3ヶ月で20万本も売れた、不思議なほど芯が折れないシャープペン「オレンズ」がすごい

芯が折れないシャープペン オレンズ

2014年2月に発売されたぺんてるの“芯が折れない”シャープペン「オレンズ」。

年間販売目標だった20万本を、なんと!たった3ヶ月で売り切っちゃったすごいシャープペンです。

スポンサーリンク

集中して勉強してるときに「ポキッ!」とシャープペンの芯が折れて、何度集中が途切れたことか。あれって結構イライラするんですよね。しかも折れた直後の芯は、先がすごく鋭利になってるから薄い紙だと破けてしまうことがよくありました。(中学校の時とか、ザラザラとした薄くてグレーっぽい、すごい安っぽい紙が学校で使われてました。)

どういう原理で芯が折れないのか、知りたい方は動画をどうぞ。

一発で分かりますよ。

▼ オレンズ

見てたら欲しくなってきたな。

芯が折れないポイントはパイプにあります。

オレンズ 芯がパイプで守られている
芯と同じ長さのパイプが、芯と一緒にスライドして書き続ける際に芯を守ってるのが分かります。パイプの先が紙に引っかからないように、滑らかになっているのもポイントですね。

オレンズすごーい!!
まじでオレンズ「すごーい!!」ですね。

女子高生も満足のクオリティ。

こういう進化した文房具を使うと、なんとなく頭がよくなった気がするのはなんでだろ?

うちのこども達が高校生になった時には、さらに進化した文房具が色々とあるんだろうなぁ。芯がないシャープペンなんてものも出てるのかもしれませんね。あ、もう出てるか

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。