インターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

Belkinが作ったスマホリング最強!iPhoneがWebカメラになる「連係カメラ」も簡単

Belkin iPhone MagSafeマウント Mac連係カメラ対応
Belkin iPhone MagSafeマウント Mac連係カメラ対応

連係カメラでも使えるし、スマホリングとしても超優秀!

WWDC22で発表されてたBelkinのiPhoneマウントもできるスマホリング。

スマホリング大好き人間なので、早速購入して使ってみました。

結論から言うと...

過去No.1で気に入ったスマホリング

でした。

2023年はこのBelkinのスマホリングで行きます!

動画レビューも公開してますので、まずはそちらの映像をどうぞ。

スポンサーリンク

Belkin iPhone MagSafeマウント 動画レビュー

MagSafeのマグネット力、実際にMacBook Airに載せてZoomで使った時の映像比較もあります。

▼ Belkinがスマホリング作るとこうなる!設定不要の連係カメラ超便利!ZoomやFaceTimeの映像が超綺麗になった。Macノートパソコン用MagSafe対応iPhoneマウントレビュー

Belkin iPhoneマウント レビュー

Belkin Mount with MagSafe for Mac Notebooks
正式名称は「Belkin Mount with MagSafe for Mac Notebooks」。販売価格は2023年1月1日現在で4,400円(→最新の価格はこちら)。


パッケージの中身
パッケージの中身。マカロン?


Belkin スマホリング 表面と裏面
素材はAppleと共同開発してるせいか、Appleシリコンケースと同じ手触り感ですごくサラサラしてます。ツルツルな感じかなと思ってたので、良い意味で裏切られました。

全体的な質感も今まで使ってきたスマホリングの中でダントツで良いです。


このフック部分をMacBookに引っ掛けて使います
このフック部分をMacBookに引っ掛けて使います。シリコン製なのでしっとりと開閉します。


スマホリングも出しやすい
スマホリングはちゃんと爪が入る溝があるのですごく出しやすいです。リングも適度な重さがあってグニーっという感じで開閉できます。気持ち良いです。


MagSafeの磁力は普通
iPhone 12 miniにピークデザインのエブリデイケースをつけたもので磁力の強さを試してみます。

MagSafeの磁力は普通。強くも弱くもない感じ。今まで愛用してたZNXの方が磁力は強いですが、ちょっと振ったぐらいじゃ落ちないので問題ありません。


スタンドとしても普通に使える
縦横ともに普通にスタンドとしても使えます。


ただし厚みがあるので低い角度だと干渉してぐらつく
ただし厚みがある横置きで低い角度だと干渉してぐらつくことがあります。特にiPhone 12 miniのように幅が狭いiPhoneだと低い角度で使うとぐらつきます。

スマホリングとしての使い勝手

iRingとBelkinのスマホリング
左がMagSafeになる前のiPhoneで使ってた粘着タイプのiRing。右がBelkin。

Belkinのスマホリングは若干iPhoneの中心とはズレてますがZNXよりは中心寄りになってます。そのため、今まで使ってた粘着タイプのiRingに近い感覚で使えてます。すごく使いやすいです。


持った感じがサラサラですごく良い
持った感じもすごくサラサラで気持ちが良いです。さらに全体的に曲面になってるので、閉じた状態で持っても違和感がありません。

閉じた状態で机の上に置いてもぐらつくことがないし、シリコンなので滑り止めにもなります。

スマホリングとしての使い勝手には期待してませんでしたが、実際に使ってみてすごく気に入ってしまいました。これは過去No.1のスマホリングですよ!

iPhoneマウントとしての使い勝手

Belkinのスマホリングを使えば...

MacBook AirのディスプレイにiPhoneを簡単にマウントできる
簡単にMacBook AirのディスプレイにiPhoneをマウントできました。

上記の動画レビューでは横置きでしか使ってませんが...

縦置きでもiPhoneをマウントできます
縦置きでもiPhoneをマウントできます。

カメラの水平が取れてない場合は、スマホリングを引き出してそこを持ちながらiPhoneを動かすと簡単に調整ができます。

注意点がひとつ。

パッケージの注意イラスト
パッケージにも注意イラストとして描かれてましたが、iPhoneを載せた状態でディスプレイを倒し過ぎるとiPhoneが落ちることがあります。

なので、ディスプレイの調整はあまりできません。今までディスプレイに搭載のカメラでZoomなどのテレビ会議してた方は購入前に確認しておいてください。


連係カメラの設定は驚くほど簡単。

というか、MacがmacOS Ventura以降で、iPhone(iPhone XR以降)がiOS16.1以降を搭載していれば設定は不要です。

ZoomでiPhone 12 miniのカメラが自動的に選択できるようになる
Zoomのカメラ選択画面。iPhone 12 miniのカメラが自動的に選択できるようになってます。


左がMacBook Airのカメラ、右がiPhone 12 miniのカメラ
左がMacBook Airのカメラ、右がiPhone 12 miniのカメラ。

写真(Webサイトように圧縮してます)じゃちょっと分かりにくいですが、拡大してみるとiPhone 12 miniのカメラの方が解像度が上です。

レビュー動画を見てもらえればその違いがよりはっきり分かると思います。

これ使えば、もうWebカメラは必要なくなりますね

スマホリングとしてはNo.1の使い勝手。

iPhoneマウントとしても特に問題なく普通に使える。

2023年はこのBelkinのスマホリングが大活躍してくれそうです。

あー、いいもの買えた!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!