最大3,000ポイント!Amazonオーディブル!
機械じゃないプロの朗読で本を楽しむ新体験!30日間無料体験受付中。12/12まで無料体験中に本を聴くと最大3,000ポイントゲット!→レビューはこちら

72万円越えのiMacProが到着!15分の動画書き出しわずか8分!何をするにも速くて美しい、ファーストインプレッション

72万円越えのiMacProが到着!15分の動画書き出しわずか8分!何をするにも速くて美しい、ファーストインプレッション

約6年ぶりに買い替えたメインマシンは約70万円のiMac Pro!

11月9日にApple Storeでカスタマイズ注文(CTO)したiMac Proがやっと届きました!

注文したiMac Proのスペックは以下の通り。

  • 3.2GHz 8コアIntel Xeon Wプロセッサ
  • 64GB 2,666MHz ECCメモリ
  • 1TB SSDストレージ
  • Radeon Pro Vega 56(8GB HBM2メモリ搭載)
  • Magic Trackpad 2 - スペースグレイ
  • Apple Care+ for Mac

これまで使っていた27インチiMac(Late 2012)で特に不満だった動画編集および書き出し時のスピードを改善するためにこの構成にしました。これで税込72万円越えです!

Mac BenchmarksによるとCPUは8コアでもマルチコアで優に30000を超えてるので、これで十分。ストレージも内臓は500GBほどしか使ってないので1TBのSSDでOK。グラフィックスもVegaの8GBで文句なし。

ただ、メモリに関してはPremiere CC 2019での推奨が2018の16GBから32GBに増えてるので64MBにしておきました。

あと、マウスはロジクールのMX Master 2Sを使ってる(レビューはこちら)ので、Magic Mouse 2じゃなくて持ってないMagic Trackpad 2にしました。

普段は加入しないApple Care+も、さすがに高い買い物だったので入ることに。

というわけで、開封レビューとiMac Late 2012との起動時間の比較を、ファーストインプレッションとしてまとめてみました。

PR【3か月99円!1/4まで】Amazon Music Unlimited ディスカウントキャンペーン3か月99円で音楽聴き放題!聴きたい曲が広告なしで楽しめる。新規会員登録のみが対象です。
スポンサーリンク

iMac Pro 開封レビュー

上海から送られてきた箱
上海支店からクロネコヤマトで送られてきたダンボール。


ダンボールを開けたiMac Pro
2013年1月に購入したiMac Late 2012の時よりスポンジのクッション材が増えてます。

購入した極薄iMac 27インチが到着〜♪開封の儀【写真26枚】台形段ボールから内包物一覧

iMac Proを守るダンボールの内側にあるスポンジクッション
輸送時の衝撃を軽くしてくれるスポンジ。


シールが剥がれてるiMac Pro
いざiMac Pro本体を取り出そうと、持ち手がある上から見てみると…あら?


iMac Proの箱のシールが剥がれてました
iMac Proの箱のシールが剥がれてました。上海支店から発送されて自宅に届くまでの6日の間に剥がれたんでしょうね。中身に影響はないと思います。


自分で貼って、ぺりぺりを楽しむ
ただ、このままじゃAppleの梱包でお馴染みのペリペリができないので、そのまま自分で貼ってペリペリと剥がしておきました。


発泡スチロールではなく専用の型紙に入ったiMac Pro
iMacの時は以下のように発砲スチロールで守られてましたが、今回は専用の型紙で厳重に守られてました。

極薄iMac27インチ 箱は手前に開きます。
こちらが2013年1月に購入したiMacの梱包。こうやって見ると随分すっきりしてますね。


まずはアクセサリーから
まずはアクセサリーから開封。iMac Proのディスプレイ下にあった箱から。


電源ケーブルのイラストが描かれた箱
電源ケーブルのイラストが描かれてます。


iMac Proは黒い電源ケーブル
iMac Proの本体に合わせて、電源ケーブルも黒でした。


次は白い箱のアクセサリー
次はiMac Proの上にあった白い箱のアクセサリー。


Designed by Apple in California
お馴染みの「Designed by Apple in California」の文字が書かれてます。


キーボードとトラックパッドと黒いシール
スペースグレイのテンキー付きMagic KeyboardとMagic Trackpad 2。小冊子と黒いLightning-USBケーブルと黒いリンゴのシールとクリーニングクロスが入ってました。

