iPhoneでYouTubeを聞きながらいろいろやりたいならこの方法が便利!|iPhone Tips

YouTubeをiPhoneでバックグラウンド再生させる方法

私がよく使っている方法をご紹介。iOS 8でも動作確認済みです。

YouTubeをiPhoneでバックグラウンド再生させる方法』です。

スポンサーリンク

この方法だと、iPhoneで本を読むときとか、ちょっとした文章を書くときとか、YouTubeを再生させながらいろいろなアプリを使うことができるようになります。

YouTubeバックグラウンド再生で使うアプリ

通常、YouTubeを見るときは、YouTubeアプリを使ってみている人がおおいのかなと思いますが、このバックグランド再生の時はYouTubeアプリは使いません。

使うアプリはたったひとつ。

Google Chrome

だけ。(以前はSafariでもできましたが、SafariだとYouTubeアプリが開いてしまうので、iOS 8からはGoogle Chromeを使ってます。)

バックグランド再生させる方法もすごく簡単です。

  1. まずは、Google Chromeを開いてYouTubeにアクセスする。
  2. YouTubeで好きな動画を再生させる。
  3. 再生すると、全画面表示になるので一旦ホームボタンを押してホーム画面に戻る。この時点で音(動画)は止まります。
  4. 画面下から上へスワイプしてコントロールセンターを表示。
  5. 下記画像の赤で囲った部分にある「再生ボタン」をタップ
  6. すると音楽が再び再生される。画面はホーム画面のまま。

コントロールセンターでYouTubeを再生する

▲ コントロールセンターの再生ボタンをタップ!


これで、バックグラウンド再生させながらGoogle Chrome以外のアプリを好きなように使うことができます。

※再生中にGoogle Chromeで別ページを見ると音楽は止まってしまいます。

バックグラウンド再生させながらも、ネットサーフィンしたい場合は

音楽をバックグラウンド再生させながらネットサーフィンしたい場合は、Chromeを使ってバックグラウンド再生させておいて、SafariでネットサーフィンをすればOKです。。

Chrome → YouTubeバックグラウンド再生機として使用
Safari → いつも使ってるようにブラウジングできる


実際にiOS 7の頃から、この方法でバックグラウンド再生させてます。

特にYouTubeで新しいPVを聞きながら本を読むことが多いですね。

なかなか便利ですよ♪

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。