机の上での充電に便利なUSB付き電源タップ購入。Nintendo SwitchやiPad、Kindleの充電がはかどる。

2個口 コンセントタップ & USB充電 2ポート 急速充電2.4A

スマホやタブレット、ゲームなど充電が必要なデバイスが増えたら欲しいUSB付きの電源タップ。

ゼルダに魅せられて10年以上ぶりに買ったゲーム機「Nintendo Switch」や、iPad mini 2からの買い替えで購入した新iPad 9.7インチ、そのほかiPhone・Kindle・Fireタブレットなどなど、充電が必要なデバイスがかなり増えてきました。これまでは、iMacのUSBや直接コンセントに繋いで充電してましたが、もうそれだけじゃ追いつかないようになってきました。

というわけで、Amazonで「usb 電源タップ」で一番に出てくる『トップランド(TOPLAND) 2個口 コンセントタップ & USB充電 2ポート』を購入しました。結論から言うと、こんなに便利ならもっと早くから買っとけばよかったって感じです。

スポンサーリンク

コンセント2個、USBポート2つのコンパクトな電源タップ

コンセント2個、USBポート2つのコンパクトな電源タップ
コンセントが2つ、USB Aのポートが2つのケーブル付き電源タップです。デスクの下にあるコンセントから机の上に持ってくるだけなので、ケーブルの長さは1.5mにしておきました。これで900円ちょっと。


商品特徴
コンセントを使いながら、USBポートでスマートフォンやタブレットを充電できます。

USBポートは、高出力の2.4A仕様。接続機器を急速充電できます。

本体サイズ:W41 × H131 × D27 mm
コード長:1.5m
重量:約225g
定格入力:AC100-240V(50/60Hz)0.3A(最大)

● コンセント差し込み口
定格容量:AC125V 14A 合計1400Wまで
差し込み口数:2つ

● USBポート
定格出力:DC5.2V 合計2.4A(最大)
コネクター形状:Aタイプ
ポート数:2ポート

USBポートは、5.2Vで2.4A。iPad miniの充電器には 5.1V 2.1A、iPad

1.5mのケーブルタイプです。
1.5mのコード長。コンセントの差し込み口には、熱に強い耐熱性樹脂が使われており、ケーブルは破れにくい二重被ふくコードが使われてます。

本体の説明書きには、上のUSBポートの方が高出力と書かれてます。電圧チェッカーがないので未確認ですが、iPadを充電する時は上のポートでやった方が良さそうですね。


180度回転プラグ
プラグはスッキリ配線できる可動式。


180度回転プラグ
90度回転させたところ。反対側にも90度稼働するので、合計180度回転します。


机の下のコンセントに接続
机の下のコンセントに接続。これまで何度このコンセントに抜き差ししたことか…。


机の上に電源タップを設置
ようやく机の上に持ってこれました。しかもUSBポート付きで♪


Nintendo SwitchとFireタブレットを充電
Nintendo Switchをコンセント、FireタブレットをUSBポートに挿して充電してみました。


ちゃんと充電されました!
当然ですが、ちゃんと充電されました。特にFireタブレットはiMac27インチ(最大5V/900mA)だと電力が足らずにほとんど充電できませんでした。これでようやく簡単に充電できるようになりました。


コンセントとUSBポートがある程度離れてレイアウトされてるので、大きなコンセントでも干渉しません。

USBの出力も5.2Vの2.4Aなので大概の製品ならこれで事足ります。気になるなら、購入前に使用するデバイスの充電器を確認してください。

これひとつで机の上の充電がとてもはかどるようになりました。電源タップひとつでデスクトップが快適空間に早変わりです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。