インターネットの速度が50倍以上に!ビッグローブ光のIPv6オプションは速かった。
速度が遅くて困ってるなら乗り換えを!ビッグローブ光のIPv6オプション(PPPoE→IPoE)がおすすめ。→ 詳しくはこちら

超高速&超堅牢SSD!G-DRIVE ProはThunderbolt3で最大2800MB/秒の転送速度

G-DRIVE Pro SSD
G-DRIVE Pro SSD

最強のポータブルSSDはG-DRIVE Pro SSDで決まり!

とにかく爆速で落としても壊れないポータブルなSSDが欲しい!

そんな人に超おすすめなのが『サンディスク G-DRIVE Pro SSD』です。

Thunderbolt3に対応し、転送速度はなんと最大2,800MB/秒。4Kどころか8K映像のフルフレームレートでも編集が可能です。

さらには最大3mからの落下や約450kgの衝撃にも耐える耐衝撃性能を兼ね備えてます。

スポンサーリンク

G-DRIVE Pro SSDの特徴

サンディスク G-DRIVE Pro
サンディスクのG-DRIVE Pro SSDは、Thunderbolt 3に対応したNVMe SSDを搭載したポータブルSSDです。

主な特徴はこちら。

  • 最大2800MB/秒の高速データ転送!8Kの動画編集もサクサク。1テラバイトのメディアファイルを7分以内で転送可能
  • 最大3メートルの落下に耐える頑丈さ!持ち運びが多い場合の安心感は格別
  • Thunderbolt 3(40Gbps)搭載で外部電源を使わずに高速転送&映像の編集が可能に!
  • 放熱性に優れたアルミニウム製コア搭載
  • 5年保証

最近、YouTubeの編集では4Kが当たり前になってきまして、さらには6Kや8Kのデータを扱うことも増えてきました。

それに伴って映像のデータサイズも大きくなります。10Gや100GBを越えることもしばしば。

そんな時にUSB-A接続の外付けHDDを使って転送なんかした日には、何時間も無駄にしてしまいます。そんな時に、最大2800MB/秒の超高速SSDがあれば、転送時間もあっという間。コピーする時間を節約し、編集に多くの時間を割くことができます。

G-DRIVE Pro SSD

さらには、優れた耐衝撃性能も持ち合わせてるので、移動時にもSSDが破損する可能性はかなり低くなります。

今までは外付けSSDといえばSamsungのT5でしたが、これからはG-DRIVE Pro SSDの方が主流になりそうです。

ただ、価格がちょっと高い。500GBで約3万円、1TBだと約5万円、2TBは約9万円となかなかなお値段です。

過剰スペックならG-DRIVE SSDもあり

もし、G-DRIVE Pro SSDが可能スペックな場合は、転送速度が最大約1050MB/秒のG-DRIVE SSDもあります。

G-DRIVE SSD
G-DRIVE SSD

こちらは転送速度はちょっと落ちますが、耐衝撃性能はもちろんのこと、なんとIP67の防塵・防滴性能まで搭載してます。

価格も1TBで約27,000円とお手頃なので、最大2800MB/秒の転送速度は要らないよって方にはこちらがおすすめです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!