてるようです。

パナソニックのデスクヒーターレビュー

パナソニック デスクヒーター 2段階温度調整 グレー DC-PKD4-H
今回購入した『パナソニック デスクヒーター 2段階温度調整 グレー DC-PKD4-H』。パナソニックのパネルヒーターは「デスクヒーター」という名前で販売されてます。


1時間の電気代 約4.5円
主な特徴はこちら。

  • 勉強や仕事中に膝下を暖める暖房器具
  • 机の下にスッポリ入るサイズ
  • 1時間の電気代約4.5円(1kWh=27円で計算)
  • 標準表面温度(室温20℃の場合):強55℃、弱37℃
  • 床に座った状態なら背中にも使える
  • 動作音なし!無音なのでどこでも気にせず使える
  • 消費電力:強165W 弱82.5W
  • コードの長さ:1.8m
  • サイズ:高さ48cm×幅45cm×奥行き30cm
  • 重さ:2.2kg
  • 安全装置:抵抗付き温度ヒューズ

パナソニックのパネルヒーターの同梱物一覧
同梱物一覧。パネルヒーター本体と説明書のみ。シンプル。


使う前に柄のある表面を内側にしてしっかり折りぐせをつける
使う前に柄のある表面を内側にしてしっかり折りぐせをつけるようにします。包装されてる時の折りぐせが残った状態だと自立しない場合があるのでしっかり折ります。


シンプルな操作部
操作部は「切・弱・強」のみ。すごくシンプル。


パネルヒーターの裏面
パネルヒータの裏面。


裏面にはちゃんと「この面はうら面です」と案内あり
裏面にはちゃんと「この面はうら面です」と案内があります。上下の向きも指定されてるので間違えることはないでしょう。

裏面はフェルトのような感触。素材はポリエステルです。


操作部の背面
操作部の背面。QRコードをスマホのカメラで読み込むとパナソニックの製品登録ページにアクセスできます。


低温やけどや熱中症に注意
注意事項がしっかり記載されてます。低温やけどや熱中症(脱水症状など)をおこす恐れがあるので、注意事項を守って使いましょう。


パネルヒーターのサイズ
パネルヒーターのサイズ(実測値)。高さ49cm×幅45cm×奥行き30cm。重さは約2.2kg。

身長171cmの僕の場合、椅子に座った時にちょうど膝が隠れるぐらいの高さでした。


実際に使ってみるまでは、「本当にあったかいの?」と疑心暗鬼でしたが、これが本当に暖かい!

足から離しすぎるとあまり暖かくない
これぐらい足から離れた状態だと「強」ではじんわり暖かいぐらいです。


足に近づけて使うとぽっかぽか
しっかり足に近づけて使うとぽっかぽか。消費電力165Wでもちゃんと暖かい!

室温が20度を下回ると急に足元が寒くなってくるので、そんな時にポチッと電源を入れると、「あー、じんわり暖かいー♪」おかげで快適に仕事ができるようになりました!

セラミックヒーターのように3畳ほどの狭い僕の仕事部屋全体を暖めることはできないかなと思ってましたが、部屋の外に出て戻ってきた時に明らかに廊下とは温度が違う。

意外や意外、最大165Wのパネルヒーターでも狭い部屋なら少しだけ室温も上げてくれるようです。


パネルヒーターは電気代が安い!

セラミックヒーターとパネルヒーターの消費電力と電気代はこちら。

※電気代は1kWhあたり27円で計算
※電気代1日は8時間で計算
※電気代1ヶ月は30日で計算

セラミック
消費電力 1200w 600W
電気代1時間 32.4円 16.2円
電気代1日 259.2円 129.6円
電気代1ヶ月 7,776円 3,888円
パネル
消費電力 165w 82.5W
電気代1時間 4.455円 2.23円
電気代1日 35.64円 17.84円
電気代1ヶ月 1,069.2円 535.2円

パネルヒーターの電気代、安っ!

セラミックヒーターは普段は「弱」の600Wで使ってたんですが、やっぱり月に4千円ぐらいはかかってたんですね。

パネルヒーターの場合は「強」でもセラミックヒーター「弱」の約1/4の電気代!!!これはとても助かる!!!!!

暖かさも予想以上に暖かいので、これはもっと早くから使っておくべき暖房器具だったんだと、ちょっと後悔するぐらい。大満足してます!

満足してるが気になる点もあり

1週間ほど使ってますが、2点ほど気になるところがありました。

1点目は操作部

パネルヒーターの操作部
右端に操作部があるんですが、これが地味に操作しにくい。パネルヒーターが軽いから押して上げ下げしようとするとヒーター自体が動くし、「強」から「弱」にしようとノールックで操作したら「切」になってて寒い、ということが何度かありました。


パネルヒーターの操作部は上が良い
これ、右側じゃなくて右上に持ってきたほうが操作しやすいんじゃないかな?


2点目は柄のある表面の毛羽立ち

パネルヒーターの表面が毛羽立ってきた
表面が毛羽立ってきました。たまに靴下を履いた足で押すことは何度かやりましたが、それが原因ですかね?

ただまぁ、特に使用には影響はなさそうなので今のところ気にはしてません。

初めてのパネルヒーター まとめ

パナソニック デスクヒーター 2段階温度調整 グレー DC-PKD4-H

初めてパネルヒーターを使ってみましたが、予想以上に暖かくて驚きました!これ、間違いなく勉強や仕事中でナンバーワンの膝下ぽかぽかアイテムです。

たった160Wでこんなに足元がぽかぽかになるとは...。もっと早くから導入しておけばよかったと後悔するレベルの優れた暖房器具です。なんといっても電気代が安い!これ、今の時代にぴったりですよ!

室温が20℃ぐらいなら「弱」の82.5Wでも十分暖かいです。

パナソニックのデスクヒーターは他社製のものより価格が高かったですが、レビュー読んでると故障は少ないようなので、これからまた何年もお世話になりそうな予感。

かなりパネルヒーターが気に入ったので、高校生の娘用に今度は低価格なモデルも比較として買ってみようと思います。レビューは近日中にまとめます。

気になる方はブログの購読をお願いします。

2022/12/12 追記:パナより5千円ほど安いアイリスオーヤマ製を購入して比較してみました!

パネルヒーター比較!パナソニックとアイリスオーヤマどっちがおすすめ?

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!