Kindle6周年記念!3ヶ月たった299円!
kindle unlimited読み放題の通常会員価格980円/月が、なんと3ヶ月分299円に!10/25まで。プライム会員限定です。→詳しくはこちら

スケール(はかり)を置けるおしゃれなコーヒードリッパースタンド 抽出量をより正確に!

  • 更新:
  • 公開:2018.9.29
  • by
  • コーヒー

スケール(はかり)を置けるおしゃれなコーヒードリッパースタンド 抽出量がよく分かる

毎日、豆を挽いてドリップコーヒーを飲んでるので、たまにはコーヒーネタを。

夏の間はマキネッタを使って濃いアイスコーヒーを楽しんでました。

濃くて美味しいアイスコーヒーの作り方 挽きたての豆・マキネッタ・タンブラーがポイント!豆の通販サイト紹介も

9月末ぐらいからようやく涼しくなってきて、温かいドリップコーヒーがおいしい季節になりました。

普段は名門フィルターを使ってドリップしてます。

脱インスタント!家コーヒー歴1年、美味しく淹れるために集めた11の必需品をレビューするよ 初心者にもおすすめ

ちょっと前からバターコーヒーを毎朝飲むようになって、スケールを使って抽出量を測るようになって欲しくなったのがドリッパースタンド。

PR【体験無料!】Amazonオーディブル 30日間無料体験受付中!プロの朗読で本を楽む新体験。→レビューはこちら
スポンサーリンク

測り+ドリッパースタンドなら抽出量が明確に分かる

ドリッパースタンドなしで抽出量を測る方法は以下の通り。

まず、スケールの上にカップを置いてスケールのメモリを0に。

その上にドリッパー、フィルター、挽いたコーヒー粉を入れてお湯を注ぎます。

コーヒーがカップにどんどん落ちていくんですが、この方法だと正確な抽出量を測るにはドリッパーをいちいち持ち上げないといけないんです。

右手にケトルを持って左手にはドリッパー。

この状態だとサッとカップからドリッパーを外すことができないので、どうしても抽出量が曖昧になってしまいがち。


そんな時に便利なのが『QAHWA(カフア) コーヒードリッパースタンド』です。

QAHWAのコーヒードリッパースタンド
このドリッパーの特徴がこちら。

  • スケールを下に設置できる
  • 他社製のコーヒードリッパーを上に乗せて使える
  • 高さが2段階で調整できるので20cmぐらいまでの高さの水筒に直接ドリップできる
  • ウッドの木目とブラックの金属の見た目が良い。とてもスタイリッシュ!

さらには価格が安いというのも良い。

他のドリップスタンドも物色しましたが、数千円のものから数万円のものまでたくさんあって、良いものはやっぱり価格が高い。

かといって、価格が安いものになると見た目が悪い。

このカフアのドリッパースタンドは見た目と実用性とコストパフォーマンスがとても優れたアイテムです。


コーヒーボトルに直接ドリップできる
カフアのコーヒーボトルに直接ドリップできます。

このスタンド専用のドリッパー(写真に写ってるフレームのもの)もありますが、あまり評判が良くないです。

そのため、ドリッパーは普段使ってるドリッパーを使うつもり。

カフアには、その他こんなおしゃれなものもあります。

カフアのフィルタースタンド
カフアのフィルタースタンド

毎日ペーパーフィルターを使ってるなら、これおすすめ。

ペーパーフィルターを差し込む所が仕切られてるので2種類を同時に置けます。

まとめ

ドリップするだけならプラスチック製のドリッパーに耐熱ビーカーで事足りますが、毎日飲んでると、色々こだわりたくなってくるコーヒーグッズ

ドリップスタンドを使えば、以前は適当だった抽出量も正確に測れるので、より豆とお湯の量のバランスを追求することも可能です。

より美味しいコーヒーを淹れたい人にオススメのアイテムです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。