Archer AX73V レビュー!縦置き型Wi-Fi 6ルーターの最新モデルは速かった

Archer AX73V
高コスパWi-Fi 6ルーター「Archer AX73V」

Wi-Fiルーターで回線速度は大幅にアップする!

ティーピーリンクジャパン株式会社が2023年8月4日に発売開始した、縦置き型Wi-Fi 6ルーター「Archer AX73V」を使ってみました。

商品提供:ティーピーリンクジャパン株式会社

TP-Linkは、無線LAN製品の開発、製造、販売で世界No.1シェアを誇るメーカーです。

「Archer AX73V」は、大人気モデルの「Archer AX73」のアンテナが内蔵された最新の高性能Wi-Fi6ルーター。速度はそのままに、省スペースで部屋の中でも馴染みやすいデザインになりました。(→Archer AX73V 製品ページはこちら

PR【最大10%ポイント還元】春のお買い得ビッグセール開催中! Amazonにて新生活セールが開催中。価格が安くなってるのはもちろん、合計10,000 円以上のお買い上げを対象にポイント還元率がアップ。プライム会員&Amazon Mastercardで4.5%ポイントアップ!生活/理美容/健康/大型家電はさらに5.5%ポイントアップ。この機会にまとめ買い!数量限定品は在庫がなくなり次第終了です。3/5 23:59まで
スポンサーリンク

Archer AX73V パッケージ内容と設定

Archer AX73V パッケージ
AX73Vのパッケージ。


Archer AX73V 同梱物一覧
同梱物一覧。簡単設定ガイドやWi-Fi情報ガイドなどの紙類と、本体、スタンド、電源アダプター、RJ45 LANケーブル。


WAN端子が1つ、LAN端子が4つ
本体背面にスタンドを設置する穴があります。付属のスタンドを別途用意したネジで壁に固定して壁掛けにすることも可能です。

背面の端子は、WAN端子が1つ、LAN端子が4つ。


底面にスタンドを固定して縦置きにもできる
底面にスタンドを固定すれば縦置きにもできます。


縦置きで使います
我が家では縦置きで使います。見た目もシンプルでコンパクトでいい感じ。

主なスペックは...

  • 超高速AX5400 WiFi:最大5.4Gbps (4804Mbps + 574Mbps)
  • すっきり省スペース:縦置きと壁掛けに対応。環境に合わせて柔軟に設置できる
  • IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応
  • MU-MIMOとOFDMA技術によって、複数のデバイスへ同時にデータを送ることができる
  • VPNクライアント機能:ホームネットワーク内のデバイスが、VPNソフトウェアなしでVPN接続できる
  • TP-Link HomeShield:セキュリティサービスが標準搭載。最新のサイバー脅威から守ってくれる
  • EasyMesh互換:EasyMeshデバイスと組み合わせて家全体をシームレスにカバー可能
  • Alexa対応:Alexaと紐付けて音声で制御可能
  • 規格:Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax/ac/n/a 5 GHz、IEEE 802.11ax/n/b/g 2.4 GHz)
  • Wi-Fi速度:AX5400(5 GHz: 4804 Mbps、2.4 GHz: 574 Mbps)
  • Wi-Fi範囲:4LDK(デュアルバンド高性能アンテナ×4)、ビームフォーミング、高性能FEM
  • Wi-Fi性能:デュアルバンド、OFDMA、エアタイムフェアネス、DFS、6ストリーム、4×4 MU-MIMO

ちなみに、過去モデルのアンテナが表に出てる「Archer AX73」のデザインがこちら。

Archer AX73のデザイン
男性目線ではカッコ良いですが、すっきりデザインが好きな方には好き嫌いが分かれそうな感じでした。


Archer AX73V 配線
うちはビッグローブ光を使ってます。配線は、回線終端装置(ONU)からAX73VのWANにLANケーブルを繋ぐだけ。とても簡単。

あとは、Tetherアプリを使って設定をするだけ。

事前にTetherアプリをスマホにインストールしてTP-Link IDを作っておくと、スムーズに設定ができます。あとは、ルーターのローカルパスワード、Wi-FiのSSIDとパスワードも設定する必要があるので、事前に考えておくと良いでしょう。

説明書に沿ってやりましたが、特に迷うこともありませんでした。


Tetherアプリで設定する
接続タイプは自動検出してくれます。Wi-Fiネットワーク名(SSID)とパスワードを設定します。


2.4GHzと5GHz帯を同じSSIDで利用できる
設定完了。2.4GHzと5GHz帯を同じSSIDで利用できるのも良いですね。新しく中継機を追加したりEasyMeshの設定もこのアプリでやります。

Tetherアプリでは初期設定やネットワークの管理を簡単に行えますが、DHCPサーバーやNAT、IPv6などの詳細な設定が必要な場合は、詳細設定の項目で行えます。

Wi-Fi速度測定&速度比較

それでは、一番気になるWi-Fiの回線速度を計測してみます。

ちなみに、我が家のプロバイダーはビッグローブ光を使ってまして、有線LANの速度は...

我が家の有線LANの速度は約370Mbps
最高で約370Mbpsほど。

これがWi-Fiになるどれだけのスピードになるのか、今まで使ってたBUFFALOのWTR-M2133HPと比較してみました。

ルーターはダイニングテーブルの奥に設置
下記間取り1階の赤丸「ル」の場所。1階のダイニングテーブルの奥にルーターを設置しました。右の白くて丸いのがBUFFALO WTR-M2133HPです。

我が家の間取りはこちら。木造2階建てです。

ルーターの設置場所と計測場所
1階の赤丸「ル」がある場所に2つのルーターを置いてます。「TP-Link Archer AX73V」と「BUFFALO WTR-M2133HP」を並べてます。

各場所での回線速度がこちら。

A:リビング
B:2階への階段の手前
C:四方を囲まれたトイレ
D:部屋
E:部屋
F:僕の仕事部屋
G:寝室

Archer AX73V WTR-M2133HP
A 210Mbps 210Mbps
B 200Mbps 180Mbps
C 140Mbps 130Mbps
D 200Mbps 160Mbps
E 190Mbps 170Mbps
F 52Mbps 20Mbps
G 40Mbps 18Mbps

ほぼすべての場所で、「Archer AX73V」の回線スピードのほうが速いという結果になりました。やはりTP-Linkの大人気ルーター「Archer AX73」の後継機だけありますね。スピードだけでなく、ほぼ、どの場所でも安定して接続ができてます。

有線LANで300Mbps超えの環境で、Wi-Fiのスピードが最大210Mbpsというのはなかなか良いんじゃないでしょうか。特に、一番離れてるGやFでも40Mbps超えてます。これは、うちの無線LAN環境で過去一番のスピードを叩き出してます。


WTR-M2133HP自体がもう4年前ぐらいのモデルなので、他のルーターも試してみたことがあったんですが、速度改善するどころかスピードが落ちたのでレビューすらしなかったんです。その点、この「Archer AX73V」は違いました。買い替えの価値は十分にあります。これは良いルーターですよ。

まとめとつづき

親機一台で過去最高のスピードを叩き出した「Archer AX73V」。

ただ、仕事部屋であるFや寝室のGでは、ルーターから距離が10m以上あるし、ドアなどの障害物が多いので、スピード自体も物足りないし、接続が不安定になることが多いんです。

本来であれば、ルーターの位置を家全体の中心に配置すれば、家全体を「Archer AX73V」1台でカバーできると思いますが、家の構造上、回線終端装置(ONU)は上記位置から移動できない...。

というわけで、次回は中継機RE700Xを使って、FとGの回線スピードの改善を図ります。

つづきの記事はこちら。

2階のWi-Fiが遅くて不安定...EasyMesh中継器『RE700X』で家の隅々まで超快適空間に!

結論から言っておくと、中継機の導入は大正解でした!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!