早速、デスクにセッティング

早速、デスクにセッティングしていきます
これまで約6年間使ってきた27インチiMac Late 2012。

3TBのFusion Driveがリコールで交換になったり、スタンドが壊れたりと色々ありました。

完結!Appleサポートが集荷に来ない...を未然に防ぐたった1つの注意点 iMacハードドライブ交換プログラム
iMacが「パキッ」という異音とともにスタンドが壊れた!簡易的な解決方法はこれ

長い間お世話になりました。売るにしろ別の用途で使うにしろ、スタンドが壊れてるのはどうにもならないので、今度Appleサポートに電話して費用を聞いてみようと思います。


iMac Proの背面
机の上を整理してiMac Proを乗せます。高めの洋服を買った時に包まれてるような不織布を外します。


いろんな場所に保護シールが貼られてました
いろんな場所に保護シールが貼られてました。


iMac Proの背面ポート
iMac Proの背面ポート。長いことiMacを使ってるので、このポートの抜き差しにくさにも慣れました。

ThunderBolt3のポートが4つもあるので、外付けHDDもスピードの速いThunderBolt3のものに変更するつもり。あと、外部ディスプレイも使いたい。

iMacと違うのは自分でメモリの換装が出来ないこと。iMacでは電源ケーブルの上にスロットの開け口がありますが、iMac Proにはありません。メモリを増設したい場合は、注文時にカスタマイズするしかありません。(購入後にApple Storeやリテールストアに持ち込めば可能だという話もあります。事前にご確認ください。)


iMac Proの設置が完了
iMac Proの設置が完了。色はスペースグレイになりましたが、大きさは一緒なので違和感は全くありません。


TimeMachineから情報を転送
iMac Proを起動したらデータを転送するか聞かれるので、そのままUSB3.0でつないだ外部HDD(Time Machineで直前にバックアップ完了済み)から情報を転送します。

約500GBほどしかなかったので、約1時間半ぐらいで終わりました。

Mac起動、Premiere起動・書き出し速度の比較テスト

Mac起動、Premiere起動・書き出し速度の比較テスト
左がiMac Pro 2017 3.2GHz 8cores(1TB SSD)、右がiMac Late 2012 2.9GHz 4 cores(3TB Fusion Drive)。

データ移行が完了したので、まずは以下の動作比較をやってみました。

  • Macの起動速度
  • Photoshopの起動速度
  • Illustratorの起動速度
  • Premiereの起動速度と書き出し速度
  • Disk Speed Test(Blackmagic)

ちなみに、Geekbench 4のスコアによると…

iMac Late 2012 iMac Pro 2017
Single Core 3631 5031
Multi-Core 9918 30792

という結果になってます。

j
iMac Late 2012 iMac Pro 2017
Mac起動 46.03秒 27.20秒
Photoshop起動 6.50秒 4.13秒
Illustrator起動 27.43秒 8.96秒
Premiere起動 1分7.63秒 30秒
Premiere書き出し 25分34秒 8分42秒
Disk Speed Test 約220 MB/s(write)
約400 MB/s(read)
約3000 MB/s(write)
約2500 MB/s(read)

Premiere書き出しは、1080P 59.94fの15分1秒の映像を書き出した時の速度です。

動画レビュー

YouTubeに動画レビューも公開してます。あわせてご覧ください。

ファーストインプレッション まとめ

比較対象が6年前のiMacなので当然の結果ですが、

全てにおいて快適なスピードで動作してくれてます!

15分の編集した動画を8分ちょっとで書き出せたのには唖然としましたよ。

さらに、動画のプレビューでカクツクことが当たり前だったんですが、それが一切ありません!

以前は重すぎて気軽に起動できなかったPremiereだけでなく、After Effectsなどのソフトも気兼ねなく起動することができてます。

あと、ディスプレイの解像度が2560×1440から5Kの5120×2880になったのもうれしいポイント。フォントの滑らかさが素晴らしすぎです。

高い買い物でしたが、全ての作業においてトップスピードで作業ができるのはすごくありがたいですね。あとは自分の作業スピードを上げていくだけです。

最初はオーバースペックかなと思いましたが、こんなに早く動画を書き出してくれるんなら申し分ありません。動画編集するならオススメのマシンです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEGLOG(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。