iPad(アイパッド)でフリック入力するには、かなキーボードを分割すればOK。

  • 更新:
  • 公開:2016.5.12
  • by
  • カテゴリ:iPadの使い方

iPad(アイパッド)でフリック入力するには、かなキーボードを分割すればOK

iPadに片手で文字を入力する時はフリック入力が便利!

これまで1日15分も使ってなかったiPad mini 2。最近はiPhoneとiPad miniの両端末があるときはiPad mini 2を積極的に使うようにしてます。feedlyで情報収集したり、Kindleで本を読んだり、メモアプリに読んだ本の感想を書いたり、などなど。

いやぁ、でかいディスプレイはやっぱりいいですね。iPhone 6 Plusの5.5インチよりも、iPad mini 2の7.9インチの方が画面が大きい分、色々と捗ります。動作もそんなに遅く感じることもないし、もっと前から使い倒しておけばよかったとちょっと反省中。

さて、前置きが長くなりましたが、表題の件。これまではiPhoneを机の上に置いて、左手に本、右手でメモ帳にフリック入力で気になった部分をまとめてました。これと同じことをiPad mini 2でやろうとしたら、あら?iPadでフリック入力できないじゃん??とちょっと悩んだので、その方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

iPad(アイパッド)でフリック入力する方法

今回は、iPad mini 2(iOSは9.3.1)で試しましたがiPad ProでもAirでももちろんできます。

まずは、「設定」アプリでキーボードの設定を確認します。

「設定」アプリで「キーボード」の項目を確認
「設定」アプリの「キーボード」→「キーボード」で、「日本語-かな」のキーボードがあることを確認してください。ない方は「新しいキーボードを追加…」で「日本語-かな」を追加してください。


かなキーボードの設定を確認
「設定」アプリの「キーボード」画面。「かな」で「フリックのみ」をオンにしておきます。これやっておくと「あああ」「おおお」という同じ文字を続けて入力するときに便利です。これやっとかないと「あ」キーを連打したら「あ」→「い」→「う」→「え」→「お」と文字が切り替わってしまいます。僕はオンにしてますが、ここはお好みでどうぞ。


テキスト入力画面に移動します。

今回はメモアプリを使います。

かなキーボードでキーボードキーを長押しして分割を選択
まず、「かなキーボード」に切り替えます。

右下にある「キーボードキー」を長押しすると、「固定解除」と「分割」を選べるようになります。今回は、「分割」を選択します。


フリックキーボードを画面下に移動
キーボードが左右に分割されました。右側には見慣れたフリック入力画面が出てきましたね。

ただ、分割した直後はキーボードが画面の真ん中に表示されているので、これを下に移動します。

右下の「キーボードキー」を押下してキーボードを下に移動します。タイミングが難しいんですが、「結合」「固定して分割解除」の選択画面が出てくる場合は長く押しすぎです。これが出てこないぐらいの間押して、下に指を動かせばキーボードを移動できます。ちょっと慣れが必要ですがそんなに難しくないので何度か試してみてください。


キーボードを下に移動しすぎると分割が解除されてしまう
また、キーボードは下に移動しすぎると分割が解除されてしまいます。本当は、一番下まで移動したいんですが、上記画像ぐらいのところが限界のようですね。


iPadでフリック入力ができました
位置が確定したら、あとは通常通りフリックで文字を入力するだけ。


左側には予測変換が表示されます
左側に予測変換が表示されます。

iPadでフリック入力してみた感想

実際に使ってみましたが、問題なく使えてます。

iPhoneと同じような感覚で文字を打てるのはいいですね。慣れもありますが、片手で入力するときはフリック入力だとスピードが全然違います。

ただ、一つ欲を言うと、もうちょっとキーが大きければいいなぁということ。iPhone 6 Plusのフリック入力時のキーよりも確実に小さいです。

今回はiPad miniで試してみましたが、9.7インチのiPad Airや12.9インチのiPad Proだともっとキーが大きくて打ちやすいのかなぁと。

でも今のところはこれで十分です。

iPadでフリック入力したい!って方、是非どうぞ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。