Kindle6周年記念!3ヶ月たった299円!
kindle unlimited読み放題の通常会員価格980円/月が、なんと3ヶ月分299円に!10/25まで。プライム会員限定です。→詳しくはこちら

Adobe CCをAmazonのセール価格よりも安く使う方法

Adobe Creative Cloud 壁紙

Adobe Creative Cloudを、毎月4,980円(年間プラン)払って使ってませんか?

ここ最近、Amazonで定期的にAdobe Creative Cloud(以下、Adobe CC)の割引セールが開催されてます。そのセールでは、プランによって最大49%offで購入できる時もあります。

PR【体験無料!】Amazonオーディブル 30日間無料体験受付中!プロの朗読で本を楽む新体験。→レビューはこちら
スポンサーリンク

Amazonの割引セールはいつ開催されてる?

Amazonでは定期的に割引セールが開催されてまして、「レジで割引キャンペーン」とか「Adobe Creative Cloud お買い得セール」などちょっと名前を変えて、だいたい3ヶ月に1回ぐらいのペースでやることが多い。あと、プライムデーや年末のサイバーマンデーなど、タイムセールで安くなることもあります。

割引率は20〜50%の間ぐらい。コンプリートだと20%台。フォトプランやイラストレータなどの単体だと40%台になることも多いですね。

プライムでーやサイバーマンデーの時期には、もっと割引率が高くなることもあるので要チェックです。

Adobe CCはAmazon割引セールでいくらになる?

Adobe CCコンプリートプラン、Adobeの公式価格は以下の通り(すべて税込)。

通常だと年間64,541円、月々換算5,378円。


これがAmazonになると...

セール以外の通常販売時には、年間59,760円、月々換算4,980円

セール時に20%OFFになると、年間47,808円、月々換算3,984円

という価格になります。


Adobeの公式サイトで購入するよりも、

毎月1,394円、年間だと16,733円のお得になります。

これを5年も続けたら、83,665円も節約できる計算です。

もっと安くAdobe CCを使うには学生になろう!

前置きが長くなりましたが、ここからが本題。

Adobe CCの料金プランには、上記通常価格(個人プラン)のほかに、「法人」「学生・教職員」「教育機関」の各プランが用意されています。その中でも特に安く設定されているのが「学生・教職員」のプラン。

なんと、年間25,660円、月々換算2,138円という、激安価格で利用可能です。

さすがにここまで安く使うことはできませんが、Adobe社が認定しているスクールパートナー通信講座の生徒になることで、かなり安くAdobe CCを使うことができます。

パートナーの一つである、デジハリオンラインスクールでは、

通常価格から、46%offの29,800円!月々換算2,483円!

で販売されてます。Adobe直販の「学生・教職員」に引けを取らない価格になってます。これはかなり魅力的ですね。

当然ですが、通信講座で購入したソフトだからといって、通常盤のAdobe CCと機能が違うということはありません。最新のPhotoshopやIllustratorを含む、すべてのAdobeソフトが使えます。機能は全く同じです。購入すると基礎講座が付いてきますが、追加料金はかかりません。

かくいう私も、現在使っているCS4からバージョンを上げてCCを使おうと思ってるんですが、デジハリオンラインでで近いうちに購入予定です。

Adobe認定スクールパートナー

アドビスクールパートナー

アドビ スクールパートナープログラムとは、製品の使い方を最初から学びたいビギナーの方から、スキルを習得してキャリアアップを目指す方まで、幅広い方々に独自の教材およびトレーニングサービスを提供するパートナーを認定するプログラムです。本プログラムには「プラチナスクールパートナー」「ゴールドスクールパートナー」「ブロンズスクールパートナー」の3種類があります。


アドビ スクール パートナーについて | Adobe

こういうシステムを用意していただいていることはすごく嬉しいですね。非常に助かります!感謝!

スクールパートナーには「プラチナ」「ゴールド」「ブロンズ」の3種類があり、プラチナであれば通信教育コースでもアドビ製品を特別価格で提供することが認められています。

いくつかパートナーがありますが、僕はいつもデジタルハリウッドで購入してます。2017年11月には3回目の購入をしました。2016年までは33,380円でしたが2017年にはさらに安くなってます。2015年、2016年に購入した時のエントリーもまとめてますので、気になる方はご覧ください。

まとめ

Web制作から動画の編集、写真の編集やロゴの作成、などなど、もう昔からお世話になってるAdobe製品。もうなくてはならないツールになってます。Adobe CCを使うようになってから、常に最新版のソフトを使えるのはとても気持ちがいい。

Adobeの公式サイトで購入するのもいいですが、Adobeの場合は一度支払方法を登録して自動延長する方法になってます。常に使い続けるなら便利ですが、使わなくなった時のクレジットカードの引き落とし解除方法が面倒だという話をよく聞きます。

だから僕はいつもデジタルハリウッドで購入してます。コストも抑えられるし手軽だし、いいですよ。

手続きが面倒な方はAmazonが安くておすすめです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。