自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

コーヒーミルをキレイに掃除できるミルブラシ 適度な硬さの毛で微粉をキレイに取り除ける

コーヒーミルをキレイに掃除できるミルブラシ 適度な硬さの毛で微粉をキレイに取り除ける

毎日のコーヒー生活に欠かせないのがポーレックスのコーヒーミル

1〜2杯分のコーヒー豆を簡単に挽けて、お手入れも簡単。コンパクトで場所も取らないし、手動だから電気もいらない。家だけでなく旅行やアウトドアにも持っていける便利なコーヒーミルです。

豆を挽いた後の掃除には百均で購入したブラシを使ってましたが、毛先がもじゃもじゃになって掃除がしにくくなってました。

ミルに付いた微粉をそのままにしておくと、酸化してコーヒー豆の風味を損なうことになるので、今度は専用のミルブラシ『エスプレッソ用ミルブラシ クリーニングブラシ コーヒーグラインダー用』を買ってみました。

スポンサーリンク

コーヒーミルの微粉をキレイに取り除けるミルブラシ

コーヒーミルの微粉をキレイに取り除けるミルブラシ
長さ約190mm、幅約18mmのミルブラシ。重さは約30g。豚毛&ウッドハンドルのブラシです。


これまで使ってた百均のブラシ
これまで使ってた百均のブラシ。先が平らなプラスチックの柄がポーレックスコーヒーミルの奥に当たって掃除がしにくかった。


これまで使ってたブラシの毛先
毛先はこのようにもじゃもじゃ状態に。さらに毛質は柔らかい素材だったので掃除がやりにくくなってました。ちなみに、購入当初は白い毛でしたが使っていくうちにコーヒー色に染まりました。


ブラシの形比較
左が今回購入したミルブラシ。先端が細くて長いので、奥の掃除がしやすい。


コーヒーミルの微粉を取り除く
毛が硬いので細かいところの微粉まで簡単に取り除いてくれます


コーヒーミルの奥の微粉
コーヒーミルの底についた微粉。


ミルの底の微粉も簡単に取り除ける
静電気で張り付いてることが多いんですが、これもキレイに取り除けました。


コーヒーグッズに新しい仲間が加わりました
コーヒーグッズに新しい仲間が加わりました。

エスプレッソ専用のミルブラシですが、いろんなコーヒーミルのお手入れに使えます。

ポーレックスのコーヒーミルは分解すれば水洗いできますが、毎日やってるわけではないので日頃のお手入れにはこのブラシがとても重宝してくれてます

使っていくうちにコーヒー色に染まっていくと思いますが、ブラシ自体も水洗いできるので問題ないかと。

洗剤で洗えば染まったコーヒー色も取れるとは思いますが、洗剤のにおいでコーヒーの風味が台無しになるので、コーヒー関連グッズは洗剤で洗わないようにしてます。

マキネッタを購入してその大切さを学びました。

自宅で美味しいエスプレッソを!本場のイタリア人も使ってるマキネッタ『ビアレッティ』購入レビュー

一本は持っておくと便利なミルブラシ。安いし使いやすいのでオススメですよ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。