6/30まで!31日間無料キャンペーン中!FODプレミアム
フジテレビの人気ドラマを一気に見直し!最新ドラマも過去作品も独占配信満載。8の付く日合計で月額以上のポイントゲット!→ レビュー記事はこちら

MacBook Pro 13インチが届いた♪

MacBook Pro 13インチが届いた♪

ようやく決断し、MacBook Pro 13インチ(early 2011)をポチった昨日。そしてそして、それから16時間後にはもう手元に届きました♪(お疲れ様ですヤマトさん。)

機種選択に至るまでに悩んだことは以下のエントリーをご覧ください。

スポンサーリンク

MacBook ProとAir デザイナー向きマシンはどっち?13インチで悩み中

MacBook Pro買いか否か!?Mac Fan2011年5月号


4月半ばから悩み始め、ようやく決断して13インチの上位モデルに決めました。15インチの下位モデルにしようかと思ったこともありましたが、持ち運ぶことを考えて大きさもサイズも小さい13インチに決めました。

また、価格コムの最安値に近い10万円ちょいで買えることも決め手のひとつでした。(MacBook Proも安くなりましたね。約10年前に使っていたPismoの約3分の1の値段です...)実際店頭で触った感じと自宅ではちょっとイメージが違いますね。さらにいい感じ♪ 解像度が1280×800と小さいですが、そこはSpacesをフル活用して対応したいと思います。

とりあえず初起動のオープニングムービーを見て、アプリケーションのみ今使っているiMac 24インチから移行させました。

初日の感想

まだほとんど触ってませんが、初日の感想を少し。

・起動、再起動がめちゃくちゃ速い
・トラックパッドがかなり使いやすい
・持ち運ぶにはちょうど良いサイズ
・キーボードのバックライトがカッコイイ。
・キーボードの打ちやすさはiMacに付属しているアップルキーボードの方が上。

特に、起動・再起動がホントにめちゃくちゃ速いです。

MacBook関連のソフトウェアアップデートや不要なアプリを削除して何度か再起動しましたが、SSDだったっけ?というぐらいの爆速でした。(比較が2.66GHz Intel Core 2 Duo のiMacなのでそう感じたんでしょうね。)

今後の予定

今後の予定として、Windows 7をBoot CampかParallelsで使う予定なので、4GB×2で合計8GBのメモリをアマゾンでポチッとしておきました。4GBメモリ2枚でたった7,000円とは...、ちょっと驚きです。

本来はサブマシンとして考えていましたが、この速さだとメインマシンでも十分いけそうです♪


■追記:2011年5月28日

MacBook ProにBootCamp環境を構築しました。
アップルキーボードをBoot Camp & Windowsで快適に使うためにやったことまとめ|SKEG*log

Boot Camp、VMware Fusion、Parallels DesktopなどでWindowsを使っていると、MacとWindowsのキーボードの違いでイライラすることがあります。MBP13インチのWindows環境をBoot Campにしてから、最初につまずいたのがこのキーボードの設定。
スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。