発売開始から8万本以上売れてるアイスクリームスプーン『15.0%』カチカチのアイスがすぐ溶ける!

  • 更新:
  • 公開:2016.7. 7
  • by
  • カテゴリ:モノレビュー

発売開始から8万本以上売れてるアイスクリームスプーン『15.0%』カチカチのアイスがすぐ溶ける!

冷凍庫から取り出したカッチカチのアイスをすぐ食べたい!

そんなアイス好きの悩みを解決できる商品がこの『Lemnos 15.0% アイスクリームスプーン』。発売開始からなんと8万本も売れている、アイスクリームスプーンの革命児です。

なぜカチカチのアイスがすぐ溶けるのか、なぜ8万本も売れているのか、その理由とは??

スポンサーリンク

15.0%アイスクリームスプーンって、どんなスプーン?

たくさんのメディアでも取り上げられたのでもうご存知の方もいるかと思います。

知らないって方はまずこちらの動画をどうぞ。

2013年1月28日に公開された映像です。そんな前からあったんですね。知らんかった。

▼ ★カチカチのアイスもすくいやすい!? 15.0% アイスクリームスプーン

カチカチのアイスにこのスプーンをあてると、触れたところがすぐに溶けだします。なぜすぐ溶けるのかというと、熱伝導率の高い無垢のアルミニウムを使用しているから。手の温度がアイスに伝わり、アイスクリームを溶かしながらすくって食べることができるんですね。


15.0% アイスクリームスプーン バニラ
15.0% アイスクリームスプーンの『バニラ』。流線型のふっくらとしたデザイン。

このほか、『チョコレート』や『ストロベリー』など、いろんな種類の15.0%スプーンが用意されてます。


15.0%スプーンのパッケージ
こんなに可愛いパッケージに入ってます。自分で使うのもいいですが、プレゼントにも良さそうですね。

名前にある「15.0%」ってなんのこと?

このアイスクリームスプーンの名前に使われている「15.0%」ってなんのこと?

公式サイトを見たら、こんな説明書きがありました。

なぜ 「15.0%」なの?

15.0%という数字は「アイスクリーム=乳固形分15.0%以上」という日本の成分規格から。 アイスクリームの成分をそのままブランド名にしました。

About | 15.0%

どうやらアイスクリームにはいろんな種類があり、その中でも、乳固形分15.0%以上のものをアイスクリームと呼ぶようです。知らんかった!


日本アイスクリーム協会にちゃんと説明がありました。

アイスクリームの種類
出典:アイスクリームの種類|日本アイスクリーム協会

アイスクリーム類の乳製品の種類はこの3つ。

乳固形分 15.0%以上(うち乳脂肪分8.0%以上)・・・アイスクリーム
乳固形分 10.0%以上(うち乳脂肪分3.0%以上)・・・アイスミルク
乳固形分 3.0%以上(うち乳脂肪分 - )・・・ラクトアイス

ラクトアイスって見たことがあるけど、そういうことだったんですね。乳固形分がほとんど入ってないアイスクリームだったんだ。ロッテの「爽」や明治の「スーパーカップ」はラクトアイスですね。

ちなみにハーゲンダッツは、種類によってアイスミルクとラクトアイスがあります。


これから、もっとアイスクリームが美味しくなる季節。

冷凍庫から取り出したカッチカチのアイスをすぐに食べたいって方、ぜひどうぞ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。