よく読まれている関連記事
自宅のインターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
夜の速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

目の疲れとピント合わせにルテインとゼアキサンチンが効いた!試した市販サプリはこれ

目の疲れとピント合わせにルテインとゼアキサンチンが効いた!試した市販サプリはこれ

40歳を超えてから、どうも目の疲れが取れにくくなってきた

さらには目のオートフォーカス機能がちょっと劣化してきたのか、長時間スマホを見続けてから視線をほかに移すとピント調節に時間がかかるようになりました。

あと、最近特に見えにくくなったのがパソコンの画面。

裸眼で両目ともに0.1程度なので、日常生活では眼鏡をかけてます。ただ、近くは普通に見えるのでパソコンを使う時は眼鏡を外してたんですが、ここにきてどうも見えにくくなってきました。これまで見えてた距離以上に近づかないとぼやけるように…。

仕方ないから、パソコンを使うときも眼鏡をかけるようになりました…。

ちょっとずつ老眼が進んでるのを自覚しつつも、どうにかこの疲れとピント合わせを改善できないものかと、試しにAmazonでかなり評判の高い『目のサプリメント ロート V5粒』を試してみました。

PR【最大8.5%ポイント還元!4/23[火]まで】87時間のビッグセール Amazonタイムセール祭り開催中!当ブログで紹介してるものが安くなってるかも?!セール対象外の商品でも合計1万円以上のお買い物で最大8.5%ポイント還元されます!買いたいものはこの機会にまとめてどうぞ。
スポンサーリンク

ルテイン×ゼアキサンチン配合で1日1粒クリアな視界

ルテイン×ゼアキサンチン配合で1日1粒クリアな視界
『目のサプリメント ロート V5粒』はその商品名のとおり、見る力を維持・改善するための目のサプリメントです。ぱっと見、目薬のような容器に入ってるので間違えそうになりますが、中身はソフトカプセルのサプリメントです。

近所のドラッグストアにも売ってありましたが定価だったので、それよりも五百円ほど安いAmazonで買いました。

このサプリの特徴は以下の通り。

  • 年齢とともに低下する見る力(目でくっきりとものを識別する力)の維持をサポートするルテイン・ゼアキサンチンを含有
  • 見る力を支える5つの要素「網膜」「毛様体筋」「水晶体」「涙液」「血流」のうち「ロートV5粒」は網膜に働きかける
  • 体内で合成されないルテイン・ゼアキサンチンをサプリで効率よく摂取できる
  • 臨床試験でも効果のあった1日の摂取量、ルテイン10mg、ゼアキサンチン2mgを1粒に含有

箱の中にチャック付きの容器が入ってました
箱を開けるとチャック付きの容器が入ってました。


1日1粒、30日分
1日1粒、30日分の30粒が入ってます。

ルテイン、ゼアキサンチンとは

ルテインおよびゼアキサンチンとは、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイド色素の一種のこと。黄色・オレンジ・赤色の脂溶性色素で、網膜にある黄斑に蓄積されていることから黄斑色素と呼ばれています。

体内では作れないので、食事やサプリメントで摂取する必要があります。

有害な青色光=ブルーライトを吸収する働きがあり、網膜内でサングラスのような働きをして黄斑を保護してくれます。

また、活性酸素を消去する力も持っており、酸化ストレスから目を守る役目もあります。

つまり、ルテインとゼアキサンチンは、ブルーライトの吸収と抗酸化力の2つの効果で目を守ってくれているんですね。

ルテイン10mg、ゼアキサンチン2mgの摂取の有効性

近年、黄斑色素は簡単なテストで密度を測定し数値化できるようになりました。

様々な研究の結果、黄斑色素の密度が高くなると視機能が向上することが分かってきています。

米国ジョージア大学のビジョンサイエンス&ヒューマンバイオファクターラボで行われたHammondらの研究は健常者を対象としている。被験者の数は115人と多く、試験設計も食品成分を対象としたものとしては大変質の高いものと評価されている。そこで評価された項目は、血中濃度の変化以外に、カロテノイドの色素密度を反映するMPOD、光ストレス回復、コントラスト感度などである。光ストレス回復時間は、キセノン光源を被験者に対して5秒間照射し、露出の最後の時点で、ターゲットが再び見えるようになるまでに要する時間を計測することにより評価される。ルテイン10mgおよびゼアキサンチン2mgを毎日6か月間摂取すると MPOD が平均で39%上昇し、桿体が司る暗所視(光量が少ない状況での視覚)の改善を意味するグレア回復と光ストレス回復が統計学的有意性を持って見られた。また、ルテイン10mgおよびゼアキサンチン2mgを1年間摂取した群はプラセボ群と比較して、黄斑部中心から10、30、60、105分離れた距離の黄斑色素密度がそれぞれ有意に上昇したことが確認された。つまり、サプリメンテーションによりルテインとゼアキサンチンを摂取すると、黄斑部に到達し、黄斑色素の濃度が上昇することが示されたのである。


出典:ケミン・ジャパン株式会社の代表取締役 橋本正史氏による「機能性表示食品におけるルテインとゼアキサンチンの科学的根拠」より

商業的にルテインが入手可能になり、研究が進むにつれてメカニズムの考察も進展し、視覚機能にとって大切な機能性成分であることが分かってきました。

1日、ルテイン10mgとゼアキサンチン2mgを摂取することの有効性がたくさんの実験により示されています。

日本でも機能性表示食品制度が始まりルテイン関連のサプリ商品がたくさん販売されてます。

その中でも、ルテイン10mgとゼアキサンチン2mgをたった1粒で摂取できるのが、僕も飲んでいる『目のサプリメント ロート V5粒』というわけです。

『目のサプリ ロートV5粒』飲み始めて2日目に効果が

飲み始める前に色々と調べてみまして、一番参考にしたのがAmazonのレビュー。

僕と同じように疲れ目やぼんやりした視界に効果があったという声が多数寄せられてます。中には視力が回復したなんて声も!

僕も、パソコンやスマホ、ゲームも長時間やったりするので、おじさんゲーマーの方などにも効果があったとか。

というわけで、僕も半信半疑のまま飲み始めました。

上記研究結果などを読んでいたので、そんなにすぐには効果はないだろうと思ってたところ、2日目に「あれ?パソコン画面が裸眼でも見えやすくなってる?」という感覚が…。

最近は眼鏡をしないとちょとぼやけていたディスプレイの文字が、眼鏡を外しても以前よりちょっとだけくっきり見えるようになってました。これにはちょっと驚き。

あと、ピントの調整も以前より幾分早くなったような気がしてます。

目の疲れについては今のところ大きな効果は見られませんが、1ヶ月毎日飲んでみようと思います。

価格も1ヶ月1,500円程度と安いので、最低でも半年は続けてみるつもり。

安全性についても、ルテインとゼアキサンチンを使った人への臨床実験は100回以上実施されてますが、深刻な有害事象は報告されていません。ただ、アレルギー体質の方、妊娠・授乳中の方は、服用前に医師または薬剤師に相談してください。

目が疲れる、ぼやける、老眼が進んできた、ピントが合わない、などなど、目のトラブルでお悩みのあなた。ぜひお試しください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。