ChromeとSafariのブックマークを同期させる方法 iPhoneでも簡単に同期可能!

Google Chrome と Safari ブックマークを同期する方法

エクスポートなんか必要なし!超簡単にブックマークの同期ができる!

超簡単になってますね!

久しぶりにGoogle ChromeのブックマークをSafariに同期させたんですが、昔と違ってかなり簡単になってました。ちょっと前までは、Google ChromeとSafariのブックマークを同期させようとしたら…

  1. ブックマークをエクスポート
  2. 同期したいブラウザにインポート

ということをやってました。

それがたった1ステップで完了してしまいました。あらら簡単。

スポンサーリンク

Google ChromeのブックマークをSafariに同期する方法

今回使用したSafariは9.1.1。Chromeは51.0.2704.106です。

おそらくこれ以降のバージョンでも使えると思います。


まずはChromeのブックマークをSafariに同期する方法から。

SafariでChromeのブックマークを読み込む
Safariの「ファイル」メニューから、「読み込む」→「Google Chrome」を選択します。ご覧のようにFirefoxからもブックマークを読み込みことも可能です。


Safari 読み込む項目を選択 ブックマークか履歴
読み込む項目を選択します。「ブックマーク」だけでよければ「履歴」のチェックは外してください。僕は普段、ブックマークのみ読み込むようにしています。


SafariにGoogle Chromeのブックマークが読み込まれた
たったこれだけでChromeのブックマークがSafariに読み込まれました。簡単ですね。

読み込まれたブックマークの順番がおかしい場合は、一度Safariのブックマークを全て削除してから読み込むときれいに表示されます。

SafariのブックマークをGoogle Chromeに同期する方法

今度はさっきの逆。

SafariのブックマークをGoogle Chromeに同期する方法です。


Chrome ブックマークと設定をインポート
Chromeのメニューから、「ブックマークと設定をインポート…」をクリック。


ブックマークと設定のインポート
取得先で「Safari」を選んで「インポート」をクリック。ちなみに取得先には「Firefox」が「HTMLファイルをブックマークに登録」も選択可能。

これでインポート完了。

こちらもとっても簡単ですね。

iPhoneでChromeとSafariのブックマークと同期する方法

今回はMacでブックマークを同期する方法をご紹介しましたが、iPhoneのSafariとGoogle Chromeでブックマークを同期させるのも簡単です。


MacのSafariと、iPhoneのSafariを同期させるにはiCloudを使います。

MacとiPhoneともに、iCloudの設定で「Safari」をオンにしておけば勝手に同期してくれます。


Chromeの場合は、iPhoneのGoogle ChromeでMacのChromeと同じGoogleアカウントでログインすれば、ブックマークが同期されます。

これだけ。

拍子抜けするぐらい簡単ですね。


まとめ

ブラウザを複数使っている人にはとても便利な機能です。

僕の場合、普段はGoogle Chromeをメインブラウザとして使ってます。動作が速いのはいいんですが、アクティビティモニタ.appで確認すると「Google Chrome Helper」というプロセスがいくつも動いてて、だいぶメモリを食っちゃってるのが気になりますけどね。

Safariはサブブラウザとして、ブログやWebサイトのアクセス解析画面を常に表示させてます。

メインをChromeにしているので、Chromeのブックマークを変更した時は定期的にSafariとブックマークを同期するようにしてます。今回紹介した方法なら、ほんの一瞬で終わってしまいます。簡単になりましたねぇ。

使ったことがない方は是非どうぞ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。