ブラウンシェーバーの刃に穴が…!正規品の替刃が高すぎたので激安の並行輸入品を購入してみた。

ブラウンの刃に穴が空いた…。純正の替刃が高すぎたので、激安の並行輸入品を購入してみた

2年前に購入したブラウン750cc-7の網刃に穴が空いた!

つい先日のこと。いつものようにブラウン(Braun)のシリーズ7のシェーバー『750cc-7』でヒゲを剃ってると、なんか肌がヒリヒリする。そのまま気にせず剃り続けるも、やっぱりヒリヒリする。なんだ?と思ってシェーバーをよーく見てみると、網刃の端っこに穴が空いてました!

下記がシェーバー全体の写真。赤丸部分がその穴。網刃が約3mmほど破けた状態になってました。

スポンサーリンク

ブラウンシェーバーの替刃、正規品の価格が高すぎる

ブラウンのシェーバー 穴が空いた刃(網刃)部分

この穴が空いた状態で数分間ヒゲを剃りましたが、幸い肌には特に目立った傷はなし。ブラウンが推奨する替刃の時期が18ヶ月。購入からちょうど2年経過してたので、よく頑張ってくれた方かなと。

ただ、髭剃りは毎日使うもの。Amazonで注文しても2日ほどかかる。かといって、このままの状態で使い続けるのはお肌への影響が大きい。最悪ケガする恐れもある。というわけで、近所の家電量販店に替刃を見に行きました。事前にAmazonで正規品の替刃価格は把握してたので、少々高めなのは予想してましたが…。予想をはるかに超えるお値段でしたよ。


ブラウンシェーバー シリーズ7 7500cc-7の替刃 家電量販店の販売価格
真ん中が7500cc-7の替刃『F/C70S-3Z』です。なんとお値段7,648円(税別)。税込みだと8,260円ほど。Amazonでは正規品の価格が5千円ぐらいだったのに、それが家電量販店に行くと8千円を超えちゃいます。一気に買う気が失せました。

というわけで、その場でiPhoneを取り出してAmazonアプリを起動。正規品よりももっと安い並行輸入品の『網刃・内刃一体型カセット 70S(F/C70S-3と同一品)』をポチッと注文しました。

70Sの商品説明やレビューの中に、対応シェーバーの型番として「750cc-7」がなかったので心配でしたが、値段の安さに惹かれて購入してみました。正規品の説明欄に、「F/C70S-3とF/C70S-3Zは同一商品」とあったので問題ないかなと。

結論:並行輸入品の替刃70Sは、750cc-7で問題なく使用できました。

Amazonマーケットプレースでの売買だったので、注文から3日後に届きました。(届くまでの間、髭剃りはT字カミソリでしのぎました。)

届いたブラウンシェーバーの替刃 70S
これが届いたシリーズ7用の網刃・内刃一体型カセット 70S(F/C70S-3と同一品)です。


70Sパッケージの裏面 英語で書かれてます。
70Sパッケージの裏面。並行輸入品なので英語表記です。Made in Germany でした。


【並行輸入品】ブラウン シリ…/C 70S-3に対する海外版)新品
バーコードの下には、「【並行輸入品】ブラウン シリ…/C 70S-3に対する海外版)新品」と書かれてました。


750cc-7 替刃 正規品と並行輸入品の比較
750cc-7 替刃比較。左が穴が空いた正規品で、右が新品の並行輸入品70S。当たり前ですが、大きさは一緒です。ちょっと分かりにくいけど、新品の方がツヤがあります。


750cc-7 替刃 正規品と並行輸入品の比較
左右とも上が古い方。下が新品。見た目は何も変わりません。一緒。


750cc-7に新品の替刃70Sを装着
750cc-7に新品の替刃70Sを装着してみました。装着した感じも一緒。


実際に剃ってみましたが、何の問題もなく動作してくれました。ちゃんと使えるのか心配してたのはなんだったんだという感じ。それどころか、久しぶりの新品の剃り味にちょっと感動させられました。肌に吸いつく優しい肌触り。よく剃れるので肌が無理に引っ張られることもなく、肌へのダメージがとても少ない。

2年間使った刃は、剃り味がかなり落ちてたんだなぁと実感させられました。ブラウンが推奨する替刃の時期が18ヶ月というのも納得です。24ヶ月も使うと穴も空くし剃り味も悪くなります。

洗浄機も問題なく動いてくれてるので、これであと18ヶ月はまだまだ使えます♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。