iPhoneで緊急電話をかける方法!パスコードを知らない他人のも使えます、そうiPhoneならね。

緊急電話をかける

台風15号すごかったです。熊本直撃しました。今回は朝方の暴風が半端じゃなかった。

ちょっと風がおさまったんで外に出てみると、カーポートの屋根の一部が飛んでたのと、ここから15mほどの全く別の場所にあるポリバケツが車の横にすっぽりとハマってました。なんでこんなところに???どうやってここにハマったのか、巻き戻ししてみてみたいぐらいです。

スポンサーリンク

台風15号の被害
こんなところにポリバケツが...。

今回は特に停電の被害が多かった。

25日午前8時現在、九州全県で計47万戸以上が停電となりました。うちも朝5時〜6時ぐらいにかけて、ちょくちょく停電が起きてましたが、長くても5分程度だったかな。

何度か消防車のサイレンも聞きました。

というわけで、前置きが長くなりましたが、今回はiPhoneで緊急電話をかける方法をまとめてみます。いつ巻き込まれるかわからない災害や事故や事件。万が一の時のために、再確認しておきましょう。

iPhoneならパスコードを知らない他人のiPhoneも使えるので、ぜひ覚えておいてください。

iPhoneで緊急電話をかける方法

緊急電話をかけるだけであれば、パスコードを入力してロック解除なんてする必要はありません。


緊急電話をかける

スリープ状態で「電源オンオフボタン」または「ホームボタン」を押すと出てくる、ロック解除画面(上記画像の左)。

左下にある「緊急」をタップすると、緊急電話モードになります(右の画像)。赤文字で「Emergency call」「Notruf」と各国語で「緊急電話」という意味の言葉が表示されます。

あとは「110」「119」などの緊急通報用の電話番号を入力して発信ボタンを押せば、ロックを解除しなくても緊急電話をかけることができます。

緊急通報用以外の電話番号にかけようとすると下記画面のように、

緊急電話専用

「緊急電話専用」と表示され発信はできません。他人にむやみに使われることはないので安心して貸してあげることができますね。

Siriを使って緊急電話をかける方法

ホームボタンを押してSiriさえ起動できれば、あとは音声だけで緊急電話をかけることもできます。


Siriを使って緊急通報用の電話番号に電話をかける

Siriが起動したら(左画面)、「緊急電話」と話しかけます。

緊急通報用の電話番号が表示されるので、かけたい番号を読み上げてください。

「110」・・・警察
「118」・・・消防、救急車
「119」・・・海上保安庁(海での事故や事件)

「ひゃくとおばん」「ひゃくじゅうはち」「ひゃくじゅうきゅう」でも認識します。もちろん「いちいちぜろ」「いちいちはち」「いちいちきゅう」でもOKです。

ちなみに、緊急通報用ではないですが「117」は時報です。


5秒後に緊急通報用番号に電話をかけます

かけたい番号を伝えると、5秒後に緊急通報用番号に電話がかかります。(左画面)

Siriを使う場合は、「設定」→「一般」→「Siri」をオンにします(右画面)。「"Hey Siri"を許可」をオンにしておけば、電源に接続されていれば"Hey Siri"と話しかけるだけで利用できます。

使う場面がないことが一番ですが、万が一の時のために、緊急電話をかける方法を、家族や友人とシェアしておきましょう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。