聴き放題 4か月無料!
9,000万曲以上がHDで聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で通常1ヶ月が4か月無料に!10/13まで

EOS R10 サッカー撮影時のオートフォーカスの様子(ファインダー内の映像)

EOS R10 サッカー撮影時のAF
EOS R10 サッカー撮影時のファインダー内の様子

EOS R10はスポーツ撮影に最適なミドルクラスミラーレス!

EOS R10購入から1ヶ月半が経過しました。

買ったよ!EOS R10・18-150mmレンズキットレビュー

軽くてコンパクトなので、机の上にいつも置いて気がついたらなんでもパシャパシャと撮影して楽しんでます。

あと、小学生の息子のサッカーに持って行って写真撮影してますが、ここ最近でようやく設定が固まってきたので撮影してる模様を動画でご紹介します。

EOS R3ゆずりのオートフォーカス性能は素晴らしいものがあります。写真だけならR10だけで良いんじゃないかというぐらいのレベルですよ(防塵防滴が不要なら)。

PR【期間限定】Amazon Music Unlimitedが今だけ4か月無料! 9,000万曲が追加料金なしでHDで聴き放題のAmazon Music Unlimitedが期間限定で通常1か月が4か月無料に!2022/10/13まで
スポンサーリンク

EOS R10 サッカー撮影時のファインダー内映像

YouTubeにサッカー撮影時のファインダー内の映像をアップしました。

オートフォーカスが顔にどれだけきちんとフォーカスしてるのか分かりますので、気になる方は合わせてどうぞ。

▼ 70万円のR3と同等のAF性能!EOS R10 サッカー撮影時のAFの様子(ファインダー内の映像)

EOS R10 サッカー撮影時の設定

普段、R10を写真で使うときはFVモードで撮影してます。物撮りがメインです。

物撮りとスポーツ撮影では設定が違いすぎるので(シャッタースピード・シャッター方式・撮影画像の確認・節電などなど)、スポーツ撮影はカスタム撮影モード(C1)にしてその都度切り替えて使うようにしてます。

● スポーツ撮影時のR10の設定
  • サーボAF
  • スポット1点AF
  • 人物優先
  • 被写体追従特性:-2
  • 被写体追尾(トラッキング)ON


EOS R10 スポーツ撮影時のAFフレーム位置
AFフレームは中央のちょっと上の位置に固定してます。被写体を真ん中に大きく撮影したいので、ここにしてることが多いです。


EOS R10 被写体追尾ON
「被写体追尾(トラッキング)」をONにしてるので、シャッターボタンを半押しするとAFフレームの近くに顔があれば認識してフォーカスしてくれます。

あとは好きなタイミングでシャッターを全押しするだけです。

一度フォーカスするとかなりしっかり食いついてくれるので、そのまま構図を変えて撮影するのもラクです。前に人が横切ってもきちっと追従してくれますが、たまに外れることもあるので、その際はもう一度シャッターボタンを半押しすればまたフォーカスし直してくれます。


手前に人が横切った場合のAF
撮影する場所によってはカメラの前を人が横切ることも多いです。

被写体追従特性のおかげでAFが外れにくい
そんな時も被写体追従特性のおかげでAFの復帰が素早く行えてます。

この設定に関しては…

EOS R10 サーボAF特性
「サーボAF特性」は「4」をカスタムして使ってます。

被写体追従特性
被写体追従特性では、サーボAFで測距中に被写体がAFフレームから外れた時のAFの動作を設定できます。

マイナス側にすると、狙っていた被写体がAFフレームから一瞬外れても被写体にピントを合わせ続けようとしてくれます。-1よりも-2の方が長く捉え続けようとします。

プラス側にすると、AFフレームが新しく捉えた被写体にピントを合わせようとします。次々に被写体を変えて撮影するのに向いてます。

僕の場合はマイナス2に設定して使ってます。上記動画の動きがマイナス2です。


速度変化に対する追従性
速度変化に対する追従性では、被写体の加速・減速・停止などの速度変化に対するサーボAFの動作を変えられます。

  • 「0」・・・急加速/急減速しない被写体
  • 「+1」「+2」・・・急な動き出しや急加速・急減速・急停止する被写体
  • 「-1」「-2」・・・速度変化の少ない被写体で「0」でもピントが不安定な時に使う

僕の場合はプラス1に設定して使ってます

EOS R3とR5でも同じ設定で使ってるので、カメラが変わっても安心して使えるのも非常に満足してます。

EOS R10でサッカーやスポーツ撮影してみたい方、または、設定をどうすれば良いのか分からない方の参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!