自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

重さと時間を同時に測る!コーヒーや紅茶を0.1g単位で測れるコーヒースケール導入♪

  • 公開:
  • 更新:
  • by
  • コーヒー

重さと時間を同時に測る!コーヒーや紅茶を0.1g単位で測れるコーヒースケール導入♪

コーヒー豆や茶葉を0.1g単位で正確に測れるスケール

最近ハマってるのが紅茶。

ちょっと前にカゼをひいたんですが、鼻水と咳がひどいとコーヒーって飲みたくなくなるんですよね。普段はガブガブ飲んでるのに。

ただ、温かいものは飲みたい。そこで200gで千円ぐらいのアーマッドティーのイングリッシュティーNo.1を試してみたらものすごく良かった。

クセのないスリランカ産・インド産の茶葉にベルガモットの香りがふんわりと付いてるとても飲みやすい紅茶でした。ダージリンと迷いましたが、これぐらい香りがついてる方が好みかも。

イングリッシュティーNo.1のレビューは後日まとめるとして、今回はコーヒー豆や茶葉の重さと時間を同時に測れるドリップスケールを導入してみました。

スポンサーリンク

重さと時間を同時に測る!重さは0.1g単位で測定可能

HARIO V60 ドリップ スケール VST-2000B
これが今回購入した『HARIO V60 ドリップ スケール VST-2000B』。測定範囲は2〜2000g、測定時間は99分59秒の重さと時間を同時に測れるキッチンスケールです。


HARIO V60 ドリップスケール 本体の写真
黒いマットな本体(ABS樹脂製)。シンプルなデザインでカッコいいですね。説明書も付属してます。


表示窓とボタン類 
表示窓とボタン類。左が「START/STOP」ボタン、右が「ON/OFF TARE」ボタン。ボタン類はすべてタッチ式。ちょっと触れるとオンオフできます。

表示窓の下には計測範囲が書かれてます。

2〜2000gまで計測可能で、2〜200gまでは0.1g単位(精度はプラスマイナス0.2g)、200〜500gまでは0.5g単位(精度はプラスマイナス1g)、500〜2000gまでは1g単位(精度はプラスマイナス3g)で測れます。

ちなみに、250gの器を乗せて「ON/OFF TARE」ボタンを押して重さをリセットした場合、すでに250gのものが乗っているので計測単位は0.5g単位になります。

はかり本体は精密機械で防水機能はありません。


コーヒースケールを横から見た写真
横から見るとこんな感じ。なかなかスマートなデザインです。


コーヒースケール 底面
単4電池2本で動きます。底面には壁掛け用のフック穴もあります。

紅茶の重さと蒸らす時間を正確に把握できる

早速使ってみました。

マキタのキッチンスケールで計測
これまで使ってたのが1g単位でしか測れないキッチンスケール。いつも一人分の紅茶を入れるときは3gにしてました。

これを0.1g単位で測れるコーヒースケールに乗せてみると...

紅茶の茶葉を2.8g測る
結果は2.8gでした!これまでは3gと表示さても、それが2.6gなのか3.4gなのか分からず、コーヒーや紅茶の味にばらつきがあったんですよね。

正確に測れるようになったので、味のブレもなくなるでしょう。


蒸らす時間も正確に測れる
あとはタイマーも測れるので、蒸らす時間も正確に把握できるようになりました。

ドリップコーヒーだと30秒、フレンチプレスでコーヒーや紅茶をいれるときは4分ぐらい蒸らして淹れてたんですが、長い時間も手軽に測れるのはものすごく便利ですね。

約5分のオートパワーオフ機能もついてるので、電源を切り忘れても安心です。

使い始めた当初はタッチ式のボタンにちょっと戸惑いましたが、もう慣れました。使い勝手もいいですよ。

高価なものもありますが、初めてのコーヒースケールにはちょうど良いですね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。