買うなら今!63時間のビッグセールでお得にお買い物!
Amazonタイムセール祭り開催中!PC・家電・日用品まで幅広い商品がセール中!セール対象外の商品でも期間中合計1万円以上のお買い物で最大10%ポイント還元!5/30 23:59まで

【最も静かなキーボード】HHKB Type-Sより半分以上も静かなキーボード構成はこれ

DUROCK Silent Linear、KBDFANS TOFU60、MITO GMK LASER
DUROCK Silent Linear、KBDFANS TOFU60、MITO GMK LASER

HHKB Hybrid Type-Sより大幅に静かなタイピング音!

今までの僕のキーボード歴は…

  1. Mac純正キーボード
  2. REALFORCEHHKBなどのメカニカルキーボード
  3. KeychronやAnne Pro2などのさらにマニアックなメカニカルキーボード
  4. カスタムメカニカルキーボード

といった感じ。

長いことMac純正キーボードを使ってからの、REALFORCEやHHKBの静電容量無接点方式だったので、こんなに気持ちの良いキーボードがこの世に存在するのか、と軽く衝撃を受けたのを覚えてます。

それからMacの薄いペラペラのキーボードではない、メカニカルキーボードに興味が湧くようになりまして、気がついたらHHKB Hybrid Type-Sより半分以上静かなキーボードが完成してました

PR【買うなら今!63時間のビッグセールでお得にお買い物】Amazonタイムセール祭り開催中!PC・家電から日用品やファッションまで、幅広い商品がセール中!セール対象外の商品でも期間中合計1万円以上のお買い物で最大10%ポイント還元です。欲しいものをまとめて買うなら今!5/30 23:59まで
スポンサーリンク

動画でタイピング音を確認

自分史上、最も静かなキーボードがこれ!

どれぐらいの音量なのか知りたい方はこちらの動画をどうぞ。

動画内の波形を見てもらえば分かりますが、静音タイプで大人気のキーボード「HHKB Hybrid Type-S」の約半分ぐらいの音量でした。

当然ですが、音量の調整などは行ってません。

▼ 自分史上、最も静かなキーボードがこれだ!DUROCK Silent Linear、KBDFANS TOFU60、MITO GMK LASER。HHKB Type-Sとの比較あり

カスタムキーボードの購入・決済方法

海外通販で購入したパーツ
海外通販で購入したパーツたち

構成を紹介する前に、購入方法についてもちょっと触れておきます。

カスタムキーボードのパーツってどこで買えるのか?

僕も最初は右も左も分からなかったのでいろいろと自分で調べまくりましたが、やはり海外の方がカスタムキーボード人気は高いようです。YouTubeで参考にした動画はほとんど海外在住の方でした。

日本では遊舎工房さんが有名です。オリジナルのアイテムも多数ありますが、海外のカスタムキーボード通販サイトで販売されてるものも多く取り扱われてます。

価格を比べてみると、送料と関税を含めてもかなり割高なものが多い。

なので、基本的にカスタムキーボードのパーツは、海外の通販サイトから直接個人輸入で購入するようになりました

価格が1万円を超えるものは別途関税がかかりますが(Fedexの場合は、商品が届いてしばらくしてから関税の支払い用紙が送られてきます)、それを含めても国内の通販サイトより安いです。

海外通販時の決済では必ずPayPalを使うようにしてます(PayPayじゃないですよ)。

PayPalならクレジットカードを海外のサイトに登録する必要もないし、もし商品が届かない場合は「買い手保護制度」により条件を満たせば金額が保護されるのでおすすめです。

最も静かなキーボードの構成

最も静かなキーボードを構成してるのがこの3つ。

  1. Keyboard : KBDFANS TOFU60 DZ60RGB-ANSI V2 Hot Swap Diy Kit
  2. Switch : DUROCK Silent Linear, Lubed and Filmed
  3. Keycaps : DROP + MITO GMK Laser Custom Keycap Set

