人気すぎて10,000円越え!1回ノックするだけで芯が自動で出続ける高級シャープペン『オレンズネロ』

  • 更新:
  • 公開:2017.4.17
  • by
  • カテゴリ:文房具

人気すぎて10,000円越え!1回ノックするだけで芯が自動で出続ける高級シャープペン『オレンズネロ』

定価3,000円の高級シャープペン!就職・進学のプレゼントにもらったら嬉しいだろうなぁ。

プレゼントしたいけど、人気すぎて買えません。2月に発売されたぺんてるの最新シャープペンシル『オレンズネロ』。ローマ字だと、上から読んでも下から読んでも『ORENZNERO』と、回文になってます。

発売から2ヶ月ほど経ちましたが、いまだにどこも品切れ状態。定価は税別3,000円。オレンズネロは0.2mと0.3mの2モデルが発売されてるんですが、どちらかといえば0.3mmの方が人気。ちょっと前には楽天市場で0.3mmモデルが定価の3倍以上の10,500円ぐらいで売られてました。いくら人気だからってそんなにぼったくらなくてもいいのにね。それでも買う人がいるからその価格に収まってるんでしょうけど…、高すぎ。

オレンズネロの何がそんなにすごいのか、知らない方はまずは商品紹介動画からどうぞ。

スポンサーリンク

オレンズネロ 商品紹介動画

ぺんてる公式の商品紹介動画。

約1分40秒ちょっとの映像です。

▼ ノック1回でずっと書き続けられる“orenznero(オレンズネロ)”とは?

自動芯出し&折れない オレンズネロの特徴

オレンズネロは、オンリーワンノック。自動芯出し機構があるから、たった1回ノックしただけで、芯がほぼ1本なくなるまで書き続けることができます。

自動芯出し機構では、シャープペンのぺん先が紙から離れた時に、自動で芯が出てくるように設計されてます。1画書くごとに芯が出続けるので、わざわざノックする必要がないというわけ。

だから、芯がほぼ1本なくなるまで書き続けられるんです。スゲー!

オレンズネロの特徴

さらにパイプが常に芯を保護するオレンズシステムで、0.2mmや0.3mmの極細芯でも折れません。これまたスゲー!

オレンズネロの使い方

オレンズネロ 使い方

オレンズネロの使い方。2回以上のノックは不要です。

  1. 1回ノックしてパイプを出す。同時に芯も出てるのでそのまま筆記する。
  2. 紙面から離す度にパイプと芯が伸び、残りの芯が短くなるまで書き続けられる。
  3. 芯が少なくなるとパイプが急に引っ込むようになるので、ノックして残りの芯を捨てる。
  4. 使用後は、ノックをしながら先端を押し付け、パイプを収納。


オレンズネロ 0.2mmの筆跡
0.2mmだとこれぐらいの筆跡。もっと細いかと思ったら、十分な細さですね。

パイプがスライドして芯が出てくる構造なので、どうしてもパイプと擦れる感じがあるようで、芯はHBよりBを使うと引っかかり感が軽減されるとか。


オレンズネロ マットブラックの細身ボディ
機能も素晴らしいですが、デザインもカッコいいい。12角の軸にマットブラックの細身ボディ。所有欲を満たしてくれるデザインですね。パッケージには製図のイメージがプリントアウトされてます。


大量生産が難しい製品なので、まだまだ品不足は続きそう。

プレゼントしたら喜んでくれそうな高級シャープペン。

でも、プレゼントよりも自分が欲しい!使いたい!ネットは価格が暴騰してるので、近所の文房具屋さんにちょくちょく足を運ぶしかないかな。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。