期間限定!新規登録で最大700ポイント
音楽6,500万曲聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で700ポイントプレゼント!3/5まで→ 詳しくはこちら

Googleのデータエクスポートを使ってGoogleリーダーのバックアップをとる方法

Googleデータエクスポート

Googleリーダーのサービスが7月1日に終了します。

個人的には、Googleリーダーの代わりはFeedlyに決めましたが、念のために自分でもGoogleリーダーの情報をバックアップしておきました。

スポンサーリンク

方法は簡単。

1.Googleのデータエクスポートにアクセス

GoogleのいろんなデータをエクスポートできるGoogleデータエクスポートへアクセスします。

Google データエクスポート

2.Googleリーダーの情報をアーカイブ化

リーダーのデータをエクスポートする

①「サービスを選択」で ②「リーダー」を選択。

読み込みが完了して100%になったら、③「アーカイブを作成」をクリック。

3.アーカイブ化されたデータをダウンロード

アーカイブファイルをダウンロード

上記③の「アーカイブを作成」をクリックすると、リーダーの情報がアーカイブ化されるので、完了後に青色のダウンロードボタンをクリックしてローカルに保存すれば、バックアップの完了です。

ZIP圧縮されているデータを解凍して、中身を見てみると「subscriptions.xml」というファイルがあり、その中に登録しているRSSがずらーっと並んでいました。


個人的にはまだまだRSSを使った情報収集からは離れられそうにないので、これで万が一、Feedlyに何かあってもひと安心ですね。

約5分ほどで完了しますので、まだバックアップをとっていない方は是非どうぞ。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。