まず1つ目のキーボードのベースは、「KBDFANS TOFU60 DZ60RGB-ANSI V2 Hot Swap Diy Kit」というキットを使いました。

KBDFANSというWebサイトで販売されている「TOFU」というケースの60%キーボードRGBのLEDライト搭載でHot Swap = キースイッチを簡単に交換できるDIYキットのことです。


KBDFANS TOFU60 DZ60RGB-ANSI V2 Hot Swap Diy Kit
KBDFANS TOFU60 DZ60RGB-ANSI V2 Hot Swap Diy Kit

これがそのDIYキット。

うっすらと見えてるのが「DZ60RGB-ANSI V2 Hot Swap」というPCBボードです。


DIYキットに入ってるプレート
DIYキットに入ってるプレート

キースイッチを固定するためにプレート。打鍵感や打鍵音に大きく影響を与えるパーツです。

真鍮、ステンレス、ポリカーボネートなどの種類がありますが、上記写真は真鍮のプレートです。


紫色のアルミケース
紫色のアルミケース

TOFU60というアルミニウム合金のケースです。アルマイト加工で表面処理されており、金属的な光沢を保ったまま紫色の着色が施されてます。

トレイマウント方式です。


2つ目はキースイッチ

DUROCK Silent Linear キースイッチ

海外のYouTubeを見まくっていいなーと思ったDurockの静音リニアスイッチです。

AliExpressで買いました。


ステムの一番下にゴム
ステムの一番下にゴム

ステムの一番下の部分、ボトムハウジングに当たるところにゴムのような緩衝材(上記写真の赤矢印部分)が付いてます。

これにより、HHKBのスコスコ感とはまた違ったクタッとしたようなゴムの感触の打鍵感を実現し、同時に静粛性を大幅に向上してます。


3つ目はキーキャップ

キーボードの打鍵感はキースイッチだけじゃなくキーキャップも同じようにとても重要です。

同じキースイッチでもキーキャプが違えば打鍵音や打鍵感が大きく変わることがあります。

DROP + MITO GMK Laser Custom Keycap Set
DROP + MITO GMK Laser Custom Keycap Set

今回はTOFU60ケースの紫に合わせて、GMK Laserにしました。

いくつかキーキャップは使いましたが、GMKのものが打鍵感と打鍵音のバランスが良いように感じます。

まとめ

メカニカルキーボードに移行してから約半年。

メカニカルキーボードはじめます!Keychron K6レビュー HHKB&Anne Pro 2 打鍵音比較あり

今回紹介したTOFU60のカスタムキーボード以外にもまだ組み立ててないのが2つと、既に組み立ててあるけどまだ開封してないのが1つ、あとテンキーだけのカスタムキーボードもあるので、まだまだストックがあります。

かなり購入しまくって、所有数はもう10台を超えました。その中でもローテーションして使ってるお気に入りは今のところ4つぐらいですね。

今後、開封からスイッチをルブしたりスタビライザーの爪をカットしたりテープで静音化する方法とか、全部まとめた動画を作ろうかなと思ってます。

もし見たいという方がいらっしゃれば、質問なども含めて今回アップしてる最も静かなキーボードの動画にコメントをお願いします。

スポンサーリンク

記事についてのご感想・ご質問、受付中!

分かりやすい記事になるように努めてますが、「こういうことを知りたかった」「ここについてもうちょっと詳しく教えて」など、当記事について質問や知りたいことがあれば以下のツイートボタンからお気軽にお送りください。自動的に記事URLが入りますのでそのまま質問内容を最上部に記入してください。できるだけ早く返信させていただきます(質問が多い場合はお時間をいただくことがあります)。

ご質問は無料。質問はもちろん、「役に立った!」「面白かった!」など、お褒めの言葉だともっとうれしいです!

記事を少しでもより良いものにするためにご協力をお願いいたします。

この記事をシェアする

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「スーログ」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。

● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらから。

twitterでの情報発信、YouTubeで動画レビューも公開してます。チャンネル登録もよろしく!