動画と音楽と本のサブスク整理で年間2万円以上を節約!雑誌はdマガジン→Kindle Unlimitedへ

iPad Kindleアプリのライブラリ画面
iPad Kindleアプリのライブラリ画面

雑誌はKindle Unlimitedで十分

2024年に入って早速取り掛かったのがサブスクの整理(3000を超えるページのリライトや整理も同時進行中ですがまだまだ終わりそうな気がしない…)。知らない間に色々加入してしまって、無駄が発生しやすいのがサブスクリプションなんです。

今までのサブスク利用としては、動画と音楽と本・雑誌で月額6,379円も使ってました。

これを4,152円まで整理することができました。

月額2,227円、年間だと26,724円の節約です。まぁまぁな金額になりました。

今回は特に雑誌サブスクとファミリープランで使ってた音楽サブスクの見直しが大きかったです。

PR【最大10%ポイント還元】春のお買い得ビッグセール開催! Amazonにて新生活セールが開催。価格が安くなってるのはもちろん、合計10,000 円以上のお買い上げを対象にポイント還元率がアップ。プライム会員&Amazon Mastercardで4.5%ポイントアップ!生活/理美容/健康/大型家電はさらに5.5%ポイントアップ。この機会にまとめ買い!数量限定品は在庫がなくなり次第終了です。3/5 23:59まで
スポンサーリンク

今までのサブスク加入の一覧

動画、音楽、本・雑誌に加入してたサブスク一覧を表にしてまとめてみました。表にすると分かりやすい。

まず、動画サブスクがこちら。

動画サブスク 月額費用
Netflix 790円(広告つきスタンダード)
Amazonプライムビデオ 492円(年間5,900円の月割り)
YouTubeプレミアム 1,280円
合計 2,562円

Netflixは最安プランの広告つきスタンダードを契約してました。4KではなくフルHDですがこれで十分でした。ただ、動画サブスクは中毒性がありすぎ&Netflixで見られる作品が多くて素晴らしくて見過ぎちゃうんです。ハマってしまうと睡眠時間を削ってでも見てしまうので、もういっそのこと解約しようかなと。

AmazonプライムビデオはAmazonプライムのサービスの一つなのでプライムに加入していれば無料で見られます。月額換算で492円。Amazonプライムを解約するつもりはないのでこれはこのままに。Amazonオリジナルのボーイスの次回作も気なるし。

YouTubeプレミアムはYouTubeを視聴するときに広告が出てくるのがうざいので使ってます。広告を見るのも楽しいんですが、時短の意味も含めて契約してます。やっぱりCMが出てこないのは良いです。視聴体験がグッと向上してます。

動画はこれで合計2,562円。


次に音楽サブスク。

音楽サブスク 月額費用
Spotify 1,580円(ファミリー)
Amazon Music Unlimited 817円(年間9,800円の月割り)
YouTube Musicプレミアム 0円(YouTubeプレミアム加入なので無料)
合計 2,397円

Spotifyは僕を含めて妻と娘が使ってたのでファミリープランで契約してました。本来なら2023年中にSpotifyがハイレゾに対応するという噂があったので、ハイレゾ対応したらAmazon Music Unlimitedを解約するつもりだったんです。ところが全くハイレゾ対応する気配がないので、Spotifyのファミリープランは解約してAmazon Music Unlimitedのファミリープランに移行することにしました。

YouTube Musicプレミアムは、動画のYouTubeプレミアムに加入すると追加料金なしで利用できます。うちの場合、小学6年生の息子が車に乗るときに音楽を聴きたがるので、これで再生するようにしてます。僕のメインの音楽サービスであるAmazon Music Unlimitedを使っちゃうと、僕のホーム画面が息子が好きな曲で埋め尽くされちゃうのでそれを回避することもできるので有効に無駄なく使えてます。

音楽はこれで合計2,397円。


続いて本と雑誌のサブスク。

本・雑誌サブスク 月額費用
dマガジン 440円
Kindle Unlimited 980円
合計 1,420円

dマガジンは1,200誌を超える雑誌が読み放題なのは良いんですが、実際に僕が読みたい雑誌って10冊もないんですよね。そもそも1,200誌あっても絶対読めないし。というわけで、これを解約してKindle Unlimitedで代用することにしました。

Kindle Unlimitedは月額980円ですが、雑誌だけでも僕が読みたいBegin、Tarzan、MONOQLO、週刊エコノミスト、MacFan、フライデー、デジタルカメラマガジン、Video Salon だけでも軽く元が取れちゃいます。他にも小説とかビジネス書などもかなり数が増えてきてるのでちゃんと読む人であれば損することはありません。逆にかなりお得です。

雑誌と本はこれで1,420円でした。

動画と音楽と本・雑誌のトータルの合計は月額6,379円でした。

整理後のサブスク加入一覧

整理後のサブスク一覧の表がこちら。

動画サブスク 月額費用
Amazonプライム 492円(年間5,900円の月割り)
YouTubeプレミアム 1,280円
合計 1,772円
音楽サブスク 月額費用
Amazon Music Unlimited 1,400円(ファミリー年間16,800円の月割り)
YouTube Musicプレミアム 0円(YouTubeプレミアム加入なので無料)
合計 1,400円
本・雑誌サブスク 月額費用
Kindle Unlimited 980円

これで合計4,152円まで整理できました。

冒頭で書いた通り、月額2,227円、年間だと26,724円の節約ができました。

サブスクはAmazon強し

こうやって一覧にしてみると、アマゾンへの依存度が高い。

動画も音楽も本・雑誌、全てにAmazonのサービスが入ってます。

というか、いろんなサービスがこれからも出てくると思うけど、まだまだしばらくはAmazonのサービスが強い時代が続きそうです。

やっぱりAmazonプライムに加入してるのが大きいですね。加入すると自動的にプライムビデオが観られるようになるし、Amazon Music Unlimitedの個人プランだと値引きもあるからなぁ。

まだ会員じゃない方は、Amazonプライム30日間無料体験からお試しできます。無料期間で解約もできるので詳しくは下記ボタンとバナーからお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!