石膏ボードの壁にヘッドホンを簡単に掛ける方法

当サイトのリンクには一部プロモーションを含みますが、一切その影響は受けず、公正・中立な立場で制作しております。

石膏ボードの壁にヘッドホンを簡単に掛ける方法
メインで使うヘッドホンが11台になってヘッドホンラックがいっぱいになってきた
去年からヘッドホンに凝るようになりまして、気がついたら先日紹介したHIFIMAN HE400SEで11台になってました。
1、2台の頃は机や棚に掛けて収納できるヘッドホンハンガーを使ってました。
こりゃいい!デスクや棚に掛けて収納!オーディオテクニカのヘッドホンハンガーレビュー 360度回転&ソフトレザー
ヘッドホンを置く場所がないなら机掛けがおすすめ!回転式ヘッドホンフックレビュー
ただ、もうこれじゃ追いつかなくなってきて設置したのが、無印良品の壁にかけられる棚とIKEAのフックで作ったヘッドホンラック

無印良品とIKEAのヘッドホンラックじゃ足りなくなった

ヘッドホンがいっぱいのデスク周り
ヘッドホンラックを設置した当初の様子がこちら。
無印良品の壁に付けられる棚とIKEAのフックでヘッドホンラックを作ってみた
その後、これからさらにヘッドホンが増えまして、11台のうち6つのヘッドホンをこのラックに置くようになりました。
もうこれ以上はラックに置けないので、残りの5つは2つのヘッドホンハンガーを机に設置し1つに2台乗せることで合計3台。残りの2つは机の上に放置してました。
ただ、机の上に置いてると使わないときにすごくスペースを取るので邪魔に感じてました。

990円で壁にヘッドホンを掛ける方法

ライクイット(like-it) 壁掛け フック 壁に取り付けられるフック (2個組)
今回購入したのが、この990円の『ライクイット 壁に取り付けられるフック(2個組)』です。
石膏ボード壁や木材を使用した壁面、コンクリート壁などの壁面にかわいいフックを取り付けることができるようになります。
パッケージの中身
今回はホワイトを買いましたが、ほかにもブルー・グレー・ベージュがあります。
パッケージの中身は…

  • 取扱説明書
  • フック本体(2個)
  • ジョイントベース(2個)
  • 専用ピン20本
  • タッピングネジ4本
  • アンカープラグ4個

1つあたりの耐荷重は、ピン使用時だと1.5kgまで、タッピングネジ・アンカープラグの場合は8kgまで。
フック本体と壁に取り付けるジョイントベース
フック本体と壁に取り付けるジョイントベース。
取り付け方法は簡単。
ジョイントベースにピンを8箇所打ち込む
うちは石膏ボード壁なので、取り付けたい場所に専用ピンを8箇所打ち込んでジョイントベースを固定します。
ピンを打ち込む際は、コインなどで押すと簡単に刺さります。
フックを上から被せるだけで完了
あとはフックを上から被せるだけで完了です。
とても簡単。作業時間は5分もかかりません。
フックの凹んでる長さは約4.5cm
フックの凹んでる長さは約4.5cmです。
ヘッドホンのバンドが当たる部分はポリエチレン素材です。
特にヘッドバンドに傷がつくことはないですが、ヘッドバンドが柔らかい場合はヘッドバンド自体の重さでヘッドバンドがちょっと凹んでしまう場合があるので、心配な方はスポンジなどを巻くと良いでしょう。
机の上に置いてたヘッドホン2つを壁掛け完了
机の上に置いてたヘッドホン2つを壁掛けすることができました。
あー、これでやっと机の上がスッキリします。
今回はヘッドホン掛けに使いましたが、バッグや小物など紐がついてるものならなんでも手軽に掛けられます。
石膏ボードだけでなく、木材・コンクリートにも対応してるので、壁掛けフックを探してる方におすすめですよ。