2台目の15インチモバイルモニターを導入!今度は外出先で写真と動画確認用

当サイトのリンクには一部プロモーションを含みますが、一切その影響は受けず、公正・中立な立場で制作しております。

15インチのモバイルモニターを車で使う
15インチのモバイルモニターを車で使う

iPhoneに繋ぐだけで外出先でも手軽に使えるモバイルモニター
※記事の最後に割引クーポンあり。
3か月前に初めて2万円以内で買える15.8インチのモバイルモニターを導入してみたら、これが意外と便利で生活が変わりました。どんな風に変わったかはこちらの記事をどうぞ。
15.8インチのモバイルモニター使ってみたら世界変わった!Fire TV StickもOK
iPhone 15 Proに機種変してからは、端子がLightningからUSB-Cになったので「Apple Lightning – Digital AVアダプタ」も不要になりました。
iPhone 15シリーズからはより簡単に接続できるようになったんです!
というわけで、今度は外出時に持ち出して使うために、2台目を導入することにしました(1台目は家に常駐させて家族が自由に使えるようにリビングに置いてます。)

約2万円で買える15インチモバイルモニター特徴

左が前回紹介した15.8インチで右が追加した15.6インチのモバイルモニター
左が前回紹介した15.8インチで右が追加した『InnoView 15.6インチ モバイルモニター』。前回のモデルから0.2インチコンパクトになりました。実寸では幅と高さが0.5cm小さくなってます。奥行き(厚み)はほぼ同じです。
サイズ以外のスペックはほぼ同じです。

  • 15.6インチモバイルモニター
  • FHD&IPS画面に対応(1080p解像度)
  • 視野角は178°
  • 2つのUSB-C端子は映像と給電に対応
  • HDMIはMini HDMI 端子
  • マグネット内蔵のスタンドできるカバーが付属
  • モニターとカバーの重さは979g
  • パソコン・スマホ・タブレットはもちろん、Nintendo Switchゲーム機、PS3、PS4、Xbox One等、ほとんどのデバイスに対応
  • 通常1年保証で登録すれば2年保証になる

これで価格は約18,000円。安い、安すぎる!
注意点としては…
彩度はMacBook Airのディスプレイには劣る
MacBook Airのディスプレイと比較すると、フルHDなので若干解像度が物足りないのと、彩度やダイナミックレンジが劣ること。
これを知っておかないと購入後にがっかりしますので、この点に注意して買ってください。
画質に多くを求めない場合は、コスパは最強です。

外出先でiPhoneと繋ぐだけで使える!

iPhone 15 Proに機種変更してから、小学6年生の息子のサッカーの試合を0.5倍・1倍・2倍・3倍のズームで動画撮影することが多くなりました。
ちょっとした撮影ならもうビデオカメラは必要ないかも。
なので、撮影してすぐに帰りの車の中で息子がチェックできるように、InnoViewの15.6インチのモニターを活用してます。
iPhone 15 Proと付属の映像用USB-Cケーブルで接続
iPhone 15 Proと付属の映像用USB-Cケーブルで接続。この場合、電源は不要です。iPhoneのバッテリーを使って外部モニターを使えます。
ただ、長時間使う場合は…
車のUSBポートで充電
車(CX-5)のUSBポートに繋げば充電しながら使えます。
大容量のモバイルバッテリーでもOK
iPhoneと接続した場合は「電圧5V・電流0.7A」で接続されたので、5V対応のモバイルバッテリーがあればOKです。
iPhone 15 Proの写真アプリの一覧画面
iPhone 15 Proの写真アプリの一覧画面。ちゃんとミラーリングできてます。
動画再生時はiPhone画面には表示されない
動画再生時はモバイルモニターに表示され、iPhone画面で早送りや巻き戻しなどの操作が可能です。
モバイルモニターは若干彩度が甘い
日中の場合は、モバイルモニターの画面がさらにちょっと白っぽく写ります。
ただ、iPhoneの画面より圧倒的に大きいので、写真の場合はピントチェックは簡単にできますし、動画の場合だとプレーの確認には何の問題もありません。
特に、40台も後半になってきて老眼が進んでいるので、15インチの大きなモニターで確認できるのは本当にありがたい
画質よりも価格が安くて持ち運びしやすいモバイルモニターをお探しの方に特におすすめです。