最大3,000ポイント!Amazonオーディブル!
機械じゃないプロの朗読で本を楽しむ新体験!30日間無料体験受付中。12/12まで無料体験中に本を聴くと最大3,000ポイントゲット!→レビューはこちら

Googleのデータエクスポートを使ってGoogleリーダーのバックアップをとる方法

Googleデータエクスポート

Googleリーダーのサービスが7月1日に終了します。

個人的には、Googleリーダーの代わりはFeedlyに決めましたが、念のために自分でもGoogleリーダーの情報をバックアップしておきました。

PR【最大10%ポイント還元!12/11[火] 1:59まで】今年最後の大セール Amazonサイバーマンデー開催中!当ブログで紹介してるものが安くなってるかも?!セール対象外の商品でも合計1万円以上のお買い物で最大10%ポイント還元されます!買いたいものはこの機会にまとめてどうぞ。
スポンサーリンク

方法は簡単。

1.Googleのデータエクスポートにアクセス

GoogleのいろんなデータをエクスポートできるGoogleデータエクスポートへアクセスします。

Google データエクスポート

2.Googleリーダーの情報をアーカイブ化

リーダーのデータをエクスポートする

①「サービスを選択」で ②「リーダー」を選択。

読み込みが完了して100%になったら、③「アーカイブを作成」をクリック。

3.アーカイブ化されたデータをダウンロード

アーカイブファイルをダウンロード

上記③の「アーカイブを作成」をクリックすると、リーダーの情報がアーカイブ化されるので、完了後に青色のダウンロードボタンをクリックしてローカルに保存すれば、バックアップの完了です。

ZIP圧縮されているデータを解凍して、中身を見てみると「subscriptions.xml」というファイルがあり、その中に登録しているRSSがずらーっと並んでいました。


個人的にはまだまだRSSを使った情報収集からは離れられそうにないので、これで万が一、Feedlyに何かあってもひと安心ですね。

約5分ほどで完了しますので、まだバックアップをとっていない方は是非どうぞ